Modern Drug Discovery & Development Summit

2016年9月12-13日

第11回医薬品設計・
医薬品化学


第3回細胞療法と
遺伝子療法



2016年9月14-15日

第7回ノンコーディングRNAとRNAiを利用した治療法

第4回創薬におけるGPCR

 
POSTER PRESENTATIONS
GTCbio encourages attendees to showcase their research at the conference by presenting a poster. The top 2-3 submitted posters will also be selected to give short oral presentations as part of the meeting program. Abstracts will be accepted until August 12, 2016; slots fill up quickly so submit yours online ASAP!

Modern Drug Discovery & Development Summit (M3D) 2016 -現代創薬・開発サミット (M3D) 、2016年-
開催地:米国 マサチューセッツ州 ボストン、Hyatt Boston Harbor
開催日:2016年9月12 - 15日

各位

2016年9月12日から15日まで、米国マサチューセッツ州ボストンで開催されるModern Drug Discovery & Development Summit (M3D) は、医薬品の創薬と開発に関わっている業界と学界の代表が絶妙のバランスで混ざり合うイベントであり、さまざまな分野の専門家と人脈を構築しながら、各種の研究プロジェクトや現在進められている開発プロジェクトについての最新情報を入手することができる貴重な機会となります。

今回のサミットでは、4つのカンファレンスプログラムが組まれており、創薬の分野で今最も注目を集める最新のトピックが取り上げられます。

第11回医薬品設計・医薬品化学
このプログラムは、新たな医薬品の創薬を可能にするこれまでにない標的のクラスや化学生物学的アプローチの登場によって変貌しつつある創薬の世界をめぐり関連業界と学界の専門家が議論を展開する学際的なフォーラムです。会期中は、この分野をリードする研究者が、タンパク質間相互作用、医薬品設計にまつわる障害の克服、キナーゼ阻害剤、標的の同定とバリデーション、標的の活性化と阻害、コンピューターを利用した化学研究など、注目度の高いさまざまトピックに関する研究発表を行います。

第3回細胞療法と遺伝子療法
このプログラムでは、細胞療法や遺伝子療法を利用した疾病治療が実用化され、新たな技術や臨床試験の開発と投入の動きが急速に拡大しているという点を踏まえ、進展しつつある規制整備にまつわる課題、前臨床研究で求められる要素、最新の技術、細胞療法と遺伝子療法の開発と応用、ビジネスモデルや商業化に向けたスケジュールなどのトピックについて議論します。

第7回ノンコーディングRNAとRNAiを利用した治療法
RNA研究の新たな領域では、有望な治療法についての優れた識見が生まれていますが、あらゆる細胞機能のなかでRNAが担っている重要かつ中心的な役割について理解するうえでの重要な焦点であり続けているのがドラッグデリバリーです。RNAiの細胞選択的デリバリーと標的化機能に関する研究の進展は、この分野が成長し、成熟しつつあることを示しており、CRISPRの発見に伴う関心の高まりは、今もゲノム編集ツールの進化を促す原動力であり続けています。このプログラムでは、診断や治療の分野におけるアプタマーの応用などが議論されることになっており、オリゴヌクレオチドアプタマーリガンドの安定性、親和性、特異性や、ドラッグデリバリーのための各種アプローチといったトピックも取り上げられます。

第4回創薬におけるGPCR
Gたんぱく質共役受容体 (GPCR) は、タンパク質受容体の大きなファミリーを形成しており、現在市場に投入されている医薬品の標的のなかで最も大きなクラスの1つとなっています。GPCRに関する構造生物学的研究が飛躍的に進展し、多くの知識が蓄積されたことで、この標的クラスが持つ大きな可能性が明らかになっており、その影響が創薬の世界に及んでいるほか、この分野への新たな関心も生まれています。このプログラムでは、指導的な立場の研究者が、疾病のなかでGPCRが演じる役割、GPCRシグナリングへのアプローチ、バイアスされたシグナル伝達といったトピックに関連する新たな研究成果を披露します。


4つのカンファレンスプログラム全部に参加することができるサミットパスが利用可能です。また、前半の2日間と後半の2日間のいずれかを選んで参加することも可能です。

ボストンでお会いできる日を楽しみにしています。

敬具
2016年の諮問委員会

2015 GOLD SPONSORS
     
caprion logo reactionbio
     
2015 SILVER SPONSOR
     
  caprion logo  
     
MEDIA PARTNERS