4th Annual Bioplasma World Asia 2015
- 第4回世界血漿製剤学会アジア大会、2015年 -
2015年9月1 - 3日
中国、上海

Bioplasma World Asia
- アジア地域の血漿製剤や血液製剤業界の関係者が一堂に会する年に1度の学会

3年前に始まったBioplasma World Asiaは、血漿分画製剤のメーカー、投資家、規制機関、技術プロバイダーなどの幹部が一堂に会する年に1度の学会として確固とした地位を築いています。アジア地域で血漿製剤や血液製剤の自給自足を促すという役割を担っているこの学会には、2012年から14年まで、アジア諸国のみならず世界各国から延べ300人を超えるオピニオンリーダーが参加しており、血漿製剤や血液製剤の業界で事業を展開している企業の幹部が各種の重要課題について議論し、ベストプラクティスについて学び、提携関係を構築する場として機能しています。

2015年のみどころ

- 新たな開催地−中国
-規制機関の幹部による討論−アジア諸国の血漿製剤や血液製剤業界で大きな影響力を有する規制機関の幹部が出席する見通しです
-投資家による討論
-各種技術の紹介

前回の学会に参加された方々の声

「すべての出席者にとって素晴らしい経験であり、今後アジアの血漿製剤業界にとって重要なイベントになると思います。今回の会議では、多くの興味深いプロジェクトを見つけ出すことができました」
- Lu Hui, Jim (Shanghai RAAS)

「学会は大成功を収めました」
- Jörg Schüttrumpf (Biotest)

「多くのことを学べる素晴らしい学会であり、とりわけ東南アジアのコミュニティが直面している課題について知識を深めることができました。この学会で培った協力関係をさらに発展させていきたいと思います」
- Nisha Jain (US FDA)

「印象深い学会でした」
- Jan Bult, President, PPTA


主な講演者



collage-for-website

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Sponsored By

Sponsored By

Co-Organizer

Co-Organizer
Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

........................


IMAPAC Pte Ltd
日本語公式サイト運営 : IMAPAC Pte Ltd代理店 株式会社グローバル インフォメーション