Informa

2017年9月25-28日
Hynes Convention Center,
マサチューセッツ州、ボストン

概念実証段階から商業化段階へと至る細胞療法や遺伝子療法、免疫療法の開発計画立案を支援する総合イベント


 
Cell & Gene Therapy BioProcessing & Commercialization 2017
-細胞・遺伝子療法バイオプロセス・商業化学会 2017年-
開催日:2017年9月25-28日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Hynes Convention Center
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログダウンロード
カタログ(PDF)

メインカンファレンスパスで2つの学会への参加が可能に

BioProcess International Conference & Exhibition

バイオプロセスをテーマにした大規模なイベントであり、有望な生物製剤の商業化を成功へと導くために必要な研究成果や技術、提携相手を見つけ出すことができます。

個別のテーマに焦点を絞り込んだ3つの分科会

バイオプロセス
  • Reducing labor, time and cost in bioprocess analysis and characterization

  • Relieving bottlenecks in gene therapy bioprocessing

  • Advancing transduction for gene therapy bioprocessing

  • Advances in CAR-T Cell manufacturing

  • Developing and validating potency assays

商業化
  • Commercialization strategy case studies
  • Logistics and supply chain management
  • Establishing and managing an allogeneic therapy supply chain
  • Biopreservation, cryopreservation and storage for cell and gene therapies
  • North American regulatory, policy and healthcare landscape change

  • International Commercialization / Regulatory strategies

NEW! 臨床開発
  • Designing late stage clinical trials for success

  • Regulatory update on expectations surrounding potency assays

  • Process Validation Strategies in the Clinic   

  • Supply Chain Challenges when Anticipating Transfer from the Clinic to Commercial Scale 

  • Raw material supply and quality agreements

  • Control strategy and the clinical trials experience 

研究者によるポスター発表


この学会からさらに多くの成果を引き出すため、ポスター発表を是非ご検討ください。 ポスターの提出期限は2017年8月25日 です。

細胞治療薬のバイオプロセスにおける商業化に対応可能なスケールと効率の実現に向けた取り組み


細胞療法と遺伝子療法は、非常に有望で成長著しい医療技術の領域であり、2015年末時点で631件の臨床試験が行われています。この技術は、腫瘍、心血管疾患、感染性疾患などの治療に応用可能であり、米食品医薬品局 (FDA) の承認が得られたことでその利点は裏付けられていますが、商業化のハードルは非常に高く、自家細胞治療薬Provengeのような承認済みの製品を擁していたDendreonですら経営破たんの憂き目を見ています。しかし、細胞療法や遺伝子療法に対応する治療薬のポートフォリオを有する企業が考慮すべき商業化にまつわるリスクを軽減する方法もあります。この調査レポートでは、商業的な成功の可能性を高めることができる実用的な手法について考えます。

  • クオリティバイデザイン (QbD) による特性評価と同等性/同質性にまつわるリスクの軽減
  • 開発および製造業務の効率化と経費節減
  • 新たな分析技術と手法
  • プロセスのスケールアップと移転を成功裏に進める方法
  • モジュール化による細胞療法と遺伝子療法の事業化に向けた取り組み

Fox25 NewsがBiotech Week Bostonのニュースを配信

Biotech Week Boston提携支援アプリ


Biotech Week Bostonの出席者は、出席者リストの閲覧、メッセージの送信、会場で撮影された写真の閲覧、講演の視聴などが可能な提携支援アプリを利用することができます。

Biotech Week Bostonの出席者で、ログインのための詳細な情報が必要な方は、conference@gii.co.jp まで電子メールでお問い合わせください。