..
Keynote Industry Speakers
Dr William Lambert Fellow, Drug Delivery and Device Development MedImmune, USA
Dr Thekla Kurz
Dr Thekla Kurz Director, Head of Manufacturing Product Development Merck, Germany
Claus Geiger
Claus Geiger Global Device Project Leader Sanofi-Aventis
Roland Schmidt
Roland Schmidt Senior Group Leader Roche, Switzerland
Pre-filled Syringe Experts
Professor Tudor Arvinte
Professor Tudor Arvinte Chairman and CEO Therapeomic Inc
Chanderkanth Gautam
Chanderkanth Gautam Senior Research Analyst Beroe Inc, India
Stuart Portnoy
Stuart Portnoy Senior Consultant, Medical Devices Biologics Consulting Group, USA
Andrew Feilden
Andrew Feilden Senior Scientist Analytical Science AstraZeneca
Human Factors & Regulatory
Ben Turner
Ben Turner Senior Consultant Team Consulting, UK
Sergio Bertoglio
Sergio Bertoglio Surgical Oncology Unit, Dept. of Surgical Sciences University of Genova, Italy
Dr. Hoss A. Dowlat, Ph.D.
Dr. Hoss A. Dowlat, Ph.D. Principal Consultant Drug Development Consulting Practice
Fiona Theobald
Fiona Theobald Human Factors Consultant Three Circles, UK
Round Table Discussions

討論会に参加して、プレフィルシリンジ専門家から直接アドバイスを得られるチャンスです。


扱われるトピック:

 

  • ガラス対プラスチック:ガラスをプラスチックに置き換えるためにプログラムをどう整備するべきか
  • ガラスシリンジの置換のために考えるべき重要な注意点とは
  • 開発中の新規コンテナシステム最新動向
  • 現在上市されているコンテナに比べ、それらはどのように効果的なのか
    ..

    Pre-filled syringes 2013 - プレフィルシリンジ学会 2013年 -
    2013年9月17 - 18日 ドイツ、ベルリン、ラディソン ブル ホテル

    バイオシミラー製品のための新規デリバリーシステムに焦点を当てた最新ワークショップ

    最良デバイスの選択方法

    大量皮下投与のための最新アプローチを入手

    1mlを超える生物製剤の投与

    プレフィルシリンジのためのヒューマンファクターデザイン戦略に関する新たなトピック

    HFに関する新規のFDAガイドラインの実施方法

    装置選択とガラス対プラスチックに関する拡大セッション

    ガラスシリンジのためのプログラム整備方法

    プレフィルシリンジとインジェクターデバイスはなぜ、生物学的製品開発の未来であり成功なのか

    ドラッグデリバリーおよびパッケージング分野は、総収益が2025年に55億米ドルに達すると予測されるなど、生物医薬品業界を大改革するものとなっています。プレフィルシリンジだけで、2015年に39億米ドルに達するとみられており、同市場の利益性がいかに高いか、そしてプレフィルシリンジがいかに、製品の更なる技術革新と付加価値向上のために業界から選ばれているかを表しています。

    生物学的製品が非常に複雑であることから、投与方法、一次包装のデザイン、装置、製品の安定性と安全性、および有効性のための分析に関して、多くの配慮が必要となっています。InformaのPre-Filled Syringe & Novel Injector Devices 2013では、御社の製品を最大限に活用し、ユーザーフレンドリーを保証し、製造コストを下げ、製品の価値を向上させるために理解し適用すべき重要なトピックについて話し合います。以下の内容が話し合われます。

    • 注入装置の将来
    • ヒューマンファクタースタディを含むプレフィルシリンジデザインの近年の発展動向
    • プレフィルシリンジおよびバイオシミラーに関する最新戦略
    • 大量皮下投与の達成方法
    • 一次コンテナ:製品の有効性向上のための新規システムと材料選定
    • 製剤および安定性に関する考察:技術的進歩
    • 装置開発向上に向けた戦略的アプローチ

    業界動向と装置開発、新規の有望技術プロバイダーに関する最新動向を確保するために、業界厳選のプレフィルシリンジイベントをどうぞお見逃しなく。

    2013年のハイライト:生物製剤のプレフィルシリンジおよび注入装置に特化したイベントでの業界最高のケーススタディ

    ワークショップおよびイブニングセミナー

    プレカンファレンスワークショップ:2013年9月16日(月)

    バイオシミラー製品のためのプレフィルシリンジと新規デリバリーシステムの使用に関する実践的アドバイス

    Leaders:

    Dr Thekla Kurz, Director, Head of Manufacturing Product Development, Merck KgaA, Germany

    Chanderkanth Gautam, Senior Research Analyst, Beroe Inc, India

     

    イブニングセミナー:2013年9月17日(火)

    抽出物と漏出物マスタークラス

    Leader:

    Dr Andrew Feilden, Chemistry Operations Director, Smithers Rapra Ltd, UK

     

    ポストカンファレンスワークショップ:2013年9月18日(水)

    注入装置のためのガイドラインにうまく対応する

    Leaders:

    Stuart Portnoy, Senior Consultant, Medical Devices, Biologics Consulting Group, USA

    Dr William Lambert, Fellow, Drug Delivery and Device Development, MedImmune, USA

    Dr Hoss Dowlat, VP Regulatory Affairs Worldwide, PharmaBio Consulting, Germany

     

    Choose your language
    Traditional Chinese
    Simplified Chinese
    Korean
    English

    参加をお勧めする方々

    以下の分野のバイスプレジデント、最高責任者、部門長、ディレクター、マネージャー、チーム/プロジェクトリーダー、アソシエイト、コンサルタント、コーディネーター:

    • 薬剤/製品/装置開発
    • アプリケーションシステム開発
    • 新規技術
    • 製剤開発
    • 非経口薬
    • 分析科学
    • 品質保証/品質管理/品質システム
    • 一次包装
    • 充填/仕上げ
    • プロセス/機械工学
    • 製造
    • CMC
    • 研究開発
    Catalog
    イベントカレンダー
    メール配信サービス
    ..

    Event Sponsors

    ..
    ..

    ..
    ..

    Media Partners

    ..
    ..

    ..