Informa

BioProcess International Conference & Exhibition 2018
-バイオプロセス国際学会と展示会:2018年-
開催日:2018年9月4-7日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Hynes Convention Center

バイオプロセスをテーマにした最大規模のイベントであり、有望な生物製剤の開発を加速させ、商業化を成功させるために必要な研究成果や技術について学びながら、提携相手を見つけ出すことができます

Part of Biotech Week Boston

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English
更新通知サービス
カタログダウンロード
カタログ(PDF)

薬剤候補を承認へと近づけるために

画期的な研究成果に触れることができるセッション

ケーススタディや最新のデータを盛り込んだ世界的なオピニオンリーダーによる講演が225件以上予定されており、バイオプロセスのさまざまな領域で統合性と生産性を向上させ、コストを削減するのに必要な知識を吸収することができます。

バイオマニュファクチャリングに焦点を絞り込んだ大規模な展示会

生物医薬品製造業界向けのソリューションを提供している世界的な企業160社以上が出展する見通しであり、医薬品の商業化に向けた作業を加速させるのに役立つ革新的な製品や技術に触れることができます。

適切な提携相手を見つけ出すチャンス

世界各国の革新的な技術を有する企業や供給企業、研究機関、団体などでバイオプロセスに携わっている専門職1,800人以上が集まる見通しであり、適切な相手と有効な提携関係を構築して、新たな治療薬の商業化を成功へと導くことができます。

バイオプロセスの監視と制御に焦点を絞り込んだレポート


バイオプロセスとバイオマニュファクチャリングに対応する先進的な制御戦略の必要性が高まるなか、一部のメーカーでは、バイオプロセスの監視と制御に対応する新たな自動化ソリューションやソフトウェアソリューションを活用する動きが進んでいます。このレポートは、計算能力の向上、先進的なセンサー、プローブ、サンプリング技術、および幅広い動作モード (かん流、連続処理、多層カラムプラットフォームなど) に対応可能な最新のソフトウェアシステムを活かしたプロセス制御のための新たなアプローチについて論じたもので、これらの技術は、単回使用システム、工程分析技術 (PAT) 、「機械学習」などの用途でも利用可能です。

バイオプロセスのあらゆる分野を網羅する6つの分科会

細胞培養と上流工程

開発早期段階から商業規模での製造段階へと至る製品開発の加速

回収と精製

下流工程の改善による売上原価の引き下げ

製造戦略

バイオマニュファクチャリング業務におけるコストの削減、製造効率の向上、柔軟性の維持

分析法と品質

強化される分析法と品質に関する規制に製品を対応させるための方策

製剤、充填と最終製剤化、処方

最終製剤化をにらんだ製剤原料開発の加速

[2018年から新たに加わる分科会] 遺伝子研究の段階から商業化へと至る開発作業の加速

INDとBLAを提出するまでの作業を加速させ、期間を短縮するのに必要な情報を提供

スポンサーと出展者の募集


1,800人を超えるバイオプロセス分野の研究者や企業幹部が世界各地から集まるイベントで専門知識をアピールすることができます。多彩な選択肢が用意されており、目的や予算に応じて調整することも可能です。