開催中止のお知らせ

誠に遺憾ながら、当会議は主催者の都合により開催を中止することとなりました。
中止に関するご質問等はメニューのお問い合わせページより承っております。

当会議サイトへのご訪問、ありがとうございました。


2nd Annual Water Infrastructure Indonesia- 第2回インドネシア水インフラ年次会議 -
2013年3月26 - 27日 インドネシア、ジャカルタ

2012年の講演者

  • mohamad_rachmat Ir. Mohamad Rachmat Karnadi, MT, Chairman of Supporting Agency for Water Supply System Development (BPPSPAM)
    MINISTRY OF PUBLIC WORKS
                        REPUBLIC OF INDONESIA
  • dedi_supriadi Dr. Ir. Dedy Supriadi Priatna, MSc
    Deputy Minister for Infrastructure Affairs
    MINISTRY OF NATIONAL PLANNING (BAPPENAS), REPUBLIC OF INDONESIA
  • hiramsyah Hiramsyah Sambudhy Thaib
    Chief Executive Officer
    PT. BAKRIELAND DEVELOPMENT TBK
  • bernarduas Bernardus Djonoputro
    Managing Director
    PT. NUSANTARA INFRASTRUCTURE

インドネシアで予定されているプロジェクトの技術要件を満たし、官民のパートナーシップを構築することで、同国の水インフラを整備します。

インドネシアは増え続ける人口への清潔な水と公衆衛生の提供において絶え間ない戦いを強いられています。また、都市部および農村部の経済活動や、多くの国民の中流階級への流入から、浄水への需要は増加する一方です。2012年における浄水へのアクセスは50%近くに達する見通しですが、浄水へのアクセスに関するミレニアム開発目標(MDG :Millennium Development Goals)には依然として遠く届かない状況です。

2015年までに現在の状況から国家が定める浄水普及目標の68.87%に達するには、60億米ドル以上の投資を必要とすると推計されています。これは水インフラプロジェクトに関心のある業界事業者にとって、毎年20億米ドル規模の市場機会があることを意味しています。

第2回インドネシア水インフラ年次会議(2nd Annual Water Infrastructure Indonesia)では、インドネシアの現状に関する包括的な全体像、開発が計画されている水インフラプロジェクトの詳細、そのロケーション、時期、技術要件などの情報を提供します。このため本会議は、水道関係の事業者、投資家、その他の関連企業にとって、インドネシアの水インフラプロジェクトの最新情報、技術的ニーズに関する生の情報を入手する最適なプラットフォームとなるでしょう。

参加のメリット

  • インドネシア国内の100件を超える新規プロジェクトと4 件の新規大規模建設について、市場機会およびプロジェクト要件の全体像を把握できます。詳細な要件を入手できる第一の場所です。
  • 新規プロジェクトのそれぞれにおける技術選定プロセスについて学べます。
  • 今後のプロジェクトおよび技術への資金を得られます。
  • 進行中のプロジェクトの効率的なROIを確約できます。

ディスカッショントピックス:

  • インドネシアにおける現在および今後の水インフラプロジェクト
  • インドネシア市場での地盤構築のための参入戦略
  • 浄水インフラの開発のための官民連携(PPP)
  • インドネシアの水インフラ開発のための関連法規制
  • インドネシアのインフラ開発におけるリスク縮小戦略
  • インドネシアのインフラプロジェクトのための資金調達手法、など

参加者の声

Met clients and consultants providing opportunities to show our capabilities- L&T
Checking the market for readiness, meeting key players in the market and understanding the future of our business in the region were my main reasons of attending the summit. All those objectives have been met- I2O Water