Co-located Events Home
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English




イベントカレンダー
自動車関連の国際会議

Attendee Feedback

I very much like your meetings, especially because you comprise exciting presentations from very different development fields in a single event.

Bosch Engineering GmbH

Electric Vehicles 2016 - 電動輸送機器会議、2016年 -
2016年4月27日 - 2016年4月28日
ドイツ、ベルリン、エストレル ベルリン

ベルリン、2016年
Electric Vehicles: Everything is Changing

このイベントでは、陸海空で使用される輸送機器の開発に取り組んでいる研究者や技術者が開発計画の成果を披露する予定です。今度の会議で焦点となるのは、エネルギー自給式の自律型輸送機器であり、各種のコンポーネントを組み込む方式から統合化されたシステムへと向かう新たな動きなどが明らかになります。

  • コンポーネント化されたパワートレインの統合
  • ストラクチャルエレクトロニクス
  • 回生機構付きアクティブサスペンション
  • 多重エネルギーハーベスティング
  • 主流となりつつある太陽光発電システムを搭載した輸送機器
  • ソーラーパネルを敷き詰めた道路や空中風力発電 (AWE) システムからの動的充電
  • 現在使用されているリチウムイオン電池の後の技術

イベントの概要

今回のイベントでは、電動輸送機器関連のあらゆる分野で予想される変化に光が当てられることになっており、飛躍的な進化を遂げつつある最新の機械、電気、電子システムを採用した多種多様な電動輸送機器が紹介されます。有効性が認められた技術は、さまざまな分野へと浸透していきます。これらの革新的な技術は、最初に実用化された分野で評価され、普及していくのです。近い将来、軍用、民用を問わず数多くの大型車両に搭載されるようになると見られている熱電発電技術や、エネルギーハーベスティング機能を組み込んだショックアブソーバーは、その一例といえるでしょう。

今後、新たなセンサーフュージョン技術を使用した自律型の電気自動車などが実用化されることで、各種のコンポーネントやスマートマテリアルのスケールメリットが実現します。将来的には、炭素繊維のボディがストラクチャルエレクトロニクス技術を利用したエネルギー貯蔵システムへと進化し、プリント配線、埋め込みセンサー、ヒューマンインタフェースなどの技術も組み込まれるようになると見られており、化学物質や中間材料の供給企業にとって大きな収益の期待できる新たな市場が生まれます。

今度の会議では、15年先までの展望に重点を置きながら、さまざまなトピックに光を当てます。


エンドユーザーの経験と
ケーススタディ

陸海空で使用されるさまざまな車両の技術開発で主導的な役割を担っている研究者の講演が予定されています。

  • 現在試験中あるいは計画中の最先端の材料、コンポーネント、システムのケーススタディ
  • 未対応のニーズ−輸送機器メーカーがそれぞれの目標を実現するために必要としている重要な材料やコンポーネント
  • 新たなコンポーネント
     

    センサー、スーパーキャパシター、電池、エネルギーハーベスティング技術、テレマティックス、パワーエレクトロニクス、スマートウィンドウなど

    炭化ケイ素 (SiC) や窒化ガリウム (GaN) を利用したパワーエレクトロニクスのロードマップ−新型モーター、計画段階の量子ドットデバイス、エネルギーハーベスティング機能を備えた窓、燃料電池など電動輸送機器の航続距離伸延に役立つ各種の新たな技術

    新たな材料
     

    グラフェン、カーボンナノチューブ、自己修復技術、ポリマー、伸縮性エレクトロニクスと透明エレクトロニクス、複合材料、熱管理材料、効率が40%を上回る太陽光発電技術への道など

    新たな輸送機器
    システム

    - 自律型車両
    - コネクテッド車両
    - ロボット工学
    - インホイールシステム
    - 48Vおよび700Vのシステム
    - 高速電磁誘導充電など





    イベントのみどころ

    世界に先駆けて行われる発表

     

    マスタークラス

     

    視察ツアー

    世界を代表する企業や団体が行う新たな発表を聞くことができます。

     

    業界の専門家と双方向で話をすることができる質疑応答形式のセッションであり、さまざまなトピックについての最新情報を入手することができます。

     

    ベルリンは、欧州で最も重要な技術開発拠点の1つとなっており、会期中には、この地域にある有力な企業への視察ツアーが行われます。