part of

f


Pharmaceutical & Medical Device
Labelling and Packaging Summit

Pharmaceutical Labelling 2014 - 医薬品ラベリング -
- Maritim Hotel, BerlinGermany
..
Top Regulators for 2014
pharmaceutical labelling, labelling for pharma, labelling summit, labelling conference, labeling, labelling, labelling event, informa life sciences
Expert Speaker Panel for 2014
Tania de Sa Veiga Senior Regulatory Affairs Manager Astellas Pharma Europe B.V.
Maarten Van Baelen Medical Affairs Manager European Generics Medicine Association
Barbara Lachmann Senior Labeling Advisor Merck KGaA
Adeline Boucher Associate Director, Global Labelling Department UCB Pharma SA
Key themes for 2014
Key Themes for 2014
Workshops
workshops, pharmaceutical labelling, labelling for pharma, informa life sciences, labelling conference, labelling event, CCDS
..
規制当局高官による見解

主要な規制当局から話を聞くことができます。Dr Doris Stenver (DKMA)およびDr Christoph Baumgärtel (AGES PharmMed)

将来を保証するラベリング戦略を!

QRコード、製品情報管理、トラッキングをはじめとする最新動向を確実に入手できます。

ファーマコビジランスに関する新たな見通し

ファーマコビジランス査察に何を期待しますか?法規制の遵守を実証することを保証します。

ワークショップ:CCDSとの世界的一貫性の達成

基本を完璧に習得し、CCDSの複雑な内容についてさらに深く理解します。

 

製品情報最適化のための医薬品ラベリングの将来について、実践的ケーススタディと規制当局の見解があります。

2014年の医薬品ラベリング学会への参加をお勧めする理由

Informa Life Sciencesの8回目となる年次学会Pharmaceutical Labelling conferenceは、専門家の皆様に、患者および医療従事者向けの製品情報を取り巻く最新情報を提供することを目的に企画されました。

今年のイベントでは、医薬品ラベリングにおける重要な課題に関して業界リーダーが未公開のケーススタディとともに独自の見解を述べるほか、規制当局高官によるアドバイスが得られます。参加者の方々は、次の分野における最新情報を入手できます:ファーマコビジランス法規制、注釈付きQrDテンプレート9.0、PIL、SmPC、有害事象、アートワーク、CCDS、リスクの最小化。

現在のラベリング業務における適合性と有効性を確実なものとするだけでなく、2014年に向けた将来を保証する新たなセッションが開催されます。ここでは、製品マネジメント、トラッキング、およびQRコードの応用などのテーマを扱い、参加者の皆様に将来に向けて準備すべき対応などについての特別な情報が提供されます。

ワークショップに参加し、学会をさらに有意義なものにしましょう。

d

2014年10月27日(月)

プレカンファレンスワークショップ:CCDSとの世界的一貫性の達成

2014年10月28日(火)

イブニングセミナー:太平洋地域における医薬品ラベリング

2014年10月30日(木)

ポストカンファレンスワークショップ:効率的なリスクマネジメント戦略の構築と維持

医薬品・医療機器ラベリングおよびパッケージングサミット

labelling, packaging, labelling and packaging summit, pharmaceutical labelling, pharmaceutical packaging, udi implementation, medical device labelling

2013年の学会は、51%の参加者がマネージャーかそれ以上の役職の方々でした。

学会のハイライト

  • DKMAおよびAGESの代表者から、欧州のラベリング法規制の改訂内容について規制上の見解を得ることができます。
  • 御社製品へのQRコードの組み込みに関してEGMAによるアドバイスを得ることにより、患者情報への最新アプローチを得られます。
  • Sanofi PasteurのDominique Delattre氏による講演では、次回のファーマコビジランス査察の対応について話を聴くことができます。
  • 専門コンサルタントのBarbara Lachmann氏が主催するプレカンファレンスワークショップにおいてCCDSを習得します。
  • Reckitt BenckiserおよびMerck Sharp & Dohmeによる提言により、御社のための将来を保証するラベリングを学びます。
  • Astellas Pharma InternationalおよびUCB pharmaによる未公開のケーススタディにより、御社製品のPILとSmPCを完璧なものとします。
  • 有害事象を取り巻く法規制の改訂が御社にどのように影響を及ぼすのかを解説します。

"The event was interesting with opportunity for interaction between the speakers and audience"

Global Regulatory Labelling Associate Director, Janssen R&D

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

"Extremely rewarding"

Medical Writer, Reckitt Benckiser

"Insightful and current"

Consultant, PharmaBio Consulting

CPD Accreditation

cpd

参加予定者

  • 欧州関連法務:シニアディレクター/ディレクター/責任者
  • グローバル法務
  • グローバルラベリング:シニアディレクター/ディレクター/責任者
  • 情報スペシャリスト
  • ラベリングコーディネーター/マネージャー/スペシャリスト
  • 製品情報マネージャー
  • プロジェクトマネージャー/アソシエイト/コーディネーター
  • 言語コーディネーター/マネージャー
  • ラベリング変更管理
Catalog
イベントカレンダー
メール配信サービス
..

Sponsors

..
..
..
..

Exhibitors

..
..
..
..

Media Partners

..