Connecting the EDGE
2019年4月10-11日 | ドイツ、ベルリン、Estrel Convention Center


IoTのビジネスチャンスが主なテーマとなるIDTechEx主催のこのイベントでは、誇大宣伝や非現実的な夢ではなく、ビジネスモデルやケーススタディ、業界内の動き、収益性、欠けている要素などをめぐって議論が展開されます。このイベントでは、現在の事業戦略を見直すとともに、参入のタイミング、技術や消費者、行政にまつわる課題、新たなビジネスモデル、ビジネスチャンスなどを検討することができます。

このイベントの主なテーマ

  • エンドユーザーのニーズと各分野の要求条件に注目し、ケーススタディなどを通じて各種の条件やビジネスチャンスを明らかにします。
  • 最新の技術や製品の開発、今後のロードマップを、可能性やコスト、計画を含めて明らかにします。
  • 収益性や規模など、市場についての識見と各分野の評価を示します。
  • 2500社を超える参加者と人脈を構築することができます。
  • 同時併催される各種のイベントを通じてすべての関連市場を網羅します。

より現実的なIoTに向けて

モノのインターネット(IoT)は、無線センサーネットワーク(WSN)などの技術を利用して既存のシステムだけではなく、さまざまな要素を接続します。IoTでは、データの直線的なやり取りが減り、「エッジ」上にあるさまざまな要素がメッシュネットワークを形成して自律的に判断を下すようになります。

このようなIoTの構想は、いつどのような形で実現するのでしょうか。IoTは、供給企業やユーザーに恩恵をもたらすのでしょうか。IoTを実現し、無線センサーネットワーク(WSN)の普及を拡大するにはどのような作業が必要なのでしょうか。そもそもIoTは、投資収益が見込める実現可能な技術で、誰もが資金を出しても良いと考えるようなものといえるのでしょうか。 その答えをこのイベントで見つけることができます。

IoTアプリケーションの範囲

  • 基調講演
  • 5GおよびLPWAN
  • スマートシティおよびスマートビルディング
  • 予知保全
  • インダストリー4.0/インダストリアルIoT
  • RFID
  • Eヘルス

関連セッション

  • 自動運転車およびコネクテッドカー
  • スマート包装
  • バイオセンサー
  • バイオメトリクス認証
  • 医療におけるウェアラブルデバイス
  • 従業員管理

同時併催されるイベント

Graphene and 2D Materials Europeは、プリンテッドエレクトロニクス、ウェアラブル技術、3Dプリンティング、および電動輸送機器のイベントと同時併催されます。いずれも、企業の幹部を対象とした2日間のカンファレンスであり、各イベント共通の展示会も開催されます。これらのイベントを同時併催するのは、重なり合うトピックが多いうえ、関連するすべてのサプライチェーンや顧客ベース、サプライヤーベースに触れる機会を提供することで、個別のイベントに参加する時間と費用を節約できるようにしたいと考えたからです。

同時併催会議を見る

前回までのイベントに参加された方々の声

I found it outstanding in term of organisation and quality of the topics

Cisco

The conference and exhibition was really interesting and we had a lot of interest for our technology.

Fraunhofer IZM

I thought the Berlin event was thoroughly worthwhile, learnt a great deal and would hope to do more.

Founder, Joulefusion Limited

It was a great event. I enjoyed the exhibition. Very cool, very cutting edge stuff.

Undercurrent

Good balance of technical information to actual examples of companies/products

UWI Technology

There was a great mix of papers, which kept the whole event fresh.

Analog Devices

 
メール配信サービス