Smart Home World Summit 2015 - スマートホーム世界サミット 2015年 -
2015年6月23 - 24日
英国、ロンドン、ロイヤル ガーデン ホテル


2015年の講演者と諮問委員会のメンバー

 

Smart Home World Summitは、先見性のある企業幹部が、競合他社の機先を制してスマートホーム市場の新たな収益源を開拓していくために必要な知識を吸収し、人脈を構築することができる貴重なチャンスとなります。

  • スマートホーム分野の最新のソリューションや技術を見つけ出すことができます
  • スピードネットワーキングセッションなどを通じて関連企業の幹部と人脈を構築することができます
  • スマートホームのエコシステムに加わっている40以上の主要な組織の幹部からさまざまな知識を吸収することで競合他社に対する優位を維持することができます
  • サミット開幕前から閉幕後まで、人脈構築支援ツールを活用して幅広い人脈を築くことができます

アジェンダの概要

1日目:2015年6月23日 (火)

ニッチ市場からマスマーケットへ:スマートホーム市場の拡大

  • スマートホーム:次の大きな波
  • スマートホームの出現:消費者の認知度向上と普及拡大
  • スマートホームの収益化

スマートホームエクスペリエンスの提供

  • スマートホームに関するロードマップの確立
  • データの保存、管理、分析、集約:スマートホームユーザーについての情報収集
  • 顧客サービスと維持:スマートホームのサポートとトラブルシューティング

スマートホーム関連業界の市場

  • B2Cの観点から見たスマートホームのユースケース
  • スマートセキュリティに焦点を絞り込んだスマートホームのケーススタディ
  • スマートホームサービスのケーススタディ:エネルギー管理

2日目:2015年6月24日 (水)

システムの開放性:相互運用性にまつわる課題

  • 次世代インテリジェントスマートホームのプラットフォーム:今後の展望
  • スマートホームの安全確保
  • ユーザーインタフェースの管理:ゲートウェイ、ハブ、デバイス

製品からプラットフォームへ:インテリジェントスマートホームの実現

  • 標準とネットワークプロトコル:相互運用可能なインテリジェントスマートホームの構築
  • スマートホームアプリケーションの開発
  • デバイスを「よりスマートに」:ハードウェアの進化

スマートホームの流通チャネル網に関する討論

公益事業者とエネルギー関連企業:スマートメーターからスマートエネルギー管理へ

通信事業者/ISP/ブロードバンドプロバイダー:新たなサービス分野としてのスマートホーム

セキュリティ:通信事業者とISPの事業拡大が見込める新たなサービス分野としてのスマートセキュリティ、
自前のセキュリティ対策と専門の監視サービス

小売:DIYスマートホームのビジネスチャンス拡大に向けた施策

保険:インテリジェント保険サービスの保険料−スマートホームの活用

医療:収入源としてのデジタルヘルス

今後の焦点:スマートホームとモノのインターネット

  • スマートホームからスマートライフへ
  • M&Aと投資のトレンド


Smart Home World Summitは、通信事業者、コネクテッドホームの専門企業、専門の設備業者、機器メーカー、小売企業、公益事業者、セキュリティサービスのプロバイダー、規制機関、標準やプロトコルの管理団体、技術プロバイダーなど、スマートホームのエコシステムに関わっているさまざまな組織の代表が一堂に会するイベントです。

参加が見込まれる業種

  • 通信事業者とISP
  • 公益事業者とエネルギー関連企業
  • 警備会社
  • 小売企業
  • 機器メーカー

Digital Home World SummitからSmart Home World Summitへと生まれ変わった今年のイベントでは、スマートホーム関連の技術やサービスを世界各地に広めていくなかで直面する課題やビジネスチャンスをめぐって議論が展開されることになっており、通信事業者やMSO、コネクテッドホームの専門企業、専門の設備業者、機器メーカー、小売企業、公益事業者、セキュリティサービスのプロバイダー、保険会社、規制機関、標準やプロトコルの管理団体、技術プロバイダーなど、スマートホームのエコシステムに加わっているさまざまな組織の代表が集まります。この国際イベントの目的は、新たな発想や革新的な技術に関する情報を交換したり、提携関係を構築したりするための場を提供することで、数10億ドル規模の産業に成長する可能性を秘めたスマートホーム業界の成長を後押しすることにあります。

今年のアジェンダに盛り込まれる主なテーマ

  • スマートホームのエコシステムとバリューチェーンの研究と理解
  • スマートホームのビジネスモデル
  • ニッチ市場からマスマーケットへ:顧客の受容と認知度の高まり
  • システムの開放性:相互運用性にまつわる課題
  • スマートホームとモノのインターネット:「コネクテッドライフ」へと向かう動き
  • B2Cの観点から見たスマートホームのユースケース−通信事業者、公益事業者、小売企業、保険会社、医療機関、警備会社


"Excellent networking and good market trend analysis!"

Product Manager, ISA Intelligent Sensing Anywhere S.A.

"Digital Home World summit was a very useful event; generating business opportunities and creating awareness on new approaches for serving this market.."

Divisional Director for Technology Standards, Sony Europe