>
GTCbio
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English



カタログ(PDF)
イベントカレンダー
医療機器関連の国際会議

Molecular Diagnostics Summit 2016 -分子診断サミット 2016-
2016年7月6 - 8日、米国マサチューセッツ州ボストン ハイアットリージェンシー
MOLECULAR DIAGNOSTICS SUMMIT

第2回 Cancer Markers & Liquid Biopsies

Precision Medicine

Digital PCR & qPCR


スポンサーの募集
GTCbioは、プレゼンテーションの枠や展示ブース、出席者リスト提供サービスなどを盛り込んだ総合的なスポンサーパッケージを用意しています。パッケージは、いずれも予算に合わせてカスタマイズすることが可能です。
 
ポスター発表
GTCbioでは、出席者に対し、ポスター発表を行って研究成果を披露するようお勧めしています。また、特に優れたポスターを2~3本選び、学会のプログラムのなかで口頭による短時間の発表をお願いする場合もあります。ポスター発表の要旨提出期限は、2016年6月6日です。

各位

2016年7月6日から8日まで、米国マサチューセッツ州ボストンで開催されるMolecular Diagnostics Summitをどうぞお見逃しなく。この学会には、企業と大学の研究者が毎回適度なバランスで参加しており、さまざまな部門に所属する人々が親交を深めたり、個々のトピックについての斬新な見解を聞いたりすることができる貴重な機会となります。

第2回Cancer Markers & Liquid Biopsies (がんマーカーおよび液体生検学会)
近年がんマーカーは、患者の診断、予後、観察などの分野で重要な役割を担うようになっており、最新の技術を利用してマーカーについての理解を深め、血中循環成分の特徴を明らかにすることで、未来の個別化がん治療の実現に向けた取り組みを後押しすることができます。企業や大学で指導的な役割を担う研究者が顔を揃えるこの学会では、血中循環腫瘍細胞 (CTC) の分離と検査のためのプラットフォーム、これらの研究領域で普及が加速しつつある次世代シーケンシングやデジタルPCRなどの技術、バイオマーカーの検出感度や安定性、検証、マーカーを利用して患者の経過観察と生活の質を改善するための方策といったトピックをめぐって活発な議論が展開されます。

Precision Medicine (個別化医療学会)

研究活動と臨床診療を統合し、個々の患者を治療する際の優れた指針となるような知識基盤を構築するための取り組みが、個別化医療の発展を促す大きな原動力になっています。集団ベースのゲノムシーケンシングを拡大し、臨床データと統合するための作業が進行するという重要な局面で開催されるこの学会では、個別化医療の実現に向けた作業の進捗状況、未来の医療、個別化医療を成功裏に実現するための戦略と技術、腫瘍以外の疾病に対する個別化医療、パーソナルゲノミクス、ビッグデータ、バイオインフォマティクスの統合と解明、個別化医療の商業化にまつわる課題の克服といったトピックをめぐって活発な議論が展開されます。


Digital PCR & qPCR (デジタルPCRおよびqPCR学会)
近年、核酸の定量を最適化する迅速かつ効率的な方法の必要性が強く認識されるようになっています。これまでは、定量ポリメラーゼ連鎖反応 (qPCR) が、リアルタイムでPCRの相対的増幅を調べる最良の方法でしたが、最近では、絶対的定量、試料の感度向上、精度の制御性向上、同一試料の分離などが可能なデジタルPCRがPCR定量の新たな手法となっています。この学会では、分子診断の分野におけるPCRの利用法と関連付けながら、デジタルPCRとqPCRの最新動向について議論します。

サミットパスを購入すれば、3つの学会に出席することが可能であり、分子診断の分野における研究開発の全体像を把握することができます。

お会いできる日を楽しみにしています。


敬具

2016年の諮問委員会


ゴールドスポンサー
     
 
     
企業パートナー
     
   
     
メディアパートナー