Offshore Marine Indonesia - オフショア海洋会議:インドネシア -
2013年11月18 - 21日 インドネシア、ジャカルタ

インドネシアにおけるカボタージュおよびローカルコンテンツ法の影響に対応する

イベントの概要

インドネシアにおけるカボタージュ(沿海航行)およびローカルコンテンツ(現地調達率)法は、同国において拡大しつつあるオフショア石油・ガス支援部門を、現地企業が有効活用できるようにする上で大きな一歩となりました。国際的な企業もこの変化に取り組んでおり、最良の戦略を究明しようとしています。

この国際会議は、これらの規制上の動きが市場にもたらす影響に重点を置き、実施条件に関する説明を提示し、最も重要なこととしてこれに伴って生じてくる機会を浮き彫りにします。

カボタージュ法-オフショア産業における優先課題に対応

  • インドネシアのオフショア産業から期待できるさらなる規制上の変化とは
  • オフショア船舶部門、ならびに特定の船舶種に対する市場の影響
  • 規制変化に対応するために現地および国際企業が採用できる戦略とは
  • 市場における船舶供給格差を克服するためのソリューション
  • 法によって生み出された新たなパートナーシップおよび投資機会の評価
  • インドネシアにおけるオフショア造船-商業的利益および新たな機会

 

業界の最新状況
「カボタージュ規制が妥協なく導入されれば、間違いなく産業が生産目標を達成するために多くの制約が生まれます」
- Rudi Rubiandini, Chairman, SKKMigas, 2013年5月22日

インドネシアのオフショア企業は外国船舶の撤退に伴いより高い料金収入を享受
「インドネシアにおいて子会社を経営するMarco Polo Marineは、最近同国において施行されたカボタージュ法がインドネシアの水域において活動する揚錨曳航補給船の20%を締め出したことによる恩恵を受けました」
-Lloyds List, 2013年4月4日

現地造船所に1億5,600万米ドルの投資
「インドネシアの造船産業は、2011年に政府が、インドネシアの水域において営業するすべての船舶が現地企業所有であることを義務化するカボタージュ規制を導入した際に、大きな後押しを受けました。」
- The Jakarta Post, 2013年9月26日


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


Catalog

 Quick Links
アジェンダ
講演者


イベントカレンダー
メール配信サービス

Produced By      
     

Media Partners        
2013 © IBC Asia (S) Pte Ltd | 日本語公式サイト運営 : IBC Asia 代理店 株式会社グローバル インフォメーション