Strategic Pharma Marketing Asia 2013 - アジア戦略的医薬品マーケティング学会、2013年 -
2013年7月1日 - 3日 シンガポール

医師、保険者、患者との関係構築と啓発を通じてブランドの存在感を高めるために

学会の概要

IBC主催のStrategic Pharma Marketing Asiaは、アジア諸国の市場に対する理解を深め、その課題やビジネスチャンスを探求することができるこの地域で唯一の学会です。会期中は、さまざまなベストプラクティスやケーススタディが紹介されることになっており、営業活動の将来的な目標を設定することができます。アジア諸国の製薬業界関係者と意見を交換し、市場での存在感を高めるための革新的な戦略を構築することができるこの貴重なチャンスをどうぞお見逃しなく。

2013年の主なテーマ
  • ブロックバスターが大きな収益を生み出してきた時代が終わりを告げ、特許期限切れの問題が大きな脅威として認識されるなか、画期的な新薬の開発に取り組んでいる製薬会社が今後もブランドを存続させ、価格を引き下げることなく市場シェアを維持していくための方策
  • 競争が激化し、価格引下げ圧力が強まって、事業を持続させるのに必要な収益を確保するのが難しくなっているジェネリック医薬品メーカーが生き残るうえで必要不可欠なマーケティング部門と販売部門の連携
  • アジア市場の重要性が高まるなか、文化的な差異が大きいこの地域の国々で効果的なマーケティングを展開するのに必要不可欠な各国市場に対する理解
  • 国外の市場に活路を求めるアジア諸国の大手ジェネリック医薬品メーカーが業績を伸ばしていくうえで重要な役割を担うマーケティング部門と販売部門の動き
  • オンラインチャンネルやソーシャルチャンネルから知識を得る顧客や患者が増えるなか、ブランドイメージを強化し、時と場所を選ばず24時間年中無休で必要な情報を提供することが可能な技術をいち早く導入しようとしている各社の経験豊富なマーケティング担当者の取り組み
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog
イベントカレンダー
メール配信サービス

Produced By      
     

Exhibitors      
     

Supporting Associations      
 

Media Partners      

2012 © IBC Asia (S) Pte Ltd | 日本語公式サイト運営 : IBC Asia (S) Pte Ltd 代理店 株式会社グローバル インフォメーション