5th Digital Pathology & AI Congress

When

2018年12月6-7日

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

5th Digital Pathology & AI Congress
-第5回デジタルパソロジー・AI学会:欧州大会-
開催日:2018年12月6-7日
開催地:英国ロンドン、London Heathrow Marriott Hotel
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

5th Digital Pathology & AI Congress

AIとデジタルパソロジー技術の活用により病理診断の進歩と患者治療体制の強化を実現

Global Engage主催の第5回Digital Pathology & AI Congressが、2018年12月6日から7日まで開催されます。前回の学会では、420人以上の出席者と35の出展者が集まりました。今回も多数の参加が予想されるため、早期の参加登録をお勧めします。

この学会は、最先端の戦略、分析法、ケーススタディの対象となる事例や手法について学ぶことができる貴重な機会を提供するもので、技術とそれに付随するインフォマティクスツールや画像解析ツールについて理解を深めることにより、デジタルパソロジーが持つ大きな可能性を引き出すことができます。

2018年の学会では、人工知能 (AI) やコンピュテーショナルパソロジーなどの新たな領域に光が当てられるほか、最新のケーススタディや応用分野なども紹介されます。会期中は、最新の成果を盛り込んだ研究発表に加え、活気あふれる展示会も予定されており、多くの技術プロバイダーがさまざまな製品やソリューションを披露します。また休憩時間を利用して他の出席者と交流したり、ポスター発表セッションに参加したり、パネルディスカッションのなかで率直な意見交換を行ったりすることもできます。デジタルパソロジーの導入と統合に関する詳細な情報を収集し、ワークフローの強化を可能にする提携相手やツールを探し、自動画像解析技術の最新動向を把握することができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

2018年12月5日には、前回好評だったプレカンファレンスワークショップが行われます。このワークショップには、追加費用なしで参加できますが、人数が限られているため、今後詳細な内容が明らかになった時点で早期に参加登録されるようお勧めします。

2018年の主な講演者

> 講演者全員のリスト

概要

2日間にわたって行われるこの学会では、以下のような分科会が設定されています:

講演者

2018年の講演者

ワークショップ

Workshop: Indica Labs

When

2018年12月5日
5pm-9pm

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

5th Annual London Quantitative Pathology and HALO User Group Meeting Hot Topics in Immuno-oncology and Deep Learning

Indica Labs is pleased to announce our 5th Annual London Quantitative Pathology Symposia and HALO User Group Meeting to be held in conjunction with the Digital Pathology & AI Congress in London on the 5th December 2018 from 5 to 9 PM. Dinner will be served to all pre-registered attendees - limited space available.

Presenters representing global academic medical centers, biotech, and pharmaceutical organizations will discuss how they use Indica Labs’ HALO and HALO AI image analysis software to achieve their research objectives in quantitative digital pathology. This year our speaker line-up will emphasize immuno-oncology research applications and deep learning capabilities. Additionally, Indica Labs will introduce and demonstrate exciting new software features which will greatly expand our multiplexed fluorescent analysis and tissue classification capabilities.

You do not need to be a current HALO user or Indica Labs customer to attend. We welcome anyone who is interested in learning more about Indica Labs' quantitative digital pathology solutions to register for the meeting.

Speakers:

Targeting Immuno-oncology Markers in the Tumor Microenvironment
Dr. Travis Hollmann, MD, PhD
Pathologist and Director if Advanced Immunomorphology Platforms
Memorial Sloan Kettering Cancer Center

Using HALO AI to evaluate drug induced GI toxicity
Daniel Sutton
Senior Scientist Pathology Sciences, AstraZeneca

Profiling lymphocyte and macrophage infiltration in association with tumour budding to personalise stage II colorectal cancer prognosis
Ines Nearchou
Research fellow – Immuno-oncology
University of St. Andrews

Title TBD
Dr. Francesca Trapani, DVM
Laboratory Head, Molecular Pathology Biomarker Group
Boehringer Ingelheim

Workshop: Leica Biosystems

When

2018年12月5日
12pm-4pm

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

Leica Biosystems Aperio Digital Pathology & AI Workshop

Agenda

  • 12.00pm – Welcome – Stephanie McCallion, Regional Sales Manager South UK & Ireland, Leica Biosystems
  • 12.10pm – Leica Biosystems VISION24 – Marco van der Linden, EMEA Market Development Manager, Leica Biosystems
  • 12.35pm – Leica Biosystems' Digital Pathology Portfolio – Vince Marazzo, ePathology Sales Specialist, Leica Biosystems
  • 1.15pm – Guest Speaker
  • 2.00pm – Lunch with buffet
  • 3.00pm – Artificial Intelligence: Leveraging 10 Year' Experience in the Aperio Platform to Deliver to You the Next Generation of Automated Tissue Classification – Marie-Louise Loupart, Image Analysis Specialist, Leica Biosystems
  • 3.45pm – Summary and Close – Stephanie McCallion, Regional Sales Manager South UK & Ireland, Leica Biosystems
  • 4.00pm – Finish

Workshop: Olympus

When

2018年12月7日
11.45am - 1pm

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

NEW SOLUTIONS FOR DIGITAL PATHOLOGY" – SOLUTIONS FOR COMPLEX ANALYSIS

More details coming soon

Workshop: Philips

When

2018年12月6日
2.20pm - 3.35pm

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

MANAGING LARGE CASES IN DIGITAL PATHOLOGY

100% digital sign-out of clinical cases is already a practice today in some leading pathology laboratories in Europe. Digital pathology allows direct access to all the images and information for a specific case. But how to not get lost in all of the images and best navigate through large and complex cases efficiently? Juan Retamero, Pathologist in Granada Hospital and Dirk Verhagen User Interface Designer at Philips, will explain how this issue is addressed with pathologist-centric case presentation & viewing tools in the new release of Philips IntelliSIte Pathology Solutions image management system.

Presenters:

JUAN ANTONIO RETAMERO DIAZ, Pathologist, Granada Hospital

DIRK VERHAGEN, Chief Product Owner & User Experience Researcher, Philips

Workshop: PRS

When

2018年12月6日
4.55pm - 6.15pm

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

UNIVERSAL ANTIGEN TARGET A SINGULAR REPLACEMENT FOR A SEA OF ANTIGEN TARGETS

Laboratories often support in excess of 100 primary antibodies for use in IHC processing. Each automated IHC stainer manufacturer has their own suite of antibody reagents of which many are unique to each stainer. A process control slide needs to monitor both the antibody and secondary stain reagents. However, supporting such a large and ever-changing suite of antigen targets is impractical and cost prohibitive. A universal antigen target addresses this logical impasse, the solution and test results to be presented.

アジェンダ

2日間の会期中には、以下の各分野に関するおよそ40件の研究発表が行われる予定です:

  • デジタルパソロジー−戦略と技術
  • コンピュテーショナルパソロジーとAI
  • デジタル画像解析
  • デジタルパソロジーの応用と研究のケーススタディ

また、Philips Digital Pathology Solutionsの幹部が進行役を務めるライブパネルディスカッション、デジタルパソロジーの分野におけるAI活用の可能性をテーマにした拡大パネルディスカッションなども予定されています。

1日目の夕方には、講演者、出席者、展示会に出展している大手ソリューションプロバイダーの幹部などを交えたレセプションが行われます。

ポスター発表への応募についても、ご検討いただきますようお願いいたします。

スポンサー

2018年のスポンサー

スポンサーのリスト

開催地

London Heathrow Marriott Hotel

London Heathrow Marriott900

Bath Road, Heathrow Airport Hayes,
UB3 5AN, United Kingdom

前回までの学会に参加された方々の声

Wonderful speakers

There is a wonderful set of speakers and a great audience, really engaged in the field and helping promote the future of digital pathology.

Liron Pantanowitz

Professor of Pathology and Biomedical Informatics, University of Pittsburgh, USA

Essential socialising

The quality of talks was absolutely excellent with some very good opinion leaders and speakers. The event left plenty of time for the socialising element that is so essential to these meetings.

Olga Colgan

Director of Commercial Marketing, Aperio ePathology, Leica Biosystems

Exciting panel

The panel was really exciting and very well attended. I found the scientific content of this meeting to be extremely high and I certainly appreciate the strong level of industry support and the level of discussion and dialogues that has taken place at this meeting. One of the best of the year, certainly.

Keith Kaplan

Chief Medical Officer, Corista, Practicing Pathologist, Publisher,

High calibre

This has been a very good meeting. There is a high calibre of science and of new platforms and techniques that people in the industry are performing. There is a nice mix of academic and industrial speakers.

Stephen Schmechel

Associate Professor, Department of Pathology, Chief of Cytopathology and Assistant Dean for Research, University of Washington School of Medicine

Best Content

I'm fortunate to attend a lot of pathology meetings and a lot of digital pathology meetings. This meeting has the best content and the best speakers, probably one of the best informative meetings of the year with very, very strong and growing industry support thanks to all of you. They squeezed in a lot in 2 days but I think the meeting really works.

Keith Kaplan

Chief Medical Officer, Corista, Practicing Pathologist, Publisher,

学会のスポンサー

2018年の学会のスポンサー

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることにより、打ち解けた雰囲気のなかで専門家と意見を交換しながら、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。個々のニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する相手に会うことができます。Global Engageは、会談相手の選定作業を支援するため、学会開幕10日前に出席者全員のリストを提供し、出席者側の希望を聞いたうえで会期中の個別会談のスケジュールを調整します。また会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアで多くの出席者に技術や製品をアピールすることができます。展示会エリアは、休憩や昼食会、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
スポンサーの募集

詳細は株式会社グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

ビザを含む渡航手続き、展示品等の通関手続きは各出展社様ご自身の責任にて行って頂くようお願い申し上げます。

出展関連のお手配(会社紹介、会社ロゴ、また参加者一覧の提出等の出展社情報登録、ブース装飾・備品発注、展示品の搬入出・ブース周り書類提出、損害保険など)に関しては、お手数ですが直接、主催者へご連絡頂ければ幸いです。

ご旅行(宿泊、航空券)、現地通訳、渡航・損害保険加入などについてはそれぞれ専門の業者をご案内させて頂きます。

Digital Pathology Congressのスポンサーの詳細については、お問い合わせください。

出席者、パッケージ、新たな募集などについての詳細な情報は、お問い合わせください。このイベントについて評価を行うために必要となる情報をお送りいたします。

メディアパートナー

Working in partnership with

  • Biocompare
  • GEN
  • Global Information
  • International Journal of Biomedical Engineering & Technology
  • International Journal of Computational Biology and Drug Design
  • International Journal of Image Mining
  • The Pathologist
  • Pharma Journalist
  • PharmaVOICE
  • Pink Medico
  • Swiss Biotech Association
  • Technology Networks
  • 247 Updates

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。製薬会社や大学の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして提供することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で多くの注目を集めることができる貴重な機会となります。

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

企業に所属されている方がポスター発表を行う場合、100ポンドの管理費を請求させていただきます。このなかには、ポスター発表のエリアを確保するための費用やデイスプレイボードの費用、各種案内の費用などが含まれます。なお、研究機関や非営利組織の発表者は無料です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォームにご記入のうえ、2018年11月23日までに提出してください。期日前であっても、スペースがすべて埋まった時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。詳細は、お問い合わせください。

 
メール配信サービス