Bulk Liquid Terminals

Bulk Liquid Terminals 2013 - バルク液体ターミナル講座、2013年 -
2013年10月21 - 23日 シンガポール

主なテーマ

  • 石油ガス市場における需要と供給の力学
  • 石油ガス物流システムにおけるプロセスフローの改善
  • バルク液体ターミナルのキャパシティプランニングと設計
  • 戦略的な価格設定と関税課金
  • ターミナル運営の最適化
  • 港の能力と生産性を評価するための主要業績評価指標(KPI)の策定
  • バルク液体ターミナルの環境管理
  • 港のリスクと安全性に関する評価と管理

参加をお勧めする方々

  • 港とターミナルの運営会社
  • 港湾管理組織
  • 石油と石油化学製品の生産者(国際石油会社、国営石油会社、独立系の供給会社)
  • 液体バルクの取引業者と荷主
  • タンカーの船主、管理者、運営会社、用船主
  • 港湾開発会社、EPC(設計・調達・建設)事業者、コンサルティング会社
  • 液体バルクの物流や貨物輸送を担っている企業、液体バルク輸送サービスのプロバイダー
  • 港湾設備と技術のプロバイダー

本講座の指導教官

Khalid Bichou氏は、港湾、海運、物流などの分野で世界的に高い評価を得ている専門家であり、国際的な舞台で22年以上にわたって活躍しています。これまで同氏は、67ヶ国で行われた80件を超える港湾や海運、物流業界関連のコンサルティングプロジェクトやアドバイザリーサービスに関わっています。