5th Digital Pathology & AI Congress: USA

When

2019年6月13-14日

Where

米国、ニューヨーク
Stewart Hotel

5th Digital Pathology & AI Congress: USA
-第5回デジタルパソロジー・AI学会:米国大会-
開催日:2019年6月13-14日
開催地:米国ニューヨーク、Stewart Hotel
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス
更新履歴
2019/05/10
イベント情報更新
2019/04/12
講演者・スポンサー更新
2019/03/22
講演者・スポンサー更新
2019/02/26
講演者・スポンサー更新
2019/02/12
アジェンダ・スポンサー更新

5th Digital Pathology & AI Congress: USA

デジタルパソロジーと人工知能 (AI) の活用による病理診断の進歩と患者ケアの改善

Global Engageは、デジタルパソロジーをテーマにした一連の学会の成果を踏まえ、第5回Digital Pathology & Al Congress USAを、2019年6月13日から14日まで米国のニューヨーク市で開催します。

近年米国では、画像解析に用いられるAIなどの有望な技術が開発されているほか、病理診断をデジタル化することが可能なPhilips IntelliSite Pathology Solutionを米食品医薬品局 (FDA) が承認するなどの動きもあり、デジタルパソロジーが一躍脚光を浴びるようになっています。またホールスライドイメージング、自動分析法、遠隔医療相談などの分野でも進化が続いており、病理診断の分野で、新たな技術の登場による革命的な変化への期待が高まっています。

デジタルパソロジーの多様な分野に携わっている専門家が集まるこの学会では、AIと機械学習の利用を含むデジタル画像処理技術や画像解析法の新たな進歩について考えるセッション、病理診断にAIを導入する取り組みについて双方向で意見を交換する50分間のセッションなどが予定されており、デジタルパソロジーの導入と実用化、ワークフローを成功裏に実現するための戦略などをテーマにした分科会が2日間の会期を通じて展開されます。

2019年の主な講演者:

> 講演者全員のリスト

概要

  • 製薬会社の幹部や主要な研究者による30件以上の講演が予定されています。
  • 各種交流イベントが延べ7時間以上予定されています。
  • 関連組織の上級幹部による2件のパネルディスカッションが行われます。
  • 9件のグループ討論が行われます。
  • デジタルパソロジー分野の技術プロバイダーやソリューションプロバイダーが多数出展する展示会が開催されます。
  • ポスター発表およびポスター発表コンテストが行われます。
Find out more

講演者

2019年の講演者

ワークショップ

Pre-Conference Site Visit: Memorial Sloan Kettering Cancer Center Tour

When

2019年6月12日

Where

米国、ニューヨーク
Memorial Sloan Kettering Cancer Center

Memorial Sloan Kettering Cancer Center Site Visit

Wednesday 12th June 2019 - For Registered Participants Only

Numbers strictly limited. Available on a first come first served basis. Time slot for your site visit will be allocated at least two weeks before the event.

Tours will take place at:

Session 1 – 9am – 10.30am 

Session 2 – 11am – 12.30 pm

Session 3 – 2pm – 3.30pm

Session 4 – 5pm – 6.30pm

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Pre-conference workshop: Aiforia

When

2019年6月12日
5pm-9pm

Where

米国、ニューヨーク
Stewart Hotel

Demystifying Deep Learning AI and Digital Pathology:

Demystifying Deep Learning AI and Digital Pathology:

DEMOCRATIZING AI AND EMPOWERING THE PATHOLOGIST

Your one-stop workshop will help you to understand and deploy intelligent solutions with ‘Aiforia Create’ Deep Learning Pathology. With a hands on experience to ensure you are trained to achieve precise active annotations and understand how different annotation mistakes affect your results.

The hands-on part is run as a friendly competition and the lowest error rate walks away with a prize and bragging rights.

Takeaways

  • A road map for implementation of Deep Learning solutions for your Digital Pathology workflow.
  • A deep understanding for the importance of ‘high quality, not high quantity’ of training data.
  • Understand how to structure algorithms,
  • Train your own Deep Learning Neural Network, Live, On the Premises.

Join the discussion and share your thoughts and ideas with us and the invited guest speakers

3 TALKS

Thomas Westerling-Bui, Ph.D. , Senior Scientist, Aiforia Inc

Digital Pathology for drug development in the age of unlimited analysis design possibilities

Automated analysis can improve precision and recall, as well as reduce inter- and intra-operator differences. This leads to increased effect size and likelihood to get a measure of the true effect size of an experimental drug treatment.

Gillian Beamer, Assistant Professor, Tufts University

End user developed Deep Learning algorithms for the analysis of Lung granulomas in experimental tuberculosis.

Exploring the utility of domain expert driven Deep Learning algorithms to study Host Response to virulent M. tuberculosis including algorithms to delineate and segment granuloma and necrosis in hematoxylin and eosin (H&E) stained lung tissue from M. tuberculosis-infected Diversity Outbred mice.

  • Examples of user generated Deep Learning algorithms in pre-clinical research models.
  • Paths to algorithm validation
  • Path to deploying Create for yourself or your team

Peter Westcott, Postdoctoral fellow, Koch Institute for Integrative Cancer Research

Deep neural network for automatic histopathological analysis and grading of murine lung tumors

A demonstration that deep neural networks can be used for automated analysis and grading of preclinical models of lung cancer and an exploration of how this powerful technology has the potential to increase the throughput, sensitivity and reproducibility of hypothesis-driven studies of factors influencing tumor progression and immune response in mouse models of lung cancer.

  • What happens when an entire lab at MIT uses one unifying digital pathology algorithm instead of multiple individual human operators.
  • Development of a tumor grading algorithm that is robust against known usual tissue artefacts.
  • Paths to Algorithm Validation

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Pre-conference workshop: Akoya Biosciences

When

2019年6月12日
12pm-4pm

Where

米国、ニューヨーク
Stewart Hotel

Phenoptics 2.0 with MOTiF
Enabling Better Spatial Biomarker Discovery

 

Multiplex immunofluorescence (mIF) assays have enabled the assessment of complex biological interactions between cellular phenotypes within their native microenvironments. However, regardless of plexing level, the quantitative analysis of mIF tissue sections and tumor microarrays is typically made challenging by the co-localization of signals of interest, by spectral cross-talk between fluorophores, and by the presence of autofluorescence. Whole Slide Multispectral Imaging (MOTiF) is a powerful imaging tool that address all of these challenges, permitting visualization, analysis, and accurate quantification of specific biomarkers on a per-cell basis, along with techniques that enable the phenotyping of an extremely wide variety of cell types in situ in solid tissue. What’s more, it enables the quantification of weakly expressing and overlapping biomarkers within cells and cellular compartments that cannot be identified using traditional imaging and analysis techniques, as well as the ability to isolate autofluorescence from desired signal. A growing body of work indicates that the use of multispectral unmixing in the analysis of mIF assays results in improved understanding of the underlying biology of disease and permits more accurate quantification of the relationships between specific cell types.

Takeaways:

  1. The challenges associated with quantitative immunofluorescence in intact FFPE tissue sections and TMAs
  2. A deep understanding of how multispectral unmixing isolates desired signal from background autofluorescence
  3. The relationship between fluorophore plexing level and visualization of underlying biology within tissues
  4. How phenotypic spatial metrics can enable better prediction of immunological therapeutic responses

 

Speakers

Daniel Eversole, PhD (Product Manager, Phenoptics Software, Akoya Biosciences)

Valeria Mezzano, MD, PhD (Research Scientist, Department of Medicine, NYU Langone Medical Center)

Michael Surace, PhD (Scientist II, AstraZeneca)

Dan Walker, (Product Manager, Phenoptics Instruments, Akoya Biosciences)

Linden Wyatt, PhD (Technical Application Scientist, Akoya Biosciences)

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

アジェンダ

デジタルパソロジーの多様な分野に携わっている専門家が集まるこの学会では、デジタル画像解析の分野における人工知能 (AI) の利用や3次元画像解析などの画像解析法について考えるセッションが予定されており、デジタルパソロジー導入のための実務に焦点を絞り込んだセッションやケーススタディを紹介するセッションが2日間の会期を通じて展開されます。

Digital Pathology & Al Congressは、欧州、米国、アジアで開催されており、59の国々から2,500人を超える病理学の専門家が集まります。

2019年のみどころ

前回までの学会に出席された方々のご要望にお答えするため、今度の学会では、AIについて解説する医療従事者向けのワークショップが加わります。このワークショップは、AIについて理解し、病理診断への応用の可能性や現状についての認識を深めることができるセッションであり、ラトガースニュージャージー医科大学の生物物理学病理診断センター初代所長で、病理学の名誉教授であり、ペンシルベニア大学の非常勤教授でもあるStanley Cohen氏が講師を務めます。

アジェンダのダウンロード (PDF)

スポンサー

2019年のスポンサー

スポンサーのリスト

開催地

Stewart Hotel

371 7th Ave, New York, NY 10001, USA

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。製薬会社や研究機関の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして公表することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で多くの注目を集めることができる貴重な機会となります。

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

ポスター発表コンテスト−参加申込期限:5月10日

  1. 期限内に参加申込を行ってください (1人につき1件のみ応募可能) 。
  2. 審査により2人の優勝者が選ばれます。
  3. コンテストの優勝者は、メインカンファレンスのなかで15分間の講演を行うことができます。優勝者には、事前に通知されます。
  4. 審査員は、提出されたポスター発表の要旨を基に優勝者を決定します。
  5. 優勝者には、主催者から認定書が手渡されます。
  6. この学会は英語で行われます。
  7. ソリューションプロバイダーに所属されている方は、コンテストに応募することができませんが、会場内でポスター発表を行うことは可能です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォーム (下記のリンクからダウンロードできます) にご記入のうえ、2019年5月10日までに提出してください。コンテストに参加せず、ポスター発表のみを希望される場合には、5月24日が申込期限となります。期日前であっても、スペースがすべて埋まった時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。ご不明な点は、お問い合わせください。

スポンサー

2019年のスポンサー

前回までの学会に参加された方々の声

Perfect talks

I liked the program and the speakers. The length of the talks and amount of material was perfect. I liked the mix of biotech, company and academic speakers. I also liked the collegial and friendly atmosphere during the meeting.

Beatrice Knudsen

Professor, Biomedical Sciences and Pathology and Laboratory Medicine, Director, Translational Pathology, Cedars Sinai Medical Center

Engaging speakers

There was a wide range of speakers, perfect amount of time per topic and good mix of short and long sessions. The speakers were engaging and truly spoke to audience across pretty diverse fields.

Erin Brannick

Assistant Professor, Director of Comparative Pathology Laboratory, Department of Animal & Food Sciences, University of Delaware, USA

Great mix

There was varying lecture content - a mixture of technical and research, and the inclusion of a FDA spokesperson to clarify some of the issues.

Kathleen Whitney

Attending Pathologist, Montefiore Medical Center, USA

Excellent opportunity

I liked the mix of image scientists, pathologists and companies. It was an excellent opportunity to meet a diverse group in digital pathology.

Lenore McMackin

President & CTO at InView Technology Corporation, USA

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることにより、打ち解けた雰囲気のなか専門家と意見を交換しながら、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。それぞれのニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する相手に会うことができます。Global Engageは、会談相手の選定作業を支援するため、学会開幕10日前に出席者全員のリストを提供し、出席者側の希望を聞いたうえで会期中の個別会談のスケジュールを調整します。また会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアですべての出席者に技術や製品を披露することができます。展示会エリアは、休憩や昼食、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
スポンサーの募集

詳細は株式会社グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

ビザを含む渡航手続き、展示品等の通関手続きは各出展社様ご自身の責任にて行って頂くようお願い申し上げます。

出展関連のお手配(会社紹介、会社ロゴ、また参加者一覧の提出等の出展社情報登録、ブース装飾・備品発注、展示品の搬入出・ブース周り書類提出、損害保険など)に関しては、お手数ですが直接、主催者へご連絡頂ければ幸いです。

ご旅行(宿泊、航空券)、現地通訳、渡航・損害保険加入などについてはそれぞれ専門の業者をご案内させて頂きます。

Digital Pathology & Al Congress: USAのスポンサーの詳細については、お問い合わせください。

メディアパートナー

  • 247 Updates
  • Bentham Science
  • Biocompare
  • Global Information
  • The Pathologist
  • Pharma Journalist
  • PharmaVOICE
  • SciDoc Publishers
 
メール配信サービス