..
Gene Therapy Conference 2014
- 遺伝子治療学会 2014年 -
- ベルギーブリュッセル、シェラトン ブリュッセル ホテル
Expert Speaker Panel for 2014
Company Logos
2014 Research Themes
Research themes
Expert Speakers
Peter Nolan Executive Director & Senior Vice President Commercial Development Oxford BioMedica
Mark Angelino, VP, Pharmaceutical Sciences, Bluebird Bio, USA
Matthias Hebben Head of Bioprocess Development Généthon
James Miskin Head of Manufacturing Development Oxford Biomedica
..
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

 
商品化に焦点を当てて

商業的テーマに焦点を絞った唯一の遺伝子治療イベントです。認可後の薬価設定・償還戦略に対する新たな見解を得ることができます。

製造における課題克服

CMCプロセスのスケールアップに関する新たな提言を聴くとともに、商品化のための御社設備の準備方法を学びます。

遺伝子治療の将来に関する重要最新動向

初の市場認可の影響と、次なる画期的研究のための要件について評価します。

Sanofi-Genzymeが当イベントのエキスパートスピーカーパネルに参加します。

Sanofi-Genzymeのほか、Oxford Biomedica、Bluebird Bio、Généthon、ORCA Therapeuticsなどが参加します。

欧州唯一の業界に焦点を当てたイベントで、遺伝子治療の最新動向を入手してください。

Informa Life Sciencesは最新の“遺伝子治療の商品化”イベントを開催します。

Glyberaが2012年11月に認可を取得したことで、遺伝子治療の商業的可能性が現実のものとなりました。それ以来、同分野の研究は進められ、世界中の業界アナリストは遺伝子に基づく治療法の売上が2015年末までに年間4億6,500万米ドルを超えると予測しています。

すでに2014年、Spark Therapeuticsが、2,200万米ドルの遺伝子治療の立上げを行なった同月に、後期段階治療として7,280万米ドルの資金を調達しました。遺伝子治療業界への投資は継続して行なわれており、御社自身にとっても遺伝子治療を学び進めていくためにあらゆるチャンスをつかむことが非常に重要です。

こうした理由で、Informa Life Sciencesは12月3〜4日の日程で、ベルギーのブリュッセルにあるSheraton Hotelにおいて、全く新しい学会“Commercialising Gene Therapy”を開催する運びとなりました。この学会は、純粋に遺伝子治療の商品化と発展に注目する唯一のイベントで、御社の業務を業界リーダーや大手学術機関による未公開のケーススタディとベンチマーキングをする機会を提供します。

VIC

VIV

 

参加をお勧めする理由

  • Janneke Meulenberg博士からGlyberaに関する開発と承認プロセスについての動向を入手
  • Genable Technologiesからの重要なアドバイスとともに、商業的成功の基本として臨床開発の活用方法を学ぶ
  • 製造における限界を克服することにより商品化までのルートの最適化
  • 御社の薬価および償還戦略に対するOxford Biomedica のPeter Nolan博士からの助言
  • ウイルスベクターを理解しその選択を最適化する。 - ウイルス、アデノウイルス、およびアデノ関連ウイルスベクターに関するケーススタディつき
  • 遺伝子組換えT細胞療法領域の探究

ワークショップに参加し、学会をさらに有意義なものにしましょう。

プレカンファレンスワークショップ
12月2日(火)

ATMPの科学的アドバイス法

Leaders:

  • Dr Scott Burger, Advanced Cell & Gene Therapy, USA
  • Dr Christopher Bravery, Director, Consulting on Advanced Biologicals, UK

----------------------

イブニングセミナー
12月3日(水)

遺伝子組み換え細胞治療の臨床における成功

Leaders:

  • Dr Bruce Levine, Barbara and Edward Netter Professor in Cancer Gene Therapy, University of Pennsylvania, USA

----------------------

ポストカンファレンスワークショップ
12月5日(金)

遺伝子治療薬剤のための治験開発

 Leaders

  • Professor Alan Boyd, CEO, Boyds, UK


Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス
..
..
..

Exhibitors

..
..

Promotional Participant

..
..
..
..

Media Partners

..