New for 2015!

Cell Line Development and Engineering
- 細胞株開発および細胞株エンジニアリング -
- アイルランドダブリン、ラディソン ブル ロイヤル ホテル
..
50+ Speakers
Bram Estes, Scientist, Amgen, USA
Athena Wong, Scientist, Genentech Inc, USA
Alan Dickson Professor University of Manchester, UK
Till Wenger, Associate Director, Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co. KG, Germany
NEW for 2015!
     
        

New for 2015

 
     

 

Present a Poster!
Present a poster!
Cell Line Vital Statistics
cell line development and engineering
..
..

..
..
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


..
30名を超える上層業界専門家

Genentech, Amgen, Merck Serono, Roche, Boehringer Ingelheim, Bayer, Novartis, Pfizerなど

3つのインタラクティブイブニングセミナー

1) 代替細胞株プラットフォーム

2) 製品候補から臨床までの時間短縮

3) 単クローン性を実証するための戦略


新たなセッション

1) 標的組換えとCRISPR Cas9

2) “オミクス”データの知識への取り込み

3) 次世代のセルバンクスクリーニングと外来性物質の検出方法

ポスター無料展示

細胞株のパフォーマンス、合理化プロセスを最大限にし、高い生産性と高品質の製品を保証することを目的に、細胞株開発と細胞エンジニアリングにおける技術開発の最新動向をお届けする欧州における業界をリードするイベントです。

当学会は、細胞バンキング、品質管理、自動化、ハイスループットクローン選定、細胞株開発、細胞株エンジニアリング、およびバイオプロセシング改良のための“オミクス”の応用における最新技術と戦略的アプローチに関する業界のケーススタディについてベンチマーキングを行なう欧州の一大イベントです。4日間の日程で行なわれるInformaの当イベントは、業界の最新データ、インタラクティブフォーカスグループ、パネルディスカッション、ネットワーキングなどで構成され、製品を迅速に上市するための合理化プロセスと戦略立案を目指します。

2015年の目玉

  • フレキシブルに参加できる1デイパス(1日券)
  • 出張に費やす時間を最大限に利用するためのパラレルストリームフォーマット
  • 30名を超える講演者
  • 50のケーススタディと実践的アドバイス
  • 細胞株エンジニアリングを改善するためのCRISPR Cas9を含めた標的組換えとゲノム編集技術の応用に関する重要見解
  • 製品品質を向上させ開発スケジュールを短縮するためのNGSと早期のハイスループット解析の統合方法を理解する
  • 次世代“オミクス”データを知識に取り込むための実践的戦略を入手する
  • 製品候補から臨床までの時間短縮:予測値を上げる方法、および一時的発現から臨床生産までの展開についての重要アドバイス

対象者:以下の分野の部門長、ディレクター、マネージャー、チームリーダー、アソシエイト、コンサルタント、コーディネーター

細胞株開発 細胞株エンジニアリング 細胞培養技術/開発 プロセス開発 研究開発

フレキシブルなフォーマットで、1デイパス、2デイパス、3デイパス、4デイパスの中からお選びいただけます。

Day 1

発現困難なタンパク質、非抗体タンパク質およびバイオシミラーのための製品品質および細胞株開発戦略

Day 2A

自動化、スクリーニング、クローン選定、製品品質およびハイスループット解析

Day 2B

一時的発現システム

Day 3D

細胞株エンジニアリング、標的組換え、および細胞培養の最適化

Day 3E

セルバンキング:特性化、汚染管理、法規制適合

Day 4:

“オミクス”と細胞エンジニアリング

開催期間と開催地

2015年2月9 - 12日

アイルランド、ダブリン
ラディソン ブル ロイヤル ホテル

Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

..

イベントスポンサー

..
..
..
..

メディアパートナー

..
..
..