Informa

2017年6月5-7日
Paradise Point San Diego,
米国、サンディエゴ

既存のおよび開発中の細胞株における効率と収率の向上


 
Cell Line Development & Engineering
-細胞株開発およびエンジニアリング学会 2017年-
開催日:2017年6月5-7日
開催地:米国カリフォルニア州サンディエゴ、Paradise Point San Diego
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログ(PDF)

バイオプロダクト開発コミュニティが一堂に会します。

品質、安全性、およびクローン技術の改善
  • Bristol-Myers Squibb、University of Manitoba、Pfizer Inc.、University of Lausanneなどによる新たな未公表データ
  • 質量分析検出技術の最適化に学ぶ
  • Amgenは組み換えタンパク質の製品品質向上のために小分子細胞サイクル阻害剤をどのように活用しているか
新規ハイスループット技術に関する最新動向をお届けします
  • NIH およびLonzaが積極的なスケジュール短縮プラットフォームをどのように活用しているかを探ります。
  • cGMPおよび重要な品質特性を達成するための最善の戦略を学びます。
  • クローン生成と選定プロトコルを標準化し改善します。
代替的宿主細胞株の探求
  • ヴァンキリン強化Sf9昆虫細胞、グリコエンジニアドヒト細胞株、標的CHO宿主細胞株についてさらに学びます。
  • 抗体および非抗体生物学的薬物のグリコシル化の最適化により臨床的有効性を向上し副作用を削減します。
  • バキュロウイルス発現ベクターシステムによってアポトーシスがどのように遅れ、タンパク質生成が促されるのかを検証します。

主要な細胞株開発学会

150名を超える専門家が参加し、学びあい交流します。
イベント中に参加できる15を超える新規データセッションがあります。
10時間を超えるネットワーキングを設けています。

スポンサーと出展者の募集


早期段階の創薬や開発など、上流部門での開発やバイオプロセスに携わっている主要な研究者に製品の優れた適応性を示すことができます。

スポンサーと出展についての詳しい情報やカスタムスポンサーパッケージについては、お問い合わせください。