Digital Pathology Congress

When

11月30日 -12月1日

Where

英国ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

 
Digital Pathology Congress
-デジタルパソロジー学会-
開催日:2017年11月30日-12月1日
開催地:英国ロンドン、London Heathrow Marriott Hotel
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

カタログダウンロード
カタログ(PDF)

4th Digital Pathology Congress

病理診断の進歩と患者治療体制の強化を可能にする手段としてのデジタルパソロジーの理解と利用

2016年12月1日と2日に英国のロンドンで開催された第3回Digital Pathology Congressには、400人近い方々が集まりました。この学会は、同僚にも出席を勧めたいと答えた出席者が93%、個人的には来年も出席する意向であると答えた出席者が87%に達するなど、高い評価を得ています。

各種の講演やポスター発表、参加ベンダーに対する評価も高く、出席者からは、「多彩な講演と魅力的なトピック」、「デジタルパソロジーに対する見解を変えるのに役立つ」イベントといった感想も寄せられました。

さらに、「ベンダーの幹部、研究者、病理学者、専門技術者など、さまざまな意見や立場の人々が集まる学会」であり、知識を吸収しながら、人脈を広げることもできるという感想もありました。出席者の多くは、各分野の専門家が垣根を越えて集まるイベントという点を重視しており、「病理学や画像解析の専門家、企業や研究機関の職員が一堂に会する」この学会を高く評価しています。

2017年 講演者

学会の概要

この学会は、精密医療、合成生物学、ヒト微生物叢、生物製剤、デジタルPCRなど、個別化医療に関連するテーマに焦点を絞り込むことで成果をあげている一連の学会の一翼を担うイベントであり、毎年7月と8月に米国とアジア地域で開催されるDigital Pathology Congressの姉妹学会です。

現在、デジタルパソロジーソリューションの持続的な成長と進歩が業界に変化を起こしつつあります。検査費用の削減、ワークフローの効率化、相互接続機能の強化、効果的な訓練/教育方法の確立、意思決定の改善といった利点と幅広い応用分野を有するデジタルパソロジー技術は、患者に対する医療の改善に貢献するものであり、世界各地で急速に普及を拡大しつつあります。

戦略と技術

デジタルパソロジーの潜在的な利点と今後の発展の成果を適切に生かしていくには、現在利用可能な技術に対する理解と導入戦略が必要です。

続きを読む
パソロジーインフォマティクス

情報と画像の管理を自動化するための最先端のソリューションは、病理学と臨床検査に多大な影響を及ぼしており、特にワークフローは、新たなソフトウェアやハードウェアのソリューションによって大幅に強化されます。

続きを読む
バーチャル顕微鏡とデジタル画像解析

画像解析の分野における課題の克服に向けた取り組みは、画像の標準化、パターン認識、アルゴリズム開発の成果による多大な恩恵を受けています。

続きを読む
ケーススタディ

デジタルパソロジー技術の応用と研究のケーススタディ

続きを読む

講演者

アジェンダ

Royal College of Pathologists CPDThe scope of the conference is exemplified by the keynote presentations.

Implementing Digital Pathology for Clinical Diagnostics: Deciphering Hype from Reality Anil Parwani, Director of Pathology Informatics and Digital Pathology, The Ohio State University, USA

Full Digitalisation of Pathology Services at Leeds - The First Year Darren Treanor, Consultant Histopathologist & Honorary Clinical Associate Professor/Guest Professor in Digital Pathology, Leeds Teaching Hospitals NHS Trust and University of Leeds/Linkoping University

College of American Pathologists (CAP) Guideline on Quantitative Image Analysis (QIA) Liron Pantanowitz, Professor of Pathology and Biomedical Informatics, University of Pittsburgh, USA

Attendees qualify for 9 CPD points, issued by the Royal College of Pathology.

アジェンダのダウンロード

ワークショップ

2017 Workshops

Workshop: Definiens

London, United Kingdom
29th-29th Nov 2017

Workshop: Indica Labs

London, United Kingdom
29th-29th Nov 2017

Workshop: 3D Histech

London, United Kingdom
29th-29th Nov 2017

29th November Workshops

London Heathrow Marriott900

The workshops will be held at the London Heathrow Marriott Hotel

Definiens Workshop 9am-11.30am

Indica Labs 12pm – 4pm

3D Histech 5pm-9pm

 

 

スポンサー

2017年のスポンサー

全てのスポンサーを見る

開催地

London Heathrow Marriott Hotelで開催されます。

London Heathrow Marriott Hotel
Bath Road
Hayes
UB3 5AN
United Kingdom

Marriott1

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。製薬会社や研究機関の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして公表することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で多くの注目を集めることができる貴重な機会となります。

ポスター発表を行うには、学会の出席者として参加登録する必要があります。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

企業に所属されている方がポスター発表を行う場合、100ポンドの管理費を請求させていただきます。このなかには、ポスター発表のエリアを確保するための費用やデイスプレイボードの費用、各種案内の費用などが含まれます。なお、研究機関や医療機関、非営利組織の発表者は無料です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォーム (下記のリンクからダウンロードできます) にご記入のうえ、2017年11月10日までに提出してください。期日前であっても、スペースがすべて埋まった時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。ご不明な点は、お問い合わせください。

ポスター発表申込フォーム

下記のフォームに必要事項をご記入のうえ提出してください。

ポスターは、A0(841ミリ×1189ミリ)または米国規格でこれと同等のサイズE(864ミリ×1118ミリ)の用紙を縦方向に使用します。ポスター発表を行うには、学会の出席者として参加登録する必要があります。

これまでの学会に出席された方々の声

Wonderful speakers

There is a wonderful set of speakers and a great audience, really engaged in the field and helping promote the future of digital pathology.

Liron Pantanowitz

University of Pittsburgh Medical Center Professor of Pathology & Biomedical Informatics, Director of Pathology Informatics and UPMC Shadyside Cytology Divisions, and Director of the Pathology Informatics Fellowship Program

Essential socialising

The quality of talks was absolutely excellent with some very good opinion leaders and speakers. The event left plenty of time for the socialising element that is so essential to these meetings.

Olga Colgan

Director of Commercial Marketing, Aperio ePathology, Leica Biosystems

Exciting panel

The panel was really exciting and very well attended. I found the scientific content of this meeting to be extremely high and I certainly appreciate the strong level of industry support and the level of discussion and dialogues that has taken place at this meeting. One of the best of the year, certainly.

Keith Kaplan

Chief Medical Officer, Corista, Practicing Pathologist, Publisher, TissuePathology.com

High calibre

This has been a very good meeting. There is a high calibre of science and of new platforms and techniques that people in the industry are performing. There is a nice mix of academic and industrial speakers.

Stephen Schmechel

Associate Professor, Department of Pathology, Chief of Cytopathology and Assistant Dean for Research, University of Washington School of Medicine

Best Content

I'm fortunate to attend a lot of pathology meetings and a lot of digital pathology meetings. This meeting has the best content and the best speakers, probably one of the best informative meetings of the year with very, very strong and growing industry support thanks to all of you. They squeezed in a lot in 2 days but I think the meeting really works.

Keith Kaplan

Chief Medical Officer, Corista, Practicing Pathologist, Publisher, TissuePathology.com

学会のスポンサー

  • 3D Histech
    Platinum Sponsor
  • Indica Labs
    Platinum Sponsor
  • Leica Biosystems
    Platinum Sponsor
  • Corista
    Platinum Sponsor
  • Definiens
    Platinum Sponsor
  • Sino Image
    Platinum Sponsor
  • Philips
    Platinum Sponsor
  • Sectra
    Gold Sponsor
  • AGFA
    Gold Sponsor
  • Optra Scan
    Gold Sponsor
  • Visiopharm
    Silver Sponsor
  • Fluidigm
    Silver Sponsor
  • Primera Technology
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Cirdan
    Exhibitor & Content Sponsor
  • CliniSys
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Fimmic
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Hamamatsu
    Exhibitor & Content Sponsor
  • microDimensions
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Perkin Elmer
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Vmscope
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Daax
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Tribvn
    Exhibitor & Content Sponsor
  • G2 Speech
    Exhibitor & Content Sponsor
  • SCC Soft Computer
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Neagen
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Aurora M Scope
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Roche
    Exhibitor & Content Sponsor
  • PathAI
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Excilone
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Nanostring Technologies
    Exhibitor & Content Sponsor
  • PathoGnomics
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Dell EMC
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Carpaccio.cloud
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Telemis
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Medite
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Grundium
    Supporter

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることで、打ち解けた雰囲気のなか、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。それぞれのニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する出席者に会うことができます。Global Engageは、学会開幕10日前に出席者全員のリストを提供して会談相手の選定作業を支援するとともに、出席者側の意向を聞いたうえで個別会談のスケジュールを調整します。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアですべての出席者に技術や製品を披露することができます。展示会エリアは、休憩や昼食、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
 

メディアパートナー

Working in partnership with

  • Austin Journal of Clinical Pathology
  • Absave
  • Bentham Science
  • Biochem Adda
  • Biosave
  • Biocompare
  • Digital Biomarkers
  • GEN
  • Global Information
  • Hospitals Management
  • Labsave
  • Pathobiology
  • The Pathologist
  • PharmaVOICE
  • SciDoc Publishers
  • Select Science
  • Technology Networks
   
メール配信サービス