開催中止のお知らせ

誠に遺憾ながら、当会議は主催者の都合により開催を中止することとなりました。
中止に関するご質問等はメニューのお問い合わせページより承っております。

当会議サイトへのご訪問、ありがとうございました。

Indonesia Pharmaceutical - インドネシア製薬業界サミット -
2013年4月9 - 12日 インドネシア・ジャカルタ

イベントの概要

イベントの概要

医療費の自己負担が原則となっているインドネシアの医薬品市場に外国企業が参入するのは、必ずしも容易なことではありません。同国では、規制が強化されつつあるうえ、企業を買収する際には契約交渉を戦略的に進める必要があるなど、参入を難しくしている要因が少なくないのです。また最近では、社会保険制度の導入に向けた動きが加速し、医薬品等の製造品質管理基準(GMP)も厳格化される方向にあるため、国内の製薬メーカーでさえ黒字を維持するのが難しい状況になりつつあります。

このような時期に開催されるIBC主催のIndonesia Pharmaceutical Summitは、行政機関や同国内外の製薬メーカーなど、インドネシアの製薬業界に関わっている企業や団体の代表者が一堂に会する会議であり、さまざまなリスクと魅力が共存するこの市場の全体像を把握することできる貴重な機会となります。またこの国際的なイベントでは、有益な人脈を構築し、事業を戦略的に発展させていくための手がかりを得ることも可能です。Indonesia Pharmaceutical Summitは、同国の製薬業界を取り巻く環境を多面的かつ綿密に分析することができる他に類を見ない会議なのです。

今回の会議に諮問委員として参画しておられる方々
  • Thomas Runkel, Vice President, Asia Pacific, Actavis, Indonesia
  • Widyaretna Buenastuti,  Public Affairs & Communications Director, Emerging Markets, Pfizer, Indonesia
  • Shanti Shamdasai, Director, Government Affairs, South East Asia (ASEAN), Johnson & Johnson, Indonesia
参加をお勧めする5つの主な理由
  • インドネシアは、東南アジアで最大の人口を擁する国ですが、医療制度の整備は進んでいません。また他の新興国市場と同様、自己負担で医療を受ける人が増え続けているため、ビジネスチャンスは大きいといえます。この会議では、市場に関して的確な判断を下すための戦略を策定し、参入に向けた作業を効果的に推進していくための実践的なアドバイスを受けることができます
  • インドネシア市場の現状に関する詳細かつ実用的な知識を得ることができます
  • 同国内外の有力な企業の上級幹部から話を聞いたり、個別に会談を行ったりすることができます
  • 現在の製品ポートフォリオを拡充するための戦略を練ることができます
  • 地方自治体や中央政府の幹部から話を聞くことで、インドネシア製薬業界の実情を把握することができます
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

イベントカレンダー
メール配信サービス
Produced By  
 
日本語公式サイト運営 : IBC Asia Limited代理店 株式会社グローバルインフォメーション