Co-located EventsHome
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

イベントカレンダー
マテリアル関連の国際会議
Attendee Feedback

It was a meaningful and very informative event, a good opportunity to understand the current global trend of graphene and its application.

Incubation Alliance

This event was a good combination of application-related conference talks and the opportunity for in-depth discussions at the exhibition booths.

Infineon

The event presented the latest developments in commercial applications of graphene & provided a unique platform to help create the value chains.

Tata Steel

Graphene & 2D Materials Europe 2016
- 欧州グラフェンおよび2D材料会議、2016年 -
2016年4月27日 - 2016年4月28日
ドイツ、ベルリン、エストレル ベルリン

2016年ベルリン
Graphene and 2D Materials

このイベントは、グラフェンなど各種二次元材料の商業化に焦点を絞り込んだカンファレンスと展示会です。会期中は、多くの関連企業が最新の技術や製品を発表したり、研究者が商業化に役立つ研究成果を披露したりする予定であり、さまざまな業種のエンドユーザー企業と供給企業の幹部が直接会って関係を構築することができる貴重な機会という点でも注目を集めています。

Graphene & 2D Materialsは、プリンテッドエレクトロニクス、ウェアラブル技術、電動輸送機器、3D印刷といった相乗効果が期待できる最終用途分野のイベントと同時併催される他に類を見ないイベントです。今回開催される各イベント共通の展示会には、47以上の国々からおよそ2,500人の参加者が集まり、出展者数も170に達することが見込まれます。このように大規模な展示会を中心に関連する各種のカンファレンスを開催するというモデルは、毎回大きな成功を収めており、これは参加者に対する調査の結果からも明らかです。

 

Graphene & 2D Materials Europe 2016への参加をお勧めする理由

  • 商業面の進歩、実用的な応用技術の開発、商業化に役立つ革新的な技術などに焦点を絞り込んだイベントです。
  • 各種最終用途分野に関連する業界の顧客企業と供給企業の間で新たな関係を構築することができます。
  • 供給企業、各種技術を組み合わせた製品の開発に取り組んでいる企業、エンドユーザー企業の代表が一堂に会するイベントであり、バリューチェーンの構築を加速させることができます。
  • プリンテッドエレクトロニクス、ウェアラブル技術、電動輸送機器、3D印刷など、優れた相乗効果が期待できるイベントと同時併催されることになっており、大きな成果が期待できます。
  • アナリストがアジェンダを作成しており、人脈拡大のチャンスも数多く用意されています。

相互に関連性のある他のイベントと同時併催する理由

グラフェン業界は、製品販売のためのチャンネルを積極的に広げることで、研究機関や大学に少量の製品を販売するという従来のモデルから脱皮し、収益を伸ばそうとしています。このためには、グラフェンメーカーがさまざまな業界のエンドユーザーと新たな関係を構築し、企業間の利害を調整してバリューチェーンを形成する必要があり、グラフェン業界にとって極めて重要な局面といえます。

この意味で、関連性のあるイベントの同時併催という考え方には十分な合理性があります。このような形態にすることで、各分野の有力なエンドユーザー企業の参加が期待できるからです。

  • プリンテッドエレクトロニクス、フレキシブルエレクトロニクス、大面積エレクトロニクス
  • ウェアラブル技術と電子テキスタイル
  • 導電性インクと透明導電膜
  • 電池とスーパーキャパシターの電極
  • フレキシブル、薄型、大面積のセンサーとアクチュエーター
  • 3D印刷材料
  • 熱界面材料
  • 太陽光発電と照明関連の最新の応用技術

出席者の内訳

IDTechEx主催のイベントは、ビジネスに焦点を絞り込んだものであり、各社の上級幹部が顔を揃えます。前回欧州で開催されたイベントに参加された方々の内訳は下記のようになっています。

 

職位別の内訳 - 2015年、ドイツ

バリューチェーンに加わっている組織別の内訳 - 2015年、ドイツ

   

 



前回の会議に参加された方々の声

This event is really focused on real things, real devices and people are focused on concrete business.
Thales

 

It was the most business oriented graphene and nanotechnology conference that we have attended. We have made many contacts and also partners.
Advanced Graphene Products

This was our second experience of exhibiting at Graphene Europe, last year was good but this year was even better with a high number of new, high quality contacts.
Thomas Swan

Cambridge Graphene Platform exhibited at this event and I am so busy following up leads that I don't have time to say all the positive things I wish to say in this quote! This is by far the best commercial event available.
Cambridge Graphene Platform

 

We are very satisfied with the event, we have been attending the IDTechEx Graphene Show in the US and Europe for several years. It is a very well organized event from the business perspective. At this event you have the opportunity to learn the state of the industry through the presentations and the chance to meet relevant players in the industry at the booth floor. Always interesting to mix graphene with other industries like printed electronics, supercapacitors... many opportunities arises within this format!
Graphenea

The IDTechEx Graphene conferences have been great for NanoXplore! At a single event we are able to meet all players in the value chain from competitors to our customers' customers. Participants from the parallel events - especially printed electronics and wearables - have continually surprised us with opportunities and leads.
NanoXplore

 

The IDTechEx event offers always an interesting mixture of application-near academic researchers, companies working in new markets, and early-adopters of these technologies on the customer's side. For a young high-tech company active in the field of graphene and related materials it is nearly a must to attend.
CNM Technologies

The event presented the latest developments in commercial applications of graphene & provided a unique platform to help create new value chains.
Tata Steel

 

IDTechEx is a bellwether conference for Grafoid. It not only gives us the pulse of the industry but allows us to establish substantive contacts with significant stakeholders in the industry.
Grafoid

This event was a good combination of application-related conference talks and the opportunity for in-depth discussions at the exhibition booths.
Infineon Technologies

 

This IDTechEx show has been extremely valuable for Directa Plus. We had the unique chance, together with our partner Vittoria Group, to present one of the first graphene-based commercial product: bicycle wheels and tires.
Directa Plus

I think it is the most informative conference in the field.
Graphene Laboratories

The IDTechEx Graphene conference was the best graphene event I've attended thus far. It was well attended by all of the major players in the field, and the talks were a great mix of technical and market information. The exhibition was also well done, with a great mix of graphene companies and relevant industrial partners/customers in polymer, film, printing, and flexible electronics. Graphene Frontiers will definitely be back next year!
Graphene Frontiers (2013)

 

Bluestone Global Tech, is a material start-up company launched a mere 5 months prior to this event. As a newcomer, we needed to leverage our lean budget to garner maximized return on investment. In researching our allocation, it quickly became clear that exhibiting here was a top option. From a planning perspective, the IDTechEx team was fantastic to work with: accessible, responsive and resourceful. With their able and genuinely caring guidance, we utilized a complimentary program of exhibition, speaking, product demonstration and advertising. Employing these efforts led to our firm nearly doubling our investment with sales garnered through the show.
Bluestone Global Tech

 

グラフェンと二次元材料の業界

グラフェン業界は、興味深い時期を迎えつつあります。世界各国で多くの供給企業が市場に参入しており、生産能力は高まっています。投資家の関心も高い水準を維持しており、2014年に3つの企業が上場したのに続いて、2015年にも複数の企業が上場を計画しています。グラフェンとその可能性に対するエンドユーザー企業の関心は驚異的なペースで高まっており、多くの業界のエンドユーザーがグラフェンの有効性を検討することに前向きな姿勢を示すなか、供給企業各社も極めて堅実な開発計画を策定しています。

各社の製品開発戦略は、概ね既存の材料に代わる製品をベースにしたものです。この意味でグラフェンは、より多くのユーザー (あるいはこれまでと同じユーザーベース) により多くの製品を供給するという考え方の枠内にとどまっているといえますが、現在の市場拡大のペースを上回るスピードでコストを引き下げることができれば、これまでと同様の価値を持つ製品をさらに多くのユーザーに提供することが可能になります。

近年グラフェンメーカーは、インクやマスターバッチなどの中間製品を供給することで下流部門に重点を移しつつあります。これは、下流部門レベルでグラフェンの性能上の利点を評価し、加工しやすさを検証し、健康面や安全面のリスクを低減したいと考えているエンドユーザーの意向に沿う動きであり、長期にわたる適合性評価期間の短縮が期待できるという点で、歓迎すべきトレンドといえます。

グラフェン製品の最初の波は、すでに市場へと到達していますが、ほとんどは少量生産の製品であり、なかには、問題を抱えた製品が「グラフェン」という優良ブランドを利用している例もあります。しかし、優れた製品が生み出され、新たな用途が着実に広がることで、適合性評価という長く曲がりくねったトンネルの出口も見えてくるはずです。

一方グラフェン業界では、多くの供給企業が参入したことで競争が激化しており、有意な差別化が困難になるという状況も生まれています。適合性を見極めるための作業が長期化するなか、企業の多くは売り上げを伸ばすことができずに赤字経営を続けており、生産能力も十分に発揮されていません。現在各社は、 (a) 生産しているグラフェンの形態、一貫性、再現性、 (b) グラフェンの加工しやすさを実証する能力、 (c) 価格を根拠に他社との差別化を図ろうとしています。競争が激化し、既存製品の置き換えをベースにした戦略が続いていることで、販売価格は下がり続けています。