Partnerships in Biocontrol, Biostimulants & Microbiome Congress

When

2017年11月2-3日

Where

米国、フィラデルフィア
Wyndham Philadelphia Historic District

 
Partnerships in Biocontrol, Biostimulants & Microbiome Congress
-生物的防除、生物刺激剤、微生物叢パートナーシップ学会-
開催日:2017年11月2-3日
開催地:米国、フィラデルフィア
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログダウンロード
カタログ(PDF)

第2回Partnerships in Biocontrol, Biostimulants & Microbiome Congress

作物の保護と生育を目的とした農業用生物製剤に関する最新の研究成果を活用するための協力関係構築

Global Engageは、前回開催した学会の成果を踏まえ、第2回Partnerships in Biocontrol, Biostimulants & Microbiome - Where Science Meets Businessを、2017年11月2日から3日まで米国ペンシルベニア州フィラデルフィアで開催します。

この学会は、第5回Plant Genomics & Gene Editing Congress USAと同時併催されます。

生物学的製剤の開発に携わっている専門職、植物や微生物を利用したプロセスの研究者などを対象としたこの学会は、植物科学分野における最新の研究成果や技術について学び、意見を交換し、寄与することができる貴重な機会となっています。2日間の会期中には、休憩時間を利用して他の出席者と意見を交換したり、各分野の専門家によるケーススタディの発表を聞いたり、活気あふれる展示会ホールでベンダー各社が出展する最新の技術やソリューションに触れたりすることができるほか、グループ討論に参加して重要な問題を深く掘り下げたり、パネルディスカッションのなかで意見を述べたりすることも可能です。

学会の概要

農業分野で持続可能性重視の傾向が強まるなか、農業用生物製剤の業界が急成長を遂げています。農業分野における生物製剤の利点は大きく、技術や研究の進展に伴って農業用生物製剤の注目度も高まっていることから、活気溢れるこの業界への参入を検討したり、調査を行ったりする動きも拡大しています。

今度の学会では、この分野の最新動向を反映させるため、植物と土壌の微生物叢に関するプログラムを拡充します。このうち、各分野の専門家が進行役を務めるグループ討論では、メタゲノミクス、生物刺激剤に対する規制、精密農業、商業化と事業開発、製品の処方、貯蔵と配送、産学連携などのトピックに関するセッションが追加されることになっており、踏み込んだ議論を展開することができます。

この学会は、生物的防除や生物刺激剤、微生物叢などの研究に携わっている企業や大学の上級幹部同士の連携促進に重点を置いたもので、成長を続ける生物製剤業界の最新の技術や戦略、研究成果などをめぐり、170人を超える出席者が活発な議論を展開します。

  • 植物と土壌の微生物叢
  • メタゲノミクス
  • 天敵
  • 植物/真菌抽出物
  • 規制、投資、市場のトレンド
  • 産学連携の促進

アジェンダの概要

非生物材料、生体、ゲノミクス

バイオ農薬と生物刺激剤の用途

  • 穀物生産量の増加
  • ストレス/昆虫/疾病/雑草/線虫の防除
  • 効率的な水利用
  • 土壌の健康状態の改善
  • より良い栄養摂取
  • 持続可能性
  • 天敵/昆虫病原性線虫/捕食寄生者
  • 植物導入保護剤
  • 植物抽出物
  • 真菌抽出物
  • フミン酸とフルボ酸
  • タンパク質加水分解物
  • 海藻抽出物
  • 用途とケーススタディ

植物と土壌の微生物叢

  • 微生物バイオ農薬と生物刺激剤
  • 菌類/細菌/原虫/ウイルス
  • メタゲノミクス
  • 植物微生物叢
  • 土壌微生物叢と根の微生物集合体
  • 宿主病原体相互作用
  • 植物微生物叢の構造と特異性
  • 根圏生物相
  • 窒素固定

米環境保護庁 (EPA) 幹部を迎えての質疑応答セッション−バイオ農薬の規制

パネルディスカッション:生物刺激剤の市場環境拡大および世界的な変化との調和に向け米国の緑化を推進するための取り組み

パネルディスカッション:農業用生物製剤の分野におけるベンチャーキャピタルと投資

グループ討論

  • メタゲノミクス
  • 生物刺激剤に対する規制
  • 精密農業
  • 商業化と事業開発
  • 製品の処方、貯蔵、配送
アジェンダのダウンロード

講演者

スポンサー

View All Our Sponsors

開催地

Wyndham Philadelphia Historic District

400 Arch St,
Philadelphia, PA 19106, USA

Wyndham Historic District

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。製薬会社や研究機関の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして公表することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で多くの注目を集めることができる貴重な機会となります。

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

企業に所属されている方がポスター発表を行う場合、100米ドルの管理費を請求させていただきます。このなかには、ポスター発表のエリアを確保するための費用やデイスプレイボードの費用などが含まれます。なお、研究機関や非営利組織の発表者は無料です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォームにご記入のうえ、2017年10月20日までに提出してください。期日前であっても、スペースがすべて埋まった時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。詳細は、お問い合わせください。

ポスターは、A0(841ミリ×1189ミリ)または米国規格でこれと同等のサイズE(864ミリ×1118ミリ)の用紙を縦方向に使用します。ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。

これまでの学会に参加された方々の声

The feedback to the conference has been very positive with 87% of attendees saying they are interested to return again in 2017.

Comments from the feedback included:

High quality talks, pertinent topics, small enough to network effectively

Very up to date material was presented. A good representation of the state of research and commercial direction of plant sciences.

Intimate setting and relevant topics created a good forum for discussion and networking

Good breadth of topics. Well presented and informative. Good for “thinking out of the box”

I liked the ability to really have discussions with speakers and other attendees. I also liked the spectrum of topics covered

カンファレンススポンサー

  • NR Gene
    Gold Sponsor
  • BioNano Genomics
    Gold Sponsor
  • Twist Bioscience
    Gold Sponsor
  • Lab 7
    Gold Sponsor
  • PivotBio
    Content Sponsor
  • Benson Hill Biosystems
    Content Sponsor
  • Novogene
    Exhibitor & Content Sponsor
  • LGC
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Zymolo
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Synthego
    Exhibitor & Content Sponsor
  • GQ Life Sciences
    Exhibitor & Content Sponsor
  • PhytoTechnology
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Sage Science
    Exhibitor & Content Sponsor
  • MYcroarray
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Spex Sample Prep
    Exhibitor & Content Sponsor
  • National Central University
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Percival
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Advanced Biological Marketing
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Pacific Ag Research
    Supporter
  • Agribody Technologies
    Supporter

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることで、打ち解けた雰囲気のなか、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。個々のニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する出席者に会うことができます。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアで多くの出席者に技術や製品をアピールすることができます。展示会エリアは、休憩や昼食会、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態
30分間の講演
30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催

 

Contact Us about sponsoring the
Partnerships in Biocontrol, Biostimulants & Microbiome Congress

For details on attendees, packages and new opportunities, please contact our sponsorship team who will quickly provide everything you need to assess the conference for yourself.

メディアパートナー

  • Absave
  • AgroPages
  • Annals of Agricultural & Crop Sciences
  • Bentham Science
  • Biochem Adda
  • Biocompare
  • Biosave
  • Biostimulant Coalition
  • ChemExec
  • Chemical Search
  • Ecological Bioscience and Biotechnology
  • Global Information
  • Journal of Biotechnology
  • Labsave
  • PharmaVOICE
  • SciDoc Publishers
  • Select Science
  • Technology Networks
   
メール配信サービス