IRS7:デジタル時代のなかで効率的な鉄道システムを実現するための方策

IRS7 : 7th International Railway Summit
-第7回国際鉄道サミット-
開催日:2019年2月20-22日
開催地:ドイツ、フランクフルト、Steigenberger Frankfurter Hof

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新履歴
2019/01/08
アジェンダ更新
 

第7回International Railway Summit (IRS7) は、欧州における輸送プロジェクトの先進地域であり、今後も経済と政治の分野で重要な役割を担うと見られているドイツのフランクフルト市で開催されます。

参加をお勧めする理由

差し迫った問題についてのオピニオンリーダーたちの議論を聞くことができます。
仲介サービスを利用して希望する相手との個別会談を確実に行うことができます。
2日間の会期を通じて最大15人の購買側組織の代表と会談することが可能であり、時間を節約することができます。
会談に先立ち、プロジェクトに関する購買側組織の要求条件を把握することができます。
休憩時間、昼食、夕食会などを利用して人脈を広げることができます。

アジェンダについて

デジタル化の帰結

Elisabeth Werner

Director of Land Transport, DG Move

European Commission (EC)

デジタル化の帰結

Dr. Tobias Miethaner

Director General Digital Society

Ministry of Transport & Digital Infrastructure, Germany

デジタル化の帰結

Rolf Hardi

Chief Technology Officer

Deutsche Bahn

スマートシティにおける輸送機関の役割

Carlo Borghini

Executive Director

Shift2Rail

議長

Francis Bedel

Chief Digital Officer

International Union of Railways (UIC)

この会議のプログラムに関する参加者のご意見

IRS7に参加予定の購買側組織の代表

個別会談のプログラムに関する参加者のご意見

Special partner


Platinum sponsor


Gold sponsors


Silver sponsors


 
メール配信サービス