Biological Assays: Accelerating Your Development and Validation Practices

The Industry's Most Interactive Event to Accelerate Your Bioassay Projects

Biological Assays: Accelerating Your Development and Validation Practices
2014年5月5 - 7日 · 米国、カリフォルニア州、バークレー、ダブルツリー バイ ヒルトン バークレー マリーナ

Biological Assays: Accelerating Your Development and Validation Practices 2014
- 生物学的アッセイ:開発およびバリデーション業務の迅速化 2014年 -
2014年5月5 - 7日 米国、カリフォルニア州、バークレー、ダブルツリー バイ ヒルトン バークレー マリーナ

Hélène Gazzano-Santoro

基調演説
バイオアッセイの将来に関心はありますか?同業界の最も熟練した知識あふれる実務家のお一人から、技術と法規制の最新動向について話を聴けるチャンスです。
Dr. Hélène Gazzano-Santoro of Genentech

御社のバイオアッセイプロジェクトとのベンチマーキングのための新たなテクニック

  • バイオアッセイのための異常値分析:統計的基礎、および御社のアッセイを継続させ信頼性のある結果を維持するための新規および“実証済みの”アプローチ。
  • バイオアッセイのための参照プログラム:一次参照基準の使用と、力価を二次(社内)参照基準に割り当てることに対する実践的考察。御社の施設に導入可能な統計的アプローチについて知ることができます。
  • MedImmune、Pfizer、Peregrine、Emergent BioSolutionsが、単一の細胞株によるADCC手法、成長阻害アッセイ、およびひとつの方法から別の方法に移行するための必要事項など、バイオアッセイ方法の開発に関するケーススタディをお届けします。
  • バイオアッセイの安定性を示す特性:安定性研究のデザイン方法、データの分析方法などを学ぶとともに、Biogen-IdecおよびAmgenが、御社の製品に凝集体が形成された際の事例についてケーススタディをお届けします。

力価測定プログラムを開発し維持する方法についての実践的かつ詳細なアドバイス

我々は毎年、問題の核心とこうした落とし穴をどう回避できるかについて話し合ってきました。世界中のバイオアッセイ科学者が一堂に会するのは、当会議が最新のトピックや動向、問題を、オープンかつダイナミックな環境の中で話し合う場であると評価されているからです。

IBCの24回目の年次会議となるバイオアッセイイベントは、最も長い議事日程で開催される会議で、重要な力価バイオアッセイについて検証します。御社の業務を改善するのに必要な教育面、技術面、統計面、および法規制をバランス良く扱うものは当会議だけです。当会議で扱われるトピックは、御社をはじめ、バイオアッセイの開発、バリデーション、移管、および維持における課題を克服しようとしているバイオアッセイの専門家の方々からのご意見に基づいて決められています。

2014年のハイライト:

  • 以下を含む、異常値およびノイジーデータを処理するための統計的および実践的アプローチ
    • 提案されたアプローチを理解するのに役立つ統計学入門
    • ノイジーデータを管理するための最新の統計的ツール
    • 御社の品質保証部門および規制当局を満足させるための法規制アプローチ
    • 具体的な内容を示す実際のデータと意思決定を交えた実践的ケーススタディ
  • 御社のプロジェクトのベンチマーキングに役立つ実践的ケーススタディ ケーススタディの一例:
    • ある力価測定法から別の方法に変更する際の実践的および法規制上の検討事項
    • 解凍使用の御社の分析セルバンクを開発するために必要なこと
    • 二機能性分子のためのアッセイの開発と選定
  • 力価測定法の安定性を示す特性
    • 研究デザインおよびデータ分析の統計的考察
    • タンパク質凝集体が様々な種類のバイオアッセイに及ぼす影響について詳しく説明するケーススタディ
  • 堅牢な力価参照プログラムの開発という重要業務における注意点
    • International Reference in a Bioassay Development(バイオアッセイ開発における国際参照基準)の役割と御社の開発プロジェクトにどう役立てることができるか
    • 社内の作業標準の適格性評価の仕方に関する真実
    • 法規制上の窮地に立たされないようにするための標準物質の選定と維持に関する実践的真実