Disposable Solutions for Biomanufacturing Asia 2014
- バイオマニュファクチャリングのためのディスポーザブルソリューション:アジア学会 2014年 -
-
シンガポール、グランド コプソーン ウォーターフロント ホテル

講演者 :

 Srinivasan Raman
Srinivasan Raman
Associate Vice President
Biocon
 Olwen Birch
Olwen Birch
Head of Quality Systems
Lonza
 Matthias Henz
Matthias Henz
Head of Quality Systems
Hospira
 Tony Hitchcock
Tony Hitchcock
Technical Director
Cobra Biologics
 Sanjay Shah
Sanjay Shah
Director& Head, Biologics Operations
Syngene International Limited
 Franck Ho
Franck Ho
Vice President
Eirgenix
 Changlin Dou
Changlin Dou
Chief Technology Officer/Senior Director
Luye Pharmacy Group
 Joachim Walter
Joachim Walter
Disposable Expert
Walter Biotech Consultancy

単回使用技術により、投資回収率を最大限にし、品質を保証しながら生産を促進し、上市までの時間を削減する方法

完全にディスポーザブルソリューションに的を絞ったアジア唯一のバイオマニュファクチャリングイベントです。

アジアのバイオ医薬品製造業界では単回使用技術が次第に浸透してきました。急速に拡大する中、単回使用技術の最新動向とその運用との間のギャップを埋める必要があります。

当学会は、製造における単回使用技術の応用に的を絞り、コストベネフィット分析、抽出物と浸出物、スケールアップ、商業運転、革新的ケーススタディに関する研究動向を発表します。これらすべてが、通常のバイオマニュファクチャリング学会では扱わないテーマとなっています。

当学会では、単回使用システムの導入において先頭に立つ企業と未だ単回使用システムの計画段階にある製造業者とが、設備の設置、設計、および最新の運用ケーススタディを検証します。

バイオ医薬品におけるディスポーザブルの使用について懸念される6つの領域に対して解決策を見つけます。

  • コストベネフィット分析:ディスポーザブルを使用する場合の真の投資回収率を算出します。
  • 従来の設備に単回使用技術を組み込む場合の法規制要件
  • 商業的ディスポーザブルマニュファクチャリングを達成するためのベストプラクティス
  • 下流における課題の克服:スケールアップ中のディスポーザブルシステムの統合
  • サプライチェーンの課題克服と単回使用技術の処理
  • 単回使用バイオマニュファクチャリングにおける最新技術と発展動向:現在技術革新が行なわれている分野に焦点を当てる

Single-use Technology community for Biopharmaceuticalは、上市までの時間短縮と稼働コスト削減のためにディスポーザブルを導入し、適合させ、運用する上での喫緊の課題と解決策を話し合うイベントです。ぜひご参加ください。

The Disposables for Biomanufacturing Asia には、以下の業務に携わる責任者や管理者を含むアジア各地の上級バイオファーマ専門家およびステークホルダーが登場します。

  • 製造
  • 後処理プロセス
  • 前処理プロセス
  • 生産
  • プロセス開発/エンジニアリング
  • 品質保証
  • 工場操業

Media Partners
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog

イベントカレンダー
医薬品関連の国際会議

医薬品関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら