Robotic Process Automation (RPA) North Asia
-ロボティックプロセスオートメーション (RPA) 会議北東アジア大会-
開催日:2018年8月28-29日
開催地:香港
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス
カタログ (PDF) ダウンロード カタログ(PDF)

効率向上、経費節減、顧客満足度改善による
事業変革とサービス提供

業務の迅速化、効率化、法令遵守、経費節減を実現する次世代の先端技術としてロボティクスプロセスオートメーション (RPA) が注目を集めるなか、多くの企業が、組織のリソースと従業員を付加価値の高いサービスに集中させるため、この技術に対して積極的な投資を行うようになっています。

しかし、北東アジア地域でRPAをいち早く導入しようとしている企業の多くは、プロジェクトを立ち上げる段階で、適切なプロセスの選択、ベンダーの選択、業務とガバナンスの適切なモデルの定義といった課題に直面しています。また全社規模でのRPA導入に関心を持っている先進的な企業も、最良の導入戦略を確定することができていません。

2017年と2018年にシンガポールで開催されたRPA Summitの大きな成果を踏まえて開催されるRPA North Asia Summitでは、サービス提供、生産性向上、経費節減といった面でRPAが中国、韓国、日本などの企業にもたらしている多大な影響を検証します。

2018年 講演者

全ての講演者を見る

主なテーマ

RPAパイロットプロジェクトの開始:投資対効果検討書の作成からベンダー選定まで

組織内でRPAプロジェクトのオーナーとなる部署:RPAガバナンスと管理のための適切なフレームワークの明確化

RPAをいち早く導入している組織のケーススタディ:落とし穴、戦略、教訓

コンタクトセンター、サプライチェーン、シェアードサービス、小売事業などの分野におけるRPAの主な用途

組織全体を網羅する大規模なRPAの導入に向けた準備:長期的な成功を実現していくための方法

RPAの新たなレベルへの進歩:人工知能 (AI) と機械学習

参加をお勧めする理由

北東アジア地域で開催されるRPAに焦点を絞り込んだ初めてのサミットです。

RPA導入のためのガイド:計画立案からパイロットプロジェクト、プロジェクトの実施まで、RPA導入に向けた取り組みを推進するための方法を学ぶことができます。

RPAや各種のコグニティブツールの応用に関する最新のトレンドについて理解を深めるとともに、導入範囲、拡張性、実装、変革、変更管理、ビジネスプロセスオーナーなどについてのアドバイスを受けることができます。

シャンパンを飲みながらの討論、グループ討論、スピードネットワーキングなど、双方向で意見を交換することができる各種のセッションに参加することで、銀行、保険、通信、小売、製造などさまざまな業界の企業幹部から知識を吸収し、人脈を構築することができます。

大きな成功を収めたシンガポールでのイベント:これまでに開催されたイベントでは、多数の来場者に対応するため会場が変更されたこともありました。今度のイベントではさらに多くの出席者が見込まれており、早期の参加登録をお勧めします。

スポンサー & 出展者
メディアパートナー
 
メール配信サービス