Over 200 exhibitors and 3000 attendees expected

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog
イベントカレンダー
通信/IT関連の国際会議

通信/IT関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら

Launchpad Sponsor
Internet of Things Applications USA 2015
- 米国モノのインターネット応用技術会議、2015年 -
2015年11月18日 - 2015年11月19日
米国、カリフォルニア州、サンタ クララ

Internet of Things Applications USA 2015

このイベントの使命

  • モノのインターネット(IoT)の投資対効果を評価します
  • サプライチェーンに加わっているさまざまな企業が価値を付け加えることで得られる収益機会を明らかにします
  • 市場をリードする企業の視点からIoTシステムの全体像を明らかにします
  • IoTを実現する最新の飛躍的な技術について理解を深める機会を提供します
  • IoTのビジネスチャンスが主なテーマとなるIDTechEx主催のこのイベントでは、誇大宣伝や非現実的な夢ではなく、ビジネスモデルやケーススタディ、業界内の動き、収益性、欠けている要素などをめぐって議論が展開されます。会期中は、主な業種別市場のケーススタディが紹介されるほか、実用化されつつある最新の実現技術に対する評価も示されることになっており、現在の事業戦略を見直すとともに、参入のタイミング、技術や消費者、行政にまつわる課題、新たなビジネスモデル、ビジネスチャンスなどを検討することができます。

    15年前からこのテーマを追い続けているIDTechExが主催するこのイベントは、カンファレンスや展示会、マスタークラス、交流セッションなどを通じて、さまざまな識見やしっかりとした情報に基づく分析に触れ、新たな提携相手と知り合うことができる貴重な機会となります。

    IoTのビジネス

    各種業界でIoTを導入している企業の代表による講演

    • 消費者向けサービスとスマートホーム
    • 自動車と輸送
    • 医療
    • スマートエネルギー:スマートメーターとスマートグリッド
    • 物流、サプライチェーン
    • 石油、ガス、製造、産業

    IoTの現状

    通信事業者、家電機器メーカー、消費者向けサービスのプロバイダー、ソフトウェア企業、システムインテグレーター、組み込みインテリジェンス技術のプロバイダーなど、さまざまな企業の幹部が講演を行い、収益源や収益性、未対応のニーズ、標準化、新たな研究開発の動きなどを含めたIoTの現状を明らかにします。



    実現技術とサービスの進歩

    ハードウェアプラットフォームの近年の進歩

    • メッシュ無線センサー技術とケーススタディ
    • 各種リアルタイム位置情報システム(RTLS)の評価:Wi-Fi、UWB、超音波
    • 屋内測位システム(IPS)
    • パッシブRFIDとパッシブRFIDセンサー
    • 超低消費電力型エレクトロニクス
    • IoT対応のエネルギー貯蔵技術
    • エネルギーハーベスティング (環境発電)
    • プリンテッドエレクトロニクスとユビキタスエレクトロニクス

    ビッグデータ

    • ソフトウェア、標準
    • 行政機関の役割とプライバシー

    各種ソリューションとシステムインテグレーション

    • 各種無線システムの融合
    • インテグレーターの経験
    • ネットワーキング、システムアーキテクチャ、規模拡大、実装にまつわる課題

    アナリストの公正な視点

    実体のある市場の明確化と市場規模の見積もり

    IoTのエコシステム

    Click here to enlarge image

    より現実的なIoTに向けて

    現在の携帯電話は、人や機器を直線的に結び付ける技術といえます。また最近では、無線センサーを組み込んだ機器間自動通信技術も登場していますが、その大半は相互に異なる孤立したシステムで使用されています。こうしたなか、無線センサーネットワーク(WSN)などの技術を利用して既存のシステムだけではなく、さまざまな要素を接続するモノのインターネット(IoT)が、新たな進化の形(次の大きなビジネスチャンス)として注目を集めています。IoTでは、データの直線的なやり取りが減り、「エッジ」上にあるさまざまな要素がメッシュネットワークを形成して自律的に判断を下すようになります。また、ビッグデータを収めた新たなクラウドでは、ユーザーの選好情報が自動的に転送されるため、異なる環境に移動しても、そのままでニーズに合ったサービスを受けることができます。

    このようなIoTの構想は、いつどのような形で実現するのでしょうか。IoTは、供給企業やユーザーに恩恵をもたらすのでしょうか。IoTを実現し、無線センサーネットワーク(WSN)の普及を拡大するにはどのような作業が必要なのでしょうか。そもそもIoTは、投資収益が見込める実現可能な技術で、誰もが資金を出しても良いと考えるようなものといえるのでしょうか。

    参加者の声

    The best thing was making contact with new and prospective customers - I practically never left the booth.
    EM Microelectronic

    Overall, this was a great conference and was my first real interaction with IDTechEx. The speakers were relevant and the discussions during the master sessions were very good. I learned a lot and that is why I came.
    Stanley Black & Decker

     

    World class business intelligence.
    Distilled information immediately useful
    with contacts for future networking.
    Saulsbury Industries

    You have broken through a boundary and reached another level.
    Agfa Materials