Biological + Chemical Sensors Summit 2016
-生体・化学センサーサミット、2016年-
開催地:米国 カリフォルニア州 ラホヤ、Marriott San Diego La Jolla
開催日:2016年12月5 - 7日

最終版のアジェンダが完成しました

次世代のセンサーがもたらす新たな技術革新によって、今後人々の生活を一変させるような製品の商業化を可能にする環境が整いつつあります。世界のセンサー市場が急成長し、次世代統合システムに対する需要が拡大することで、2018年の市場規模は180億ドルに達すると見られています。今年のサミットでは、世界各国のセンサー関連企業や研究機関の幹部が登場し、分科会、シンポジウム、チュートリアルなどを通じて医療分野の市場や新たな市場での実用化に向けた技術開発の最新の成果を明らかにします。

分科会1:医療分野の用途
医療分野の用途に対応する生体センサーと化学センサー

最終版のアジェンダ


分科会2:新たな用途
新たな用途に対応する生体センサーと化学センサー

最終版のアジェンダ


基調講演

Ahmed Busnaina病原体検出と生理学的モニタリングに対応するセンサープラットフォームのマイクロプリンティングとナノスケールプリンティング

Ahmed Busnaina, Ph.D., Northeastern University

Ada Poon無線バイオエレクトロニクス技術による治療結果の改善と医療費の削減

Ada Poon, Ph.D, Stanford University

Gary Davisウェアラブルデバイスの新たな世界の実現

Gary Davis, Vice President, Intel

Chris Poulinメンタルヘルスの分野における人工知能

Chris Poulin, Data Solution Architect, Microsoft

Peter Emanuel新たな用途に対応する生体センサーと化学センサー

Peter Emanuel, Ph.D., BioScience Division Chief, US Army

Nick van Terheydenインテリジェントホーム、医用センサー−健康と医療の改善に向けた漸進的な取り組み

Nick van Terheyden, M.D., CMO, Dell


同時併催のシンポジウム:埋め込み型の生物医学的システム
埋め込み型医療機器に対応するワイヤレス充電技術と通信技術

最終版のアジェンダ


チュートリアル1:センサーデータ管理
医療用途および新たな用途に対応するセンサーデータ管理

最終版のアジェンダ


チュートリアル2:センサー市場の概要
デジタルヘルスとデジタルウェルネスの分野における市場機会

最終版のアジェンダ

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English



HealthCare Track

Emerging Track

implantable Track

Data Track

Sensor Market Overview



» メディアパートナー


カタログ(PDF)
イベントカレンダー
電子部品/半導体関連の国際会議