4th Probiotics Congress: Asia

When

2019年3月6-7日
Registration from 8am

Where

台湾
Regent Taipei Hotel

4th Probiotics Congress: Asia
-第4回プロバイオティクス学会:アジア大会-
開催日:2019年3月6-7日
開催地:台湾、Regent Taipei Hotel
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス

4th Probiotics Congress: Asia

Co-hosts

プロバイオティクスのさまざまな菌株を使って製造された栄養補助食品は、すでに確固たる地位を築いており、「栄養補給の支援」を提供する製品として広く認知されています。一方、アジア太平洋地域の多様性 (地理的、文化的、経済的) が人々の腸内マイクロバイオームにも差異を生じさせており、有効に機能するプロバイオティクスが食物アレルギーを管理するための効果的な手段となるだけではなく、特定の障害や疾病の治療を可能にするとの期待も高まるなか、重要な要因として注目されています。

第4回Probiotics Congress Asiaは、こうした背景を踏まえつつ、台湾の国立中央大学および国立交通大学と共同開催されることになっており、2019年3月6日から7日まで台湾の台北市内にある会場で 5th Microbiome R&D and Business Collaboration Congress: Asiaと同時併催されます。

プレバイオティクスやプロバイオティクスとマイクロバイオームが接する分野は、研究領域として多くの関心を集めるようになっています。早期の研究では、プロバイオティクスがディスバイオーシス (腸内菌共生バランスの失調) を予防するための有望な手段になる可能性が示唆されています。興味深い研究の一例といえるのが、プロバイオティクスが乳幼児期に形成されたマイクロバイオームを回復させることで、抗生物質耐性や病原性遺伝子が大幅に減少し、大腸のpH値が低下し、腸内病原菌が減少するなどの直接的な影響が生じる可能性を指摘した米国での研究です。

2つの学会が同時併催されることで、マイクロバイオームとプロバイオティクスに関する研究が交差するという状況が実現し、これまでになかったようなチャンスが生まれます。

アジア地域に焦点を絞り込んだこの学会は、腸内マイクロバイオームに関するプロジェクトの最新情報に触れることができる貴重な機会であり、研究成果の商品化に取り組んでいるアジアをはじめとする世界各地域の主要な研究者や関連企業の幹部が一堂に会する見逃すことのできないイベントです。

> 2019年のすべての講演者

概要

知識を出し合い、人脈を拡大するための時間とスペースを提供するこの学会は、長期にわたって持続する有意義な関係を発展させながら、多くの知識を吸収することができるよう考えられています。2日間の会期中は、プロバイオティクス菌株についての注目すべき研究成果が数多く紹介されるほか、効能を発揮させ、効果的な製造方法やパッケージ、貯蔵プロセスを実現するための戦略も示されます。

また、他の出席者と交流を深めるためのセッション、各分野の専門家によるケーススタディの発表、ベンダー各社が技術やソリューションを披露する展示会、重要課題についてのパネルディスカッションなども予定されており、見逃すことのできないイベントとなっています。

講演者

2019年の講演者

アジェンダ

プロバイオティクスをテーマに2日間にわたって行われるProbiotics Congress Asiaでは、健康体と病体でのプロバイオティクス、発酵食品、プレバイオティクスとプロバイオティクス、シンバイオティクスなど、さまざまなトピックを網羅する20以上の講演が予定されています。4年目を迎えるこの学会は、研究面の情報交換と協力を促進するための基盤となるイベントであり、新たなトピックや個々の分野の動向などをめぐって研究者が活発な議論を展開します。今度の学会では、パネルディスカッションやグループ討論などの多彩なセッションが予定されており、プロバイオティクスと疾病、菌株同定、製品供給といったプロバイオティクス研究に関連する興味深いトピックが取り上げられます。

スポンサー

2019年のスポンサー

スポンサー一覧

開催地

Regent Taipei Hotel

No. 3, Lane 39, Section 2, Zhongshan North Road, Zhongshan District

Taipei City, Taiwan 10491

前回までの学会に参加された方々の声

この学会についての参加者の感想

Good session duration

The session duration for each topic was just nice – not too long and not too short. The variety of topics was also good.

BeeHoang Gan

Senior Researcher, Procter & Gamble

Well organised

It’s a very well organized conference with a great venue, food and great set of talks.

Pradeep Dudeja

Professor of Physiology, Division of Gastroenterology & Hepatology, University of Illinois, Chicago, USA

スポンサー

2019年のスポンサー

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることにより、打ち解けた雰囲気のなか専門家と意見を交換しながら、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。それぞれのニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する出席者に会うことができます。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアですべての出席者に技術や製品を披露することができます。展示会エリアは、休憩や昼食、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
スポンサーの募集

詳細は株式会社グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

ビザを含む渡航手続き、展示品等の通関手続きは各出展社様ご自身の責任にて行って頂くようお願い申し上げます。

出展関連のお手配(会社紹介、会社ロゴ、また参加者一覧の提出等の出展社情報登録、ブース装飾・備品発注、展示品の搬入出・ブース周り書類提出、損害保険など)に関しては、お手数ですが直接、主催者へご連絡頂ければ幸いです。

ご旅行(宿泊、航空券)、現地通訳、渡航・損害保険加入などについてはそれぞれ専門の業者をご案内させて頂きます。

Probiotics Congress: Asiaのスポンサーの詳細については、お問い合わせください。

出席者、パッケージ、新たな募集などについての詳細な情報は、お問い合わせください。このイベントについて評価を行うために必要となる情報をお送りいたします。

メディアパートナー

  • Acubiz Consulting
  • Pharma Focus Asia
  • Pharma Licensing
  • Clocate.com
  • KC Microbiome Communications Group
  • Biosciences Biotechnology Research Asia
  • APBN – Asia Pacific Biotech News

後援パートナー

Supporting Partners : The Japanese Society for Probiotic Science (JSPS) and Taiwan Association for Lactic Acid Bacteria (TALAB)

  • Japanese Society for Probiotic Science (JSPS)
  • Taiwan Association for Lactic Acid Bacteria (TALAB)
 
メール配信サービス