•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Sir Alan Wilson FBA, FRS

Chair

The Foresight Future of Cities, Lead Expert Group, UK Government Office of Science

Dr Shaun Topham

President

EU eForum

Ger Baron

Chief Technology Officer

City of Amsterdam

Geoff Snelson

Director of Strategy, Corporate Core

Milton Keynes Council

Shane Rooney

Executive Director, Smart Cities & Transport

GSMA

Veera Mustonen

Project Leader, Smart Kalasatama

City of Helsinki

Andrew Collinge

Head of Intelligence

Greater London Authority

Mischa Dohler

Board of Directors

Worldsensing

Charlotte Palmer

Climate Change Manager

Peterborough City Council

See-Kiong Ng

SERC Programme Director

Agency for Science, Technology and Research, Singapore

Josu Santacruz

Smart Cities

Centro Informático Municipal de Bilbao (Cimubisa), Spain

Ahmed Jebreel Fallatah

Project Manager, Telecoms

Royal Commission for Yanbu, Saudi Arabia

Atef Hamzah Melebari

Telecom Project Manager, AVS

Royal Commission for Yanbu, Saudi Arabia

Ian Jones

Solution Architect -Smart Cities

Leeds City Council

Steve Turner

Head of City Policy

Manchester

Cllr James Noakes

Mayoral Lead for Energy and Smart City

Liverpool City Council

Vojko Obersnel

Mayor of the City

Rijeka, Croatia

Erling Fossen

CEO - Oslo Metropolitan Area

Oslo – Norway

Else Kloppenborg

Special Adviser, Smart Cities

City of Copenhagen

Paul Wilson

Managing Director

Bristol is Open

Petra Dalunde

Project manager & Communication Strategist

Stockholm Business Region Development, City of Stockholm

    Smart to Future Cities 2015 - スマートシティ・未来都市会議、2015年 -
    2015年4月28 - 29日
    英国、ロンドン、ウォルドルフ ヒルトン

    モノのインターネット(IoT)を都市で活用することにより、持続可能なコネクテッドシティでの高度な市民生活を実現

    Smart to Future Cities 2015
    都市のIoTが弾力性に富むスマートシティでの高度な市民生活を実現
    4月28日〜29日、Waldorf Hilton、英国、ロンドン

    Smart to Future Citiesは、近年着実に規模を拡大しています。この会議には、IoTの実現する応用技術が多くの市民や都市設計者に恩恵をもたらすなか、スマートシティの概念が構想段階から実施段階へと移りつつあるという状況が反映されているのです。2014年には関連業界の専門家250人以上が参加しており、そのうちのおよそ80人は世界的な都市の行政機関の代表でした。

    出席者の多くは、この会議が建設的な議論を行ったり、新たな人脈を構築したりするのに最適な規模になっており、各都市の代表と直接意見を交換することもできると評価しています。

    「2014年の会議は、稀有な経験でした。会議のなかで行われた議論の一部は、具体的なプロジェクトへと発展し、実際に成果を生み出しています」
    Future Cities Lab

    「さまざまな分野の専門家に会い、細かなトピックについて議論することができる素晴らしい会議でした。他の会議は規模が大きすぎて、私たちのような都市が抱えている問題や課題について突っ込んだ議論を行うことができません。この意味で大変有意義な会議でした」
    オストラヴァ市

    「講演者の顔ぶれが素晴らしく、講演内容も有益でした。スマートシティに関する最先端の考え方を学ぶことができたと思います」
    ミルトンキーンズ市議会

    2015年には、スマートシティの概念がさらに進化し、都市の設計で中心的な位置を占める市民、および市民重視の開発を可能にするIoTの応用技術やサービスに焦点が移ると予想されています。都市を構成するありとあらゆるものがインターネットに接続されるなか、IoTが、スマートパーキング、モビリティ、エネルギー、健康、安全、セキュリティなどさまざまなサービスを実現するための基盤となるのです。



    クラウドの多彩なサービスを活用しながら、スマートシティでのビッグデータ管理にまつわる課題に対処する方法を学ぶことができます

    ソフトウェア、インフラストラクチャ、通信事業者、公益事業者、輸送機関、医療機関、小売サービスのプロバイダーなどが絡み合うスマートシティの複雑なエコシステムのなかで確固とした地位を築くための一歩を踏み出すことができます

    適切な提携関係を構築するとともに、クラウドサービスやスマートシティプログラムを通じて未開拓の巨大な収益機会を確保し、事業経費節減を実現するための足がかりを築くことができます

    WiFi、ケーブルネットワーク、FTTx、LTE、クラウド、M2M、衛星通信、スマートデバイス、HTML、アプリ、およびこれらの技術を活用する能力を持った技術者など、スマートシティを実現するのに役立つ技術やアプリケーションに触れることができます

    エネルギー、輸送、小売、医療などの分野に対応する統合化されたソリューションに対して国際的な都市の行政機関が抱いているニーズについて理解を深めることができます



    会期中に行われるアナリストクリニックでは、豊富な専門知識を有するOvumのアナリストとさまざまな問題について個別に意見交換することができます。

    1回の相談時間は30分で、この間に、現在直面している課題について議論したり、技術面の最新のトレンドが事業や所属業種に及ぼす影響などについて具体的な助言を得たりすることができます。対応するのは、世界のIT市場と通信市場に精通したOvumのアナリストチームや各分野の専門家です。豊富な専門知識を有するOvumのアナリストと直接話をすることができるこの機会を是非ご活用ください。予約は、当日でも可能ですが、相談時間を確保するため事前のお申込みをお勧めします。

    近年、未来都市関連の市場を1つの企業が独占することは不可能であるという認識が広く受け入れられるようになっています。また公共部門の調達機関も、多くのベンダーを含む幅広いエコシステムからの公正な調達を求められています。クラウド技術をベースにしたアプリケーションのダウンロードサービスが登場したことで、中小企業にとっての参入障壁は大幅に下がっており、英国などの政府は、公共部門による情報通信技術関連の支出に中小企業向けの割当枠を設定しようとしています。Informa Telecoms & Mediaでは、未来都市関連市場での事業展開を目指す優れた中小企業を後押ししたいと考えており、今回のSmart to Future Citiesでも、こうした中小企業を多くの出席者に紹介するため、イノベーションビレッジと銘打ったコーナーを設けています。

     

    Good to meet thought leader @joedignanOvum #ovumsmartciti #connectedliverpool #itsliverpool @ConnectedLPL

    ConnectedLIV

    Amazing second day at Ovum Smart Cities Conference, good to be part of it as a guest speaker #connectedliverpool #ovumsmartciti

    jordyvankuijk