2nd Global Bioprocessing, Bioanalytics and ATMP Manufacturing Congress

When

2019年5月20-21日

Where

アイルランド、ダブリン
Hotel Riu Plaza The Gresham Dublin

2nd Global Bioprocessing, Bioanalytics and ATMP Manufacturing Congress
-第2回世界バイオプロセス、生物学的分析、先端医療医薬品製造学会-
開催日:2019年5月20-21日
開催地:アイルランド、ダブリン、Hotel Riu Plaza The Gresham Dublin
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新履歴
2019/04/09
講演者・スポンサー更新
2019/03/19
講演者・スポンサー更新
2019/02/26
講演者・スポンサー更新
2019/02/12
アジェンダ・講演者・スポンサー更新
2019/01/11
講演者更新

2nd Global Bioprocessing, Bioanalytics and ATMP Manufacturing Congress

生物製剤および細胞治療薬、遺伝子治療薬の効率的な製造を加速させる次世代の技術と新たな製造戦略の探求

概要

生物製剤の生産は近年未曽有の成長を見せており、もはや製薬業界の中核となっていますが、製造プロセスには未だ数多くの克服すべき障害があります。将来の医療に対し大きな潜在力が期待できる、複合的な生物製剤や先進的な医薬品の効率的な製造には新たな技術や戦略が必要となります。また、高い基準の品質を維持しながら市場への投入を行わなければなりません。

当会議では、生物製剤やバイオシミラーにまつわる製造プロセスや薬事規制上の課題だけでなく、細胞治療薬や遺伝子治療薬の製造に特化した分科会も開催される予定となっています。細胞株開発、単回使用技術、連続プロセシング、自動化システム、リアルタイムモニタリング、CMC/GMP、QbD戦略、精製の最適化、スケールダウンモデルやスケールアップの効果的な戦略といったバイオプロセシングやプロセス解析に関するあらゆる分野の専門家が集まり、生物製剤の生産における最新の技術的、理論的な開発についての検証を行います。

+ 関連企業や研究機関の幹部による40以上の講演が行われます。
+ 各種の交流イベントが延べ7時間以上予定されています。
+ 専門家が中心となった小グループでの討論や、双方向のパネルディスカッションが予定されています。

Discover More

講演者

2019年の講演者

アジェンダ

幅広いトピックを網羅しながら2日間にわたって行われるこの学会では、4つの分科会でおよそ30の講演が予定されています。この学会は、各分野の専門家が現在進行中の重要な動きについて検討することができる貴重な機会となっており、ワクチン製剤の自動化、精製技術、T細胞製造技術、糖鎖解析技術などのトピックが取り上げられます。

アジェンダのダウンロード (PDF)

スポンサー

2019年のスポンサー

スポンサー一覧

開催地

Hotel Riu Plaza The Gresham Dublin

23 O’Connell Street Upper, North City, Dublin, D01 C3W7, Ireland

スポンサー

2019年のスポンサー

メディアパートナー

  • 247 Updates
  • Bentham Science
  • Biocompare
  • Global Information
  • Pharma Journalist
  • PharmaVOICE
  • SciDoc Publishers

スポンサーの募集

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する相手に会うことができます。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能です。また、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることができるほか、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアですべての出席者に技術や製品を披露することができます。展示会エリアは、休憩や昼食、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
スポンサーの募集

詳細は株式会社グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

ビザを含む渡航手続き、展示品等の通関手続きは各出展社様ご自身の責任にて行って頂くようお願い申し上げます。

出展関連のお手配(会社紹介、会社ロゴ、また参加者一覧の提出等の出展社情報登録、ブース装飾・備品発注、展示品の搬入出・ブース周り書類提出、損害保険など)に関しては、お手数ですが直接、主催者へご連絡頂ければ幸いです。

ご旅行(宿泊、航空券)、現地通訳、渡航・損害保険加入などについてはそれぞれ専門の業者をご案内させて頂きます。

Global Bioprocessing, Bioanalytics and ATMP Manufacturing Congressのスポンサーの詳細については、お問い合わせください。

 
メール配信サービス