主な講演者

  • Jeffrey-SimJeffrey Sim
    Senior Vice President, Tenders Development
    BW OFFSHORE
  • no_speaker Kabiru Salisu
    Senior Facilities Engineer, NIGERIAN PETROLEUM DEVELOPMENT COMPANY
    NIGERIA
  • Sean-MiddletonSean Middleton
    Vice President - Projects, AWE LIMITED
    INDONESIA

  • Anthony-RocheAnthony Roche
    Deputy General Manager, HOANG LONG JOINT OPERATING COMPANY
    VIETNAM

  • Gianluca-Orlandi Gianluca Orlandi
    FPSO Package Manager
    ENI ANGOLA



FPSO Hotspots 2013
- 2013年FPSOホットスポット会議 -
2013年3月26 - 27日
シンガポール、アマラホテル

ブラジル、西アフリカ、インドネシア、ベトナム、マレーシアにおける浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)関連の投資機会と成長機会の分析

FPSO業界で世界最大規模の会議を主催するIQPCが新たなイベントを開催

IQPCは、2012年秋に開催された第13回FPSO Congressの成功を受け、ブラジル、西アフリカ、インドネシア、マレーシア、ベトナムの各市場に焦点を絞り込んだFPSO業界上級幹部向けのユニークな会議を開催いたします。

シンガポールで開催されるFPSO Hotspots 2013は、FPSO業界における新旧の拠点で事業を展開している企業の幹部が一堂に会するユニークな会議であり、FPSO事業に対する投資機会などをめぐって活発な議論が展開されます。


  • 3-MUST-KNOWS--About-FPSO-Hotspots

    FPSO Hotspotsについて是非とも知っていただきたい3つのポイント

    FPSO Hotspotsは、単なる会議ではなく、FPSO業界のエキスパートを対象とした高レベルの戦略的なフォーラムであり、FPSO事業への投資機会などをめぐって活発な議論が展開されます。

    タンカーをFPSOに改造するプロジェクトの拠点となっているシンガポールでFPSO事業の新旧の拠点を代表する方々が交流を深める場となります。

    講演の数を抑え、質の高いコンテンツを厳選してお送りします−この会議では、討論、講演、個別会談、公開インタビュー、投資に関する討論などが予定されており、アジアのFPSO業界関係者が新たなビジネスチャンスを見つけ出す貴重な機会となります。

  • FPSO-HOTSPOTS-Quick-Highlights

    FPSO Hotspotsの主なみどころ

    専門家へのインタビュー、講演、パネルディスカッション、討論会などが14件以上予定されています

    今最も注目を集めている5つの地域に焦点を絞り込んだ会議です

    個別会談のためのセッションが2回設定されています

    親睦を目的としたカクテルレセプションが開催されます

    契約管理についてのワークショップが予定されています

  • Unlock-Vital-Info-At-FPSO-Hotspots-2013

    FPSO Hotspots 2013で明らかにされる重要な情報

    ブラジルで今後実施される予定のFPSOプロジェクト

    ブラジル政府が導入している現地調達についての規制

    ナイジェリアにおけるFPSOを利用した油田開発の課題、および油田の状況の違い

    ガーナとアンゴラで今後実施される予定のプロジェクト

  • Key-Developments-under-Focus

    注目を集める主な開発プロジェクト

    Ande Ande油田−インドネシア

    Te Giac Trang(TGT)油田−ベトナム

    Madura油田−インドネシア

    アンゴラ沖15/06鉱区

    この他にも、さまざまなプロジェクトが紹介されます


FPSO Hotspotsの議長

Amanda-BattersbyAmanda Battersby, Asia Bureau Chief, UPSTREAM
FPSOを利用した開発プロジェクトを追い続けているUPSTREAMのアナリストとして業界内でも良く知られているBattersby氏は、FPSO Hotspotsでの議論をリードし、この会議で焦点となっている市場のビジネスチャンスに関する有益な情報を引き出すという重要な役割を担うことになります。

議長からのメッセージ

FPSO関連業界の皆様
第13回FPSO Congressが大成功のうちに閉幕したのを受けて開催されるFPSO Hotspots 2013は、FPSO業界の上級幹部を対象としたユニークな会議であり、ブラジル、西アフリカ、インドネシア、ベトナム、マレーシアの市場で事業を展開しているFPSO業界の関係者が一堂に会する貴重な機会となります。

周知のように、ブラジルと西アフリカは、FPSOを利用した既存のプロジェクトや今後実施されるプロジェクトの重要な拠点となっています。しかし、これらのプロジェクトはどれも決して簡単なものではなく、深海開発にまつわるさまざまな課題を克服しなければ進展が望めません。また、これらの地域でFPSOの実用化と建造を推進するための取り組みも、厳格な規制と現地調達を義務付ける政策に阻まれています。シンガポールを拠点に活動している私にとって、豊かな可能性を秘めたこれらの地域は大いに興味をそそられる市場といえます。また、マレーシア、インドネシア、ベトナムを中心とした東南アジアのFPSO市場も、世界的な経済危機を経て復調しつつあります。油田の状況は、ブラジルと西アフリカで大きく異なっていますが、FPSOは、これらの地域で油田開発を進めるための極めて興味深く、有益な手段といえます。

2日間にわたって開催されるこのフォーラムでは、公開インタビューやパネルディスカッション、講演、個別会談など、さまざまなセッションが予定されており、FPSO業界にとって有益な情報が紹介されることになっています。私としても、このユニークな会議に議長として参加できるのはとても楽しみです。

敬具
Amanda Battersby
Asia Bureau Chief
UPSTREAM

  • ブラジルで今後実施される予定のFPSOプロジェクト
  • ブラジル政府が導入している現地調達についての規制
  • ナイジェリアにおけるFPSOを利用した油田開発の課題、および油田の状況の違い
  • ガーナとアンゴラで今後実施される予定のプロジェクト
  • インドネシアのFPSO市場におけるビジネスチャンス、およびインドネシアとベトナムで新たなプロジェクトが実施される可能性

シンガポールで開催されるFPSO Hotspots 2013でこれらのテーマについての回答を見つけ出してください。

FPSO Hotspotsの背景にある3つの主な要因

  • 2011年12月の時点で、世界には187基のFPSOがあり、そのうちの108基はオペレーターが、残りの79基は石油会社が運用しています。稼動しているFPSOの数が最も多いのは西アフリカの海域(44基)、次が南米の海域(39基)であり、以下英国と中国(それぞれ17基)、オーストラリア(16基)、ベトナム(9基)、インドネシアとノルウェー(それぞれ8基)などとなっています。FPSOのおよそ60%はタンカーからの改造、残りの40%は新造です (www.pr-inside.com)
  • FPSOを最も多く保有しているのはブラジルの大手石油会社Petrobrasで、すでにある16基に加え新たに8基を発注しています。同社は、2012年から2015年にかけて17基のFPSOを就役させる方針を示しています。一方、中国海洋石油総公司(CNOOC)は、現在14隻のFPSOを保有していますが、当面これ以上の増設計画はないようです。現在のところ、CNOOCによる深海での石油探査と開発は初期段階に留まっています。フランスのTotalは6基のFPSOを保有しており、そのうちの5基は西アフリカの海域にあります。同社は、2017年までにこの海域で新たに5基のFPSOを就役させる計画です (www.pr-inside.com)

海底にある資源を収益事業化するための効率的な手段としてFPSOが脚光を浴びるなか、ブラジルと西アフリカの市場でFPSOを導入する動きが急速に拡大しています。一方、アジアの国々では、インドネシアやマレーシア、ベトナムを中心に、浮体式の生産設備を使って深海の資源を開発する動きが広がっています。

これらの市場で事業を展開している下請け業者に対する投資の可能性について理解を深め、ビジネスチャンスを分析することがFPSO Hotspotsの主な目的となります。

またこの会議は、2014年9月に開催されるFPSO Congressのアジェンダを策定するための重要なたたき台にもなります。FPSO Hotspotsを通じてこれらの市場における力学への理解を深め、FPSO Congress 2014のアジェンダにその成果を盛り込んだり、これらの地域で事業を展開している企業の上級幹部に講演をお願いしたりすることにより、本格的な国際会議としての陣容をさらに強化することができるのです。

FPSO Hotspots 2013の3つの特徴


  • FPSOプロジェクトの拠点(ブラジルと西アフリカ)で事業を展開している企業の幹部をシンガポール(FPSO改造プロジェクトの拠点)に集めて開催する初めてのイベントです
  • ブラジルや西アフリカでの投資機会と今後実施されるプロジェクトについての情報を関係者から直接聞くことができる唯一のフォーラムです
  • 人脈を拡大し、ブラジルや西アフリカで今後実施されるプロジェクトについての情報を入手することができるユニークな形態のイベントです

FPSO Hotspots 2013の3つの主なメリット

  • ブラジル、西アフリカ、東南アジア地域で事業を展開している企業の上級幹部から現在行なわれているプロジェクトや今後実施予定のプロジェクトについて話を聞くことができます
  • これらの地域でFPSOプロジェクトを実施する際に課題となる現地の規制や投資機会について理解を深めることができます
  • ソリューションプロバイダーにとっては、これらの市場で事業を展開している企業の幹部たちに技術力を示し、自社のソリューションに対する評価を高めるチャンスになります

FPSO業界のニーズについて理解を深めることができるこのイベントに期待します

The 2012 FPSO congress was a great opportunity to network with all the key players in the FPSO industry and should not be missed in the future Alan Scott, Project Manager, Chevron Upstream Europe
The 2012 FPSO congress was a great opportunity to network with all the key players in the FPSO industry and should not be missed in the future Alan Scott, Project Manager, Chevron Upstream Europe
This is the world's biggest platform for FPSO professionals to meet and talk about technology J Paul Singh, Vice President Oil and Gas, ABB
An excellent opportunity to discuss current issues and challenges the industry faces and importantly potential solutions. Also a valuable update on industry dynamics David McLean, Chief Operating Officer, Maersk FPSO
The congress provides valuable insights on current opportunities as well as challenges on FPSO. A good opportunity to do networking with different FPSO players and background Rodney Tay, Vice President, Corporate Banking, OCBC Malaysia

FPSO Hotspots 2013の参加対象者

A. 油田開発プロジェクトのオペレーター

  • 生産業務担当ゼネラルマネジャー
  • 生産管理者
  • 生産業務の上級技術者
  • 生産技術者

B. 船主会社/運営事業者

  • CEO
  • バイスプレジデント
  • エンジニアリング部門の責任者
  • 調達部門の責任者
  • プロジェクトマネジャー

C. 造船会社

  • 海洋作業船担当ゼネラルマネジャー
  • プロジェクトマネジャー

D. 下請け業者/ベンダー

  • 事業開発部門の責任者
  • 新たな製品ラインのマネジャー
  • 販売部門の責任者
  • マーケティング部門の責任者
Media Partners
media_new