banner
Together we Drive the Future

Ocular Diseases Drug Discovery
-眼疾患創薬学会-
開催日:2018年3月20-21日
開催地:米国カリフォルニア州サンディエゴ、Catamaran Resort

開催日変更のお知らせ

当会議の開催日が2018年3月21-22日から3月20-21日に変更となりました。



Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

メール配信サービス

各位

2018年3月20日から21日まで、第10回Ocular Diseases Drug Discovery Conferenceが米国カリフォルニア州サンディエゴで開催されます。会期中は、関連する業界と学界の両方から多くの代表が集まり、眼疾患の治療法を絶えず変化させている技術や標的をめぐって議論を展開します。近年ドラッグデリバリー技術の改善が進むなか、前眼部と後眼部に医薬品を浸透させるより良い方法を見つけ出すための取り組みが進んでいます。また遺伝子治療や再生医療の成果は、前臨床研究や臨床研究の段階にある各種の興味深いアプローチについての踏み込んだ議論を促しています。今度の学会では、主要な研究者や専門家が、加齢黄斑変性症 (AMD) 、ドライアイ、緑内障、糖尿病性黄斑浮腫 (DMA) などの眼疾患に対する治療法をめぐって議論を展開しつつ、協力関係を構築します。

セッションのトピック

  1. 開会基調セッション: 業界のこれまでの動きと現状
  2. 新たな技術の前臨床開発
  3. トランスレーショナル研究とこれまでに得られた教訓
  4. 研究の推進を目的とした大学と医薬品開発受託機関 (CRO) の提携
  5. 資金調達面の課題に関するパネルディスカッション
  6. 規制面の課題に関するパネルディスカッション
  7. スタートアップ企業の紹介(昼食を取りながらのセッション)
  8. 閉会基調セッション: 将来の展望

サンディエゴでお会いできる日を楽しみにしています。

敬具
2018年の諮問委員会

2018 ADVISORY BOARD MEMBERS
Matthias Birkhoff, Aptar
Oscar Cuzzani, BioTime
Emmett Cunningham, Clarus Ventures
Rafal Farjo, EyeCRO LLC
Rangaramujam Kannan, John Hopkins University