trans drug discovery
trans drug discovery


STEM CELL SUMMIT 2015


学会 A :
幹細胞研究と再生医療



学会 B :
幹細胞製品の開発と商業化


Stem Cell Summit 2015 - 幹細胞サミット、2015年 -
-
米国、マサチューセッツ州ボストン、ハイアット リージェンシー


各位

2015年4月27日から29日まで、米国マサチューセッツ州ボストンのHyatt Regency Boston Hotelで開催されるStem Cell Summit 2015をどうぞお見逃しなく。会期中は、2つの学会が同時併催されることになっており、合同セッションも組まれています。GTCbio主催のこのサミットでは、生物学、医学、各種応用分野、規制、製品開発、事業など、幹細胞研究に関係するあらゆる領域が網羅され、これらの領域で起きているさまざまな動きについての最新情報が紹介されます。

Stem Cell Summit 2015では、幹細胞治療の前臨床研究や臨床試験、再生医療や組織工学、がん幹細胞、免疫療法、幹細胞再プログラミング、幹細胞研究に関連する規制政策、生産や製品開発などの分野における最新の動きなどをめぐって議論が展開されるほか、さまざまな課題やそれらの課題を克服するための有望な戦略にも光が当てられます。また、多くの企業が商業的に有望と考えているカテゴリー、開発資金の調達方法、業界内で利用可能な戦略的関係、持続可能なビジネスモデルを構築するための手法などについても議論される予定です。


Stem Cell Summit 2015では、2つの学会が同時併催されることになっており、合同セッションも行われます。


学会 A: 幹細胞研究と再生医療

I. 合同セッション:糖尿病分野における幹細胞研究
II.合同セッション:研究段階から臨床段階へと進む幹細胞治療
III.合同セッション:規制についての指針
IV. 治療薬開発と創薬につながる細胞
V. 成人多能性幹細胞研究の進展
VI. 組織工学
VII. 免疫療法:がん治療の革命


学会 B: 幹細胞製品の開発と商業化

I. 合同セッション:糖尿病分野における幹細胞研究
II. 合同セッション:研究段階から臨床段階へと進む幹細胞治療
III. 合同セッション:規制についての指針
IV. 生産と製品開発
V. 臨床効果の高い製品を開発するうえでの課題
VI. 資金調達の可能性
VII. 商業化:持続可能なビジネスモデルの構築


敬具

Stem Cell Summit 2015諮問委員会


GOLD SPONSORS
MEDIA PARTNERS
antibodies logo www.bioscreening.com