Bunkering in China 2013 - 中国バンカリング会議 2013 -
2013年12月2 - 4日 中国、上海

船舶用燃料と市場参入のチャンスに焦点を絞り込んだ中国で唯一のフォーラムです

イベントの概要

この数年、中国は海運業界のほとんどの部門で成長の原動力となっており、バンカリング業界においても徐々に重要な役割を担うようになると見られています。中国では、多くの取引業者が外国企業との提携を模索しており、同国政府も供給企業に交付する事業免許の件数を増やす方向で検討を進めています。

Bunkering in Chinaは、2年に1度中国で開催されています。5回目となる今年の会議では、進化を遂げつつある中国のバンカリング市場の現状や市場参加を目指す企業にとってのビジネスチャンスなどが紹介されます。

2013年のみどころ
  • 中国政府が進める政策の最新情報、および国内外の企業に対するその影響が明らかになります
  • 燃料に関する新たな規制、および有力な供給国となる可能性を秘めた中国への影響が明らかになります
  • 市場の将来性、ビジネスチャンス、課題などをめぐり、中国のバンカリング業界関係者が議論を展開します
  • 主要市場における船舶用燃料価格の予測や差異、中国が貢献できる分野などについての議論が行われます
  • 今後中国で予定されているバンカリング関連のインフラストラクチャや港湾への投資について関係者から直接話を聞くことができます
  • 中国で事業を展開している国際的な船舶用燃料企業の見解を聞くことができます
  • 中国で事業を展開する際の法律面と商業面の適正評価手続きについて理解を深めることができます
現在確定している講演者

  • 中国国家発展改革委員会
  • Sinopec Fuel Oil
  • Bomin Bunker Oil
  • Pacific Basin Shipping

SinopecとBPが中国での船舶用燃料供給事業を拡大し、新たに8つの港で事業を開始

China Petroleum & Chemical Corp.(上海A株:600028)とBP Plc(BP/)は、昨年締結された共同供給契約に基づき、中国国内にある8つの港で新たに船舶用燃料の供給を開始する予定です。
www.bloomberg.com, 2013年6月26日

2012年11月12日にBloombergのニュースサイトに掲載された記事より
中国政府は、現在同国の企業5社が支配している市場の開放を進めるため、船舶燃料用外貨油供給の事業免許交付件数を増やすための計画を策定中です。

Sinopec船舶燃料部門の副部長Zhou Yiqing氏は、「中国政府当局は、今もルールの策定作業を続けており、事業免許の交付件数が増えるのはその後になります。最小限必要な貯蔵能力、はしけについての要求条件、登記資本金などを含めたルールは、2013年中に発表されるはずです」と語っています。


 

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

 Quick Links
アジェンダ
講演者


イベントカレンダー
メール配信サービス

Produced By Website Sponsor    
   

Media Partners        
2013 © IBC Asia (S) Pte Ltd | 日本語公式サイト運営 : IBC Asia 代理店 株式会社グローバル インフォメーション