//Your Connection to the Life Sciences Industry

Well Characterized Biologicals

CSS

Novel Characterization Strategies and Regulatory Guidance to Ensure CMC Success

2015年11月9 - 10日 | 米国、バージニア州レストン、ハイアット リージェンシー レストン

Event Overview


Well Characterized Biologicals 2015
- 特性化された生物製剤:2015年学会 -
2015年11月9 - 10日
米国、バージニア州レストン、ハイアット リージェンシー レストン

当学会は、正確なCMC提出を保証するために必要となる法的ガイダンスと分析特性化戦略を話し合います。

このケーススタディを中心としたイベントは、20年近くの間、生物製剤の効果的特性化のための最も新しい生物学的分析方法の最新動向を一貫して提供し、同業界をリードしてきました。

15名を超える規制当局からの講演者が、分析方法の策定と特性化戦略、バイオシミラーに関する重要情報について詳細にお話しします。今年のイベントは見逃せません。

複数の規制当局、業界専門家、および各国の研究者の方々が、御社のタンパク質特性化の取組みを改善するのに必要なガイダンスと教訓を提供します。こうした方々と交流し学べるまたとない機会です。どうぞ今年の学会にぜひとも御社のメンバーを参加させてください。

"An Incredible gathering of industry professionals sharing their unique and effective strategies for purification and characterization of Biotherapeutics." - Peter Jordan, Scilucent LLC

参加をお勧めする方々

当イベントでの実践的アドバイスや業界ケーススタディは、以下のような部門の科学者や技術者、マネージャー、試験所責任者、ディレクター、その他の専門家の方々にお役に立つものです。

  • 分析研究開発
  • CMC
  • タンパク質分析化学
  • バイオアッセイ開発
  • 法務および品質保証/品質管理
  • プロセス開発
  • 製品開発
  • 技術業務/製造科学
  • 薬剤製造
  • 臨床サプライチェーン調達

"Well organized conference, wide variety of topics covered by the speakers." - Suranjana Haldar, Dr. Reddy's Lab LTD

同時併催される学会:
Immunogenicity for Biotherapeutics

Immunogenicity for Biotherapeuticsは、コンセプトから製品までの免疫反応を予測しリスクを排除するための、最も長くかつ包括的なイベントで、今年は、コンセプトから製品までの免疫原性の理解と管理についての重要な課題について詳細に検証します。