Technology, Applications & Opportunities
2016年11月16 - 17日 | 米国 カリフォルニア州 サンタクララ

Graphene and 2D Materials USA 2016 -米国グラフェンおよび2D材料会議、2016年-

このイベントは、グラフェンなど各種二次元材料の商業化に焦点を絞り込んだカンファレンスと展示会です

会期中は、多くの関連企業が最新の技術や製品を発表したり、研究者が商業化に役立つ研究成果を披露したりする予定であり、さまざまな業種のエンドユーザー企業と供給企業の幹部が直接会って関係を構築することができる貴重な機会という点でも注目を集めています。
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

このイベントの主なテーマ

  • 商業面の進歩、実用的な応用技術の開発、商業化に役立つ革新的な技術などに焦点を絞り込んだイベントです。
  • 各種最終用途分野に関連する業界の顧客企業と供給企業の間で新たな関係を構築することができます。
  • 供給企業、各種技術を組み合わせた製品の開発に取り組んでいる企業、エンドユーザー企業の代表が一堂に会するイベントであり、バリューチェーンの構築を加速させることができます。
  • プリンテッドエレクトロニクス、ウェアラブル技術、電動輸送機器、3D印刷など、優れた相乗効果が期待できるイベントと同時併催されることになっており、大きな成果が期待できます。
  • アナリストがアジェンダを作成しており、人脈拡大のチャンスも数多く用意されています。

グラフェンと二次元材料

グラフェン業界は、興味深い時期を迎えつつあります。世界各国で多くの供給企業が市場に参入しており、生産能力は高まっています。投資家の関心も高い水準を維持しており、また、グラフェンとその可能性に対するエンドユーザー企業の関心は驚異的なペースで高まっています。多くの業界のエンドユーザーがグラフェンの有効性を検討することに前向きな姿勢を示すなか、供給企業各社も極めて堅実な開発計画を策定しています。

各社の製品開発戦略は、概ね既存の材料に代わる製品をベースにしたものです。この意味でグラフェンは、より多くのユーザー (あるいはこれまでと同じユーザーベース) により多くの製品を供給するという考え方の枠内にとどまっているといえますが、現在の市場拡大のペースを上回るスピードでコストを引き下げることができれば、これまでと同様の価値を持つ製品をさらに多くのユーザーに提供することが可能になります。

グラフェン製品の最初の波は、すでに市場へと到達していますが、ほとんどは少量生産の製品であり、なかには、問題を抱えた製品が「グラフェン」という優良ブランドを利用している例もあります。しかし、優れた製品が生み出され、新たな用途が着実に広がることで、適合性評価という長く曲がりくねったトンネルの出口も見えてくるはずです。


同時併催されるイベント

Graphene and 2D Materials USAは、プリンテッドエレクトロニクス、ウェアラブル技術、3Dプリンティング、および電動輸送機器のイベントと同時併催されます。いずれも、企業の幹部を対象とした2日間のカンファレンスであり、各イベント共通の展示会も開催されます。これらのイベントを同時併催するのは、重なり合うトピックが多いうえ、関連するすべてのサプライチェーンや顧客ベース、サプライヤーベースに触れる機会を提供することで、個別のイベントに参加する時間と費用を節約できるようにしたいと考えたからです

同時併催会議を見る

前回までのイベントに参加された方々の声

It was a meaningful and very informative event, a good opportunity to understand the current global trend of graphene and its application.

Incubation Alliance

This event was a good combination of application-related conference talks and the opportunity for in-depth discussions at the exhibition booths.

Infineon

The event presented the latest developments in commercial applications of graphene & provided a unique platform to help create the value chains.

Tata Steel

This event is really focused on real things, real devices and people are focused on concrete business.

Thales

このイベントの特徴

カタログ(PDF)
イベントカレンダー
マテリアル関連の国際会議