GTCbio
Infectious Diseases World Summit 2015 - 世界感染症サミット 2015年 -
2015年7月8 - 10日
米国、マサチューセッツ州、ボストン、ハイアットリージェンシー
INFECTIOUS DISEASES WORLD SUMMIT

第13回ワクチン研究開発学会

第4回インフルエンザ研究開発学会

第12回抗感染症薬提携契約学会

ポスター発表
GTCbio encourages attendees to showcase their research at the conference by presenting a poster. The top 2-3 submitted posters will also be selected to give short oral presentations as part of the meeting program. Abstracts will be accepted until June 8, 2015; slots fill up quickly so submit yours online ASAP!

各位

GTCbio主催のInfectious Disease World Summitは、2015年7月8日から10日まで米国マサチューセッツ州ボストンで開催されます。このサミットは、感染症の分野における論点や課題、進歩などについての総合的かつ幅広い展望を示すことに主眼を置いたものであり、3日間にわたって以下の3つの学会が行われます。

第13回ワクチン研究開発学会 (2015年7月8日〜10日)
第4回インフルエンザ研究開発学会 (2015年7月8日〜10日)
第12回抗感染症薬提携契約学会 (2015年7月9日〜10日)

近年、感染症の分野では、さまざまな課題が繰り返し浮上しており、医薬品の価格や医療費の償還、規制、新たな抗生物質の発見など、克服されていない課題も数多く残っています。

しかし、この分野で最近締結された契約や再び存在感を増しつつある大手製薬会社の動向は、感染症をめぐる状況が大きく変わりつつあることを予感させるものとなっています。今この分野に再び注目が集まっているのはなぜなのでしょうか。バイオテクノロジー企業や政府機関など、この分野に関わっている組織にはどのような影響があるのでしょうか。このサミットでは、研究や新たな治療薬の開発、商業化や市場での活動など、感染症分野のあらゆる側面に光が当てられることになっており、さまざまな接点で感染症治療薬の開発に関わっている大学や企業、政府機関などの専門家が、現在直面している問題について議論し、未来に向けて前進するための方策を見つけ出す場となります。

ボストンで開催されるこのサミットの熱気溢れる会場でお会いできる日を楽しみにしています。


敬具

2015年の諮問委員会

科学諮問委員会のメンバー
Brent Ahrens, Canaan Partners Kevin Outterson, Boston University
Pamuk Blisel, Flugen Manos Perros, AstraZeneca
Kleem Chaudhary, Novartis John Rex, AstraZeneca
Dennis Christensen, Statens Serum Institut Steve Rockman, BioCSL
Susan Ciotti, NanoBio Ken Rosenthal, Northeast Ohio Medical University
John Clerici, TiberCreek Partners Dan Teleman, AtoxBio
Danielle Drayton, Decision Resources Group Glenn Tillotson, TranScrip Partners
Prabhavathi Fernandes, Cempra Pharmaceuticals Mladen Tomich, Decision Resources Group
Peter Hammann, Sanofi-Aventis Mark Tompkins, University of Georgia
Joseph Joyce, Merck Stephen Turner, University of Melbourne
Laurenz Kellenberger, Basilea Pharmaceutica Jeffrey Ulmer, Novartis
Chau Khuong, OrbiMed Advisors Philippe Villain-Guillot, Nosopharm SAS
Joseph Larsen, BARDA Daniel Wattendorf, DARPA
Shan Lu, University of Massachusetts Robert Webster, St Jude Children's Hospital
Janet McElhaney, Advanced Medical Research Institute of Canada David Weiner, University of Pennsylvania
Kai McKinstry, University of Massachusetts Dan Zimmerman, CEL-SCI Corporation
Emanuele Montomoli, University of Siena




ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
メディアパートナー
antibodies logo