Coal Gasification 2013 - 石炭ガス化会議 2013年 -
2013年11月19 - 22日 シンガポール、グランド コプソーン ウォーターフロント ホテル


イベントの概要

アジアにおける採掘不能あるいは低品位炭資源の収益化を検討していますか?

燃料供給の多角化を必要としていますか?

アジアのガス、電力および産業需要の拡大に乗じて利益を得ることを考えていますか?

石炭火力に代わる、よりクリーンかつ効率的な代替物を必要としていますか?


上記の質問にイエスと答えたならば、この会議はあなたのための会議です。

IBCが主催する石炭ガス化会議は、アジアにおける石炭ガス化投資および開発の機会を探ります。

国内石油・ガス資源が枯渇し、燃料輸入への依存度の緩和が必要とされ、石炭および燃料油による炭素排出量削減の必要性がさらに拡大する中、石炭ガス化は将来のエネルギー需要に対応する上で大きな恩恵をもたらします。

石炭ガス化投資およびプロジェクトが軌道に乗り始めています!
  • インド石炭省が石炭地下ガス化(UCG)プロジェクト用に5つの褐炭および2つの石炭ブロックを特定
  • Fujian Shenyuan New Materials Coがアンモニア生産用石炭ガス化工場に投資
  • Celanese Corporationがインドネシアにおける25億米ドルの石炭ガス化工場建設に関しPertaminaと覚書を締結
  • Duke Energyが米インディアナ州における618MWの石炭ガス化工場を稼働開始
  • Cougar EnergyとMedco Energy Mining Internationalがインドネシアにおいて3つの潜在的なUCG拠点を特定
  • Hainan Dongfang Henghe Energy Development Companyが中国において大規模な16億米ドルの石炭ガス化工場を開発
  • その他さらに多くの事例があります。

    来る11月の会議に参加して、さらに多くの投資およびプロジェクトが進んでいることを確認しましょう。
会議の特徴
  • アジアにおける最初かつ唯一の石炭ガス化会議
  • 20名以上の石炭ガス化専門家による講演
  • 石炭ガス化に関するケーススタディーおよび実際適応用
  • 電力、肥料および化学製品企業などの合成ガスユーザーとの会談
  • 石炭ガス化技術の発展に関する展示
  • 知識獲得および商談の機会を強化する4日間にわたる価値ある相互交流セッション

「野村は世界最大の石炭輸入国である中国が、2020年までに石炭をガスに変換するために最大で1,600億米ドルを投資し、その一方で米国が石炭ガス化に250〜300億米ドルを投じると見込んでいます。」 – CNBC 2013年6月


参加をお勧めする理由
  • 石炭ガス化投資および潜在的な生産地の特定
  • 石炭ガス化プロジェクトにとっての石炭供給オプションの判断
  • 適切な合成ガスまたは化学製品のマーケティング・流通戦略の策定
  • 自らの石炭ガス化技術に関する効果的な合弁事業パートナーシップ、金融条件の設定およびライセンス契約についての知識の獲得
  • 石炭ガス化政策および許認可手続きに関する情報の入手

 

To See Full Speaker Line Up, click here »

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog
 Quick Links
アジェンダ
講演者
スポンサーシップ

イベントカレンダー
メール配信サービス
Produced By        
       

Supporting Associations        
       

International Online Media Partner        
       

Media Partners        
   

2013 © IBC Asia (S) Pte Ltd | 日本語公式サイト運営 : IBC Asia 代理店 株式会社グローバル インフォメーション