Additive Manufacturing Asia 2014 - アジア積層造形会議、2014年 -
2014年7月22 - 25日 シンガポール

金型は不要−複雑かつ高価で、生産量の少ない製品の製造工程で積層造形技術を活用するための戦略

医療、航空宇宙、防衛、消費財などの関連業界で活躍する積層造形と3D印刷の専門家が講演を行います

Additive Manufacturing Asia 2014は、さまざまな製品の製造に使われている積層造形技術や3D印刷技術に焦点を絞り込んだイベントです。この会議で講演を行うのは、医療、航空宇宙、防衛、消費財などの業界で活躍している専門家たちであり、この技術が今どのように使われているのか垣間見ることができる貴重な機会となります。この技術に対する理解を深めることで、積層造形プロセスを改善したり、製造サプライチェーンのなかに組み入れたりする作業も容易になります。

積層造形の利点は、さまざまなメディアで紹介されています。この技術は、製造現場の様相を一変させると見られており、とりわけ複雑で価格が高く、生産量の少ない部品に関してはその可能性が高いといえます。

今必要なのは、本格的な実用化に向けての意見交換です。

しかし、経験の乏しい企業は、自社のニーズに合わない高価な3Dプリンターを購入してしまい、十分な投資収益が得られないという落とし穴に陥る可能性があります。

Additive Manufacturing Asia 2014は、さまざまな疑問に対する答えを見つけ出し、積層造形技術の導入に要した投資を確実に回収するための方策を学ぶことができる他に類のないイベントです。会期中は、リスクの軽減や積層造形プロセスの改善に向けた戦略に加え、適切な技術を選ぶための戦略という最も重要なトピックに焦点を絞り込んだセッションなどが予定されています。

積層造形技術の関係者にとって見逃すことのできないイベントです

この会議では、

  • 個別のニーズに合った3Dプリンターを見つけ出すことができます
  • 光造形(SLA)、粉末造形(SLS)、直接金属レーザー焼結(DMLS)、ポリジェットなど、3Dプリンターの方式の違いについて理解を深め、最適なものを見極めることができます
  • サービスビューローを通じて製造業務をアウトソーシングするのが最良の選択といえるのかどうか判断することができます
  • 3Dプリンターのメンテナンスについて理解を深め、その知識を生かして製造プロセスを最適化することができます

Then Additive Manufacturing Asia 2014 is for you.


Media Partners
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

イベントカレンダー
マテリアル関連の国際会議

マテリアル関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら