Microfluidics Congress: Europe

When

2017年12月4 - 5日
Registration from 8am

Where

英国ロンドン
Novotel London West

 
3rd Microfluidics Congress: Europe
-第3回マイクロ流体工学学会:欧州大会-
開催日:2017年12月4-5日
開催地:英国ロンドン、Novotel London West
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログダウンロード
カタログ(PDF)

3rd Microfluidics Congress

医学研究と患者治療を前進させる手段としてのマイクロ流体工学技術の活用

Global Engageは、2016年12月に開催された第2回Microfluidics Congressの成果を踏まえ、第3回の学会を12月4日から5日まで英国ロンドン中心部にあるNovotel London West Hotelで開催します。このイベントは、 第5回 qPCR and Digital PCR Congress第4回 Synthetic Biology & Gene Editing CongressNGS Tech & Applications Congressと同時併催されます。

2017年 講演者

学会の概要

マイクロ流体工学は、生命科学の領域で急速に発展しつつある分野であり、その用途も絶えず拡大しています。技術や戦略の熟成が着実に進むなかで開催されるこの学会には、研究機関や製薬会社に所属する多くの専門家が集まり、アイデアを出し合いながら、交流を深めます。

ポイントオブケア診断、単一細胞解析、ラボオンチップの応用、液滴マイクロ流体工学、次世代マイクロ流体工学など、マイクロ流体工学の分野で開発と応用に取り組んでいる専門家が顔を揃えるこの学会では、疾病のモニタリング、診断、生体機能チップなどの分野で医学研究を前進させるために用いられている技術や手法の最新動向をめぐって議論が展開されます。双方向の意見交換に重点を置いたこの学会は、最先端の研究成果に触れつつ、この分野の研究者や投資家、企業関係者と人脈を構築することができる貴重な機会となります。

講演者

アジェンダ

医学研究と患者治療を前進させる手段としてのマイクロ流体工学技術の活用

4bio

This strand of 4BIO brings together an outstanding speaker faculty from industry and academia. The agenda covers subjects as diverse as optical tools for ultra high-throughput cellular analysis and 3d-printed bio microfluidics. In addition, one day is dedicated to healthcare case studies ranging in scope from the medical applications of organ-on a chip technology to combining microarrays with microfluidics for circulating tumor cell capture giving you the opportunity to explore the practical application of this technology.

アジェンダのダウンロード

スポンサー

スポンサーのリスト

開催地

Novotel London West

Novotel London West
1 Shortlands, Hammersmith International Centre, LONDON, W6 8DR, UNITED KINGDOM

Tel +44 (0) 208 741 1555 | Email H0737@accor.com

There is a special conference rate available at the venue hotel. You can book bedrooms by contacting their in-house reservations team directly on the details above and quoting the reference "Global Engage".

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。製薬会社や研究機関の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして公表することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で多くの注目を集めることができる貴重な機会となります。

ポスター発表を行うには、学会の出席者として参加登録する必要があります。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

企業に所属されている方がポスター発表を行う場合、100ポンドの管理費を請求させていただきます。このなかには、ポスター発表のエリアを確保するための費用やディスプレイボードの費用、各種案内の費用などが含まれます。なお、研究機関や医療機関、非営利組織の発表者は無料です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォーム (下記のリンクからダウンロードできます) にご記入のうえ、2017年11月17日までに提出してください。期日前であっても、所定の応募数に達した時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。ご不明な点は、お問い合わせください。

ポスター発表申込フォームについて

ポスターは、A0(841ミリ×1189ミリ)または米国規格でこれと同等のサイズE(864ミリ×1118ミリ)の用紙を縦方向に使用します。ポスター発表を行うには、学会の出席者として参加登録する必要があります。

 

これまでの学会に出席された方々の声

この学会についての出席者の感想

Poster session organisation

The poster session was handled better than at some competitive meetings.

Michael Shuler

Samuel B. Eckert Professor of Engineering, Cornell University and CEO/President of Hesperos, Inc., Orlando, FL, USA

Access to co-located meetings

The access to both microfluidics and PCR content was extremely valuable to me since my research involved both topics.

 

Charles Cartier

Research Assistant, Department of Chemical Engineering, The Pennsylvania State University

Networking and collaboration

The networking allowed more in-depth discussion resulting in collaborations cross disciplines.

Carolyn Ren

Professor, Canada Research Chair in Droplet Microfluidics and Lab-on-a-Chip Technology, Department of Mechanical and Mechatronics Engineering, University of Waterloo, Canada

Leading industry technologies

There was a good mix between congress topics, in microfluidics and qPCR in particular, which gelled well. I also liked the presence of a lot of commercial displays show casing the leading industry technologies.

Pat Walsh

Lecturer, Stoke Laboratories

学会のスポンサー

  • Bio-Rad
    Platinum Sponsor
  • Stilla
    Platinum Sponsor
  • Integrated DNA Technologies
    Platinum Sponsor
  • jnmedsys
    Gold Sponsor
  • Thermo Fisher Scientific
    Gold Sponsor
  • Takara
    Gold Sponsor
  • Xxpress
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Corning
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Biolegio
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Dolomite
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Fluorogenics
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Fluigent
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Microfluidic Chipshop
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Elveflow
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Brand
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Vision Research
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Central Biotechnology Services
    Exhibitor & Content Sponsor

前回までの学会に出席された方々の所属組織

Advanced Microfluidics
Agilent Technologies
Catalan Institute of Nanoscience and Nanotechnology (ICN2) & BIST
Chalmers University of Technology
CNRS
Colorado State University
Diamond Light Source
École Polytechnique Fédérale de Lausanne
EPFL
ESPCI Paris
ETH Zurich
European Molecular Biology Laboratory
GlaxoSmithKline
IBM Research – Zurich
IFW Dresden
Imperial College London
Innsbruck
Institut Curie
Karolinska Institute
Loughborough University
Lund University
Paris Descartes University
Polish Academy of Sciences
RMIT University
Saarbrucken
Southhampton University
Technical University of Denmark
Technical University of Dresden
University College London
University of Alcala
University of Basel
University of Cambridge
University of Copenhagen
University of Freiburg
University of Glasgow
University of Greenwich
University of Hull
University of North Carolina at Chapel Hill
University of Patras
University of Strasbourg
University of Tokyo
University of Twente
UPMC

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることで、打ち解けた雰囲気のなか、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランド認知度向上に向けた活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。それぞれのニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する出席者に会うことができます。Global Engageは、学会開幕10日前に出席者全員のリストを提供して会談相手の選定作業を支援するとともに、出席者側の意向を聞いたうえで個別会談のスケジュールを調整します。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアですべての出席者に技術や製品を披露することができます。展示会エリアは、休憩や昼食、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
 

Contact us about sponsoring the
Microfluidics Congress

Contact Us

For details on attendees, packages and new opportunities, please contact our sponsorship team who will quickly provide everything you need to assess the conference for yourself.

メディアパートナー

Working in partnership with

  • Absave
  • Analyst
  • Analytical Methods
  • The Analytical Scientist
  • Biochem Adda
  • Biocompare
  • Biosave
  • Cytofluidix
  • Global Information
  • Hospitals Management
  • Labsave
  • Micromachines
  • PharmaVOICE
  • Select Science
  • Swiss Biotech Association
  • Technology Networks
 
メール配信サービス