Informa

BioProcess International Europe
-BioProcess International欧州大会-
開催日:2019年4月2-5日
開催地:オーストリア、ウィーン、Messe Wien Exhibition Congress Center

最新の研究成果や技術をビジネスに結びつけ最適なバイオプロセスを実現するための取り組み

生物製剤、モノクローナル抗体、ワクチン、新薬の商業的な成功に向けた作業を加速させるために

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English
更新通知サービス
更新履歴
2019/03/04
アジェンダ・講演者・スポンサー更新
2019/02/05
アジェンダ・講演者・スポンサー更新

バイオプロセスの多様な領域で導入されている革新的な研究成果や技術を紹介

上流工程
  • プロセスの強度を高めるためかん流プロセスの導入を進めるなかで得られた教訓
  • 細胞培養プロセスの制御、センサー、リアルタイムモニタリング法の進歩
  • 上流工程の開発を後押しする自動化、デジタル化、ビッグデータ、スケールダウンモデルなどの最新動向
下流工程
  • 連続プロセスの導入方法に関する総合的な解説
  • 下流工程を最適化するための新たな手法
  • ハイスループットプロセスの開発、自動化、予測モデリング:下流工程の大規模な生産を効果的に複製する方法
プロセス開発と連続プロセス
  • 効率と強度の改善に向けた次世代プロセス開発戦略の探求
  • 二重特異性抗体、細胞治療薬、遺伝子治療薬などの複合製品に対応するプロセスの開発に向けた取り組み
  • 統合化されたエンドツーエンド連続バイオプロセス
バイオプロセス分析技術とインダストリー4.0
  • プロセスのモニタリングと制御を進化させる最新の技術とオンライン分析技術
  • プロセスチェーン全体にプロセス解析工学の技術を統合する戦略の全体像
  • 世界的なデジタルトランスフォーメーションとインダストリー4.0の動きをバイオプロセスの分野で生かすための取り組み
ワクチン製造
  • ワクチンの応用分野に対応するアデノ随伴ウイルスとウイルスベクター、従来のワクチン療法に代わる治療法としてのmRNA
  • プロセス開発での効率向上とリスク低減を可能にするプラットフォームプロセスの最新動向
  • ワクチンの完全な特性評価を可能にする現代的な手法−プロセス解析工学、オンラインモニタリング、インラインモニタリング
細胞株の開発と改変
  • 二重特異性抗体、バイオシミラー、細胞療法薬、遺伝子療法薬などの新たなモダリティに対応する細胞株開発についてのヒント
  • 細胞株開発を効率化し、臨床開発段階への移行に要する期間を短縮するためのベストプラクティス
  • 新たな改変手法を応用し、品質と生産性を高めるための取り組み

BPI Europe 2019で利用可能な提携支援ソリューション


提携関係の構築に向けた作業は、イベント開幕前から始まります。EBD Groupの提携支援サービスpartneringONEを利用すれば、対象となる企業の検索から個別会談設定までの作業をスムーズに進めることができます。個別会談の申込みとスケジュール設定を含むすべての機能が利用可能になるのは、イベントが開幕する4週間前から6週間前です。

欧州で開催されるバイオプロセス関連の幅広い領域を網羅するイベント

900人以上の参加者
上流部門、下流部門、細胞株開発、分析、ウイルス安全性、ワクチンなど、バイオプロセスに関連するさまざまな組織の幹部や研究者が集まります。
275以上の組織が代表を派遣
世界でトップ10に入っている生物医薬品メーカーや新興企業の幹部が顔を揃えます。
4つのイベント
個々の専門分野を深く掘り下げるプログラムが4日間にわたり同じ会場で展開されます。