Sensors Global Summit 2015 - センサー世界サミット、2015年 -
2015年11月10 - 11日
米国、カリフォルニア州、ラホヤ、マリオット サンディエゴ ラ ホヤ

Sensors Global Summitの最終版アジェンダが発表されました

次世代のセンサーを基点とした技術革新が新たな市場を生み出し、生活を一変させるような製品の商業化へと道を開きます。センサーの市場が急速に成長し、次世代の統合システムに対する需要が高まることで、2020年の市場規模は850億ドルに達する見通しです。今年のSensors Global Summitでは、関連業界と学界の主要なリーダーが世界各地から集まり、バイオセンサー、センサー用電源、センサーの研究開発をテーマにした3つの分科会のなかで、実際の用途分野における技術開発の最新の成果を披露します。

分科会1:バイオセンサー
バイオセンサー技術の進歩と市販製品への応用

世界のバイオセンサー市場は、2020年までに250億ドルを超える規模に拡大すると見られています。バイオセンサーの用途は、医療、環境、産業、セキュリティ、防衛など幅広い分野に広がっており、市場は今後数年間で急成長を遂げると予想されています。

分科会2:センサー用電源
統合センサーの多彩な用途に対応するエネルギーハーベスティング技術と先進電池技術

各種用途向けの次世代センサーで必要となる電力は、研究者や技術者にとって重要な課題といえます。先進的な電池技術とエネルギーハーベスティング技術を組み合わせて発電を行うというアプローチは、統合化されたセンサーシステムの開発を進めていくうえで重要な意味を持っています。

分科会3:センサーの研究開発
各種センサーの用途に対応する先進的な材料、設計、モデリング、融合技術

材料や工学の分野における重要な進歩により、無限の可能性を持つ新たな多機能統合センサーシステムへの道が拓かれています。低コストの材料加工技術やプリンティング技術の進歩により、生命科学、運輸、石油ガス、防衛、家電などの業界における多様な用途に対応可能なコスト効率の高いセンサープラットフォームを開発することが可能になっているのです。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog

イベントカレンダー
電子部品/半導体関連の国際会議

電子部品/半導体関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら