Indonesia Coffee and Cocoa Conference 2015
- インドネシアコーヒー・ココア会議、2015年 -
- インドネシア、ジャカルタ
  • The ONLY Asian event dedicated to Cocoa and Coffee
  •     Co Hosted By:AICE
  •     20+ Global and Asian market outlook sessions

インドネシアは、年間53万トンのココアを生産しており、世界で3位、アジア地域では最大のココア生産国となっています。アジアの国々では、近年チョコレートの消費量が急速に伸びており、カカオ豆の価格も過去最高水準で推移しています。この間インドネシアでは、カカオ豆粉砕施設の建設に2億3,710万ドルの資金が投じられており、国全体の処理能力は31万トンまで高まっています。

またインドネシアは、ロブスタ種コーヒー豆の輸出量が世界で3番目に多く、アラビカ種コーヒー豆も世界市場で着実に需要を伸ばしています。同国は、コーヒー豆の種類が豊富なことと、単一産地のコーヒー豆で広く知られるようになっており、2014年のコーヒー豆輸出額は14億ドルに達する見通しです。

今後世界のコーヒー・ココア市場で一大拠点になると見られているインドネシアの首都ジャカルタで開催されるIndonesia Coffee and Cocoa Conference 2015は、コーヒーとココアをテーマにした同国で唯一のイベントです。インドネシア政府や業界団体の支援を受けて開催されるこの総合イベントは、取引、政策、投資などに関するさまざまな情報を収集しながら、今後の事業展開に向けて提携関係を構築することができる貴重なチャンスになります。


アジェンダの概要

  • 世界的な需要、供給、価格の展望
  • インドネシア政府が推進しているココアとコーヒーに関する政策の最新情報
  • 地元ココア取引業者による討論−生産、価格、消費の焦点
  • 地元コーヒー取引業者による討論−市場の展望、付加価値の高いサービスを通じて持続可能性の向上に貢献する取引業者
  • チョコレート市場の展望とココア需要への影響
  • 需要に影響を及ぼしているコーヒー消費のトレンド
  • コーヒーとココアの調達業者による討論−調達、加工、投資についての見解
  • 持続可能性と認証
  • コーヒー・ココア市場での資金供給
  • 競争力のある作物価格、およびコーヒーとココアのプランテーションに及ぼす影響についてのアナリストの見方
  • プランテーションの栽培面積拡大と下流加工促進を目的とした新たな投資奨励制度

Produced byCo-Hosted ByExhibitor 

 
Supporting Associations Media Partners 

 

 

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

イベントカレンダー
食料/飲料関連の国際会議

食料/飲料関連の国際会議

メール配信サービス
メール配信サービス

関連会議のご案内をご希望の方はこちら