2nd Global Pharma R&D Informatics and AI Congress

When

2018年10月29-30日
Registration from 8am

Where

英国、ロンドン
Radisson Blu Edwardian Heathrow

 
2nd Global Pharma R&D Informatics and AI Congress
-第2回世界医薬品研究開発インフォマティクス・AI学会-
開催日:2018年10月29-30日
開催地:英国、ロンドン、Radisson Blu Edwardian Heathrow
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

2nd Global Pharma R&D Informatics and AI Congress

創薬の発展に貢献するAIやデータ解析など各種インフォマティクスツールの進歩

Global Engage主催の第2回Global Pharma R&D Informatics and AI Congress: Europeが、2018年10月29日から30日まで、英国のロンドンで、 2nd Medicinal Chemistry Summit: Europeと同時併催されます。前回の学会では、製薬会社や研究機関の幹部など250人以上の出席者が集まっており、これらの出席者のフィードバックを生かして開催される今度の学会はこれまで以上に充実したものとなります。

製薬会社やバイオテクノロジー企業は、現在ビッグデータという課題に直面しています。膨大な量のデータが絶えず生成される状況に対応するため、新技術を開発し、新たな戦略を駆使しながら、これらの情報を効果的に構造化し、分析し、統合する必要に迫られているのです。医薬品の開発は、時間との戦いであり、多額の資金も必要ですが、AI、データ解析、システムインテグレーションなどの分野で研究開発が進めば、対象を絞り込んだ効果的な治療法の開発能力を大幅に伸ばすことができます。製薬業界におけるコンピューター技術の大きな変化に対応するこの学会は、医薬品研究開発のためのITや創薬インフォマティクスなどに関連するあらゆる領域に携わっている専門家が一堂に会するイベントであり、7時間を超える各種の交流イベントを通じて新たな人脈を築くことができます。

2018年の主な講演者:

学会の概要

主な特長:

  • 製薬会社と研究機関の幹部による40件以上の講演が予定されています。
  • 各種の交流イベントが7時間以上予定されています。
  • 各分野の専門家が進行役を務めるグループ討論やパネルディスカッションが予定されています。
  • 双方向での意見交換の場となる展示会が開催されます。
  • 第2回Medicinal Chemistry Summit: Europeと同時併催されます。

講演者

2018年の講演者

アジェンダ

The 2nd Global Pharma R&D Informatics & AI Congress, featuring nearly 40 presentations will provide experts with an exceptional environment in which to debate the key issues facing them today. These include the future of AI and machine learning in pharma, complex data analytics & method development and data storage, management & integration strategies.

An extended panel discussion will explore the barriers to AI, while 7 roundtable discussions, led by experts, will enable a deeper investigation of subjects such as the potential of blockchain in pharma, translational informatics & internal data sharing strategies and ELN and LIMS development to name just three.

アジェンダのダウンロード

スポンサー

スポンサーのリスト

開催地

Radisson Blu Edwardian Heathrow

Radisson Blu Edwardian Heathrow Front900

140 Bath Rd, Harlington
Hayes UB3 5AW

学会のスポンサー

2018年 学会のスポンサー

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることにより、打ち解けた雰囲気のなかで専門家と意見を交換しながら、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。個々のニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する相手に会うことができます。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアで多くの出席者に技術や製品をアピールすることができます。展示会エリアは、休憩や昼食会、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
スポンサーの募集

詳細は株式会社グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

Global Pharma R&D Informatics and AI Congressのスポンサーの詳細については、お問い合わせください。

出席者、パッケージ、新たな募集などについての詳細な情報は、お問い合わせください。このイベントについて評価を行うために必要となる情報をお送りいたします。

メディアパートナー

Working in partnership with

  • 247 Updates
  • Bentham Science
  • Biocompare
  • Global Information
  • Hospitals Management
  • International Journal of Computational Biology and Drug Design
  • International Journal of Functional Informatics and Personalised Medicine
  • Pharmaceutical Tech
  • PharmaVOICE
  • Pink Medico
  • Swiss Biotech Association
  • Technology Networks
 
メール配信サービス