eスポーツに関するホワイトペーパー無料進呈中

2018年7月、スイス・ローザンヌ、オリンピック・ミュージアムで『eスポーツフォーラム』が開催された。同フォーラムにはRiot Games、EpicGames、Blizzard、ESLなどeスポーツ関係者はもちろんのこと、国内オリンピック委員会、国際スポーツ連盟機構、アスリートなど従来スポーツ側からも錚々たるメンバーが参加している。他にも五輪のオフィシャルパートナーやメディア関係者など150名がその場に顔を揃え、eスポーツをスポーツとして認知すべきか、またスポーツとした場合に五輪への参加を認めるべきか、などさまざまな議論が展開された。

主な講演者

講演者全員のリスト

日本および北東アジア地域での持続可能で収益性の高いeスポーツ戦略の構築

Esports North Asia Summit が2018年12月4日から5日まで千葉で開催されます。2018年5月にシンガポールで開かれたEsports Asia Summitの成果、および最近のeスポーツに関連する規制面の変化を踏まえて行われるこの会議では、eスポーツに関わっているさまざまな組織の幹部が顔を揃えます。

この会議で焦点となる主なトピック:

  • eスポーツとオリンピック−市販ゲーム業界が大きく変貌する可能性
  • 北東アジア地域におけるeスポーツの商業的な可能性を開花させるための取り組み
  • 日本の大手ゲームディベロッパーのeスポーツ戦略とビジネスモデル
  • eスポーツ分野のPCゲームとテレビゲーム−日本での状況
  • 成熟した日本のゲーム市場でeスポーツの安定的な成長を促すための方策
  • eスポーツの分野における異業種ブランドのマーケティング
  • 従来のスポーツとeスポーツの統合−世界の巨大なスポーツ関連市場を擁する地域から見た現時点での展望
  • eスポーツを通じたインフラストラクチャの発展、放映権料収入と観光事業の拡大

Esports North Asia Summitは、日本で初めて開催されるeスポーツのビジネス面に焦点を絞り込んだイベントです。2日間にわたって展開されるこの会議には、世界各国のゲームパブリッシャーやディベロッパー、政府機関、リーグ運営組織、eスポーツチーム、メディア企業、eスポーツ関連ブランドと異業種ブランド、非公開投資会社、ベンチャーキャピタル、スタジアム所有組織や運営組織などの代表100人以上が集まり、日本および北東アジア地域におけるeスポーツのビジネスチャンスについて知識を吸収しながら、他の参加者と交流を深めます。

このイベントの主なメリット

日本と北東アジア地域のeスポーツ市場に関する総合的な分析を通じて理解を深めることにより、的確な事業戦略の立案へとつなげることができます。

eスポーツの世界で効果的な投資を行い、ブランドを確立する意義と手法について学ぶことができます。

日本におけるeスポーツの持続可能なビジネスモデルについて意見を交換し、認識を深めることができます。

適切な提携相手を見つけ出し、eスポーツ分野での有益な協力関係を築くことができます。

パブリッシャーとeスポーツ分野以外の企業のブランド教育とその焦点について学ぶことができます。

日本や北東アジア地域で世界最高レベルのトーナメントを成功裏に開催する方法を学ぶことができます。

メディアパートナー
 
メール配信サービス