Microbiome R&D and Business Collaboration Forum: Europe

When

3rd-4th Apr 2017
Registration from 8am

Where

Amsterdam, The Netherlands
Beurs van Berlage

4th Microbiome R&D and Business Collaboration Forum: Europe
-第4回マイクロバイオーム研究開発およびビジネス連携フォーラム:欧州大会-
開催日:2017年4月3-4日
開催地:オランダ、アムステルダム、Beurs van Berlage
 
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

  カタログ(PDF)

4th Microbiome R&D and Business Collaboration Forum: Europe

マイクロバイオーム(微生物叢)研究、プロバイオティクス、健康維持と疾病治療に関連する研究開発と協業

Global Engage主催のMicrobiome R&D and Business Collaboration Forum: Europeが、2017年4月3日から4日まで開催されます。この学会は、世界各地で開催されているMicrobiome Forumシリーズの1つです。

開催地がロンドンからアムステルダムに変わりました。

開催地が変わったがけでなく、アジェンダにも変更が加えられました。

2017年のMicrobiome R&D and Business Collaboration Forum: Europeは広範なパネルディスカッションと討論会におけるディベートを特徴とします。さらに、ベンチャーキャピタルへの売り込み・パートナーセッションを設け、御社の研究を実現可能な製品に移行させるためのすべての重要な資金を調達することができます。また、60を超える講演と7時間にわたるネットワーキングの機会があります。

当学会は、画期的なマイクロバイオーム研究を商業的に実行可能な製品に発展させるために、医薬品業界、バイオテクノロジー業界、学術機関、および投資家が一堂に会する主要な学会として、世界中から認知されています。2017年のフォーラムは見逃せない内容となっております。

概要

このシリーズの学会は、世界各地で開催されており、昨年欧州、米国、アジアの各地域で開催された学会の成功を受けて開催される今度の大会にも300人を超える出席者が見込まれます。会期中は、指導的な立場の研究者や関連業界の専門家、ベンチャーキャピタルの投資家、ソリューションやサービス、技術の主要なプロバイダーの幹部などによる講演やパネルディスカッションが予定されており、進化を続ける培養法や技術、マイクロバイオームを結びつけるための方策などをめぐって活発な議論が展開されます。Global Engageが各地で開催している一連の学会は、大学、製薬会社、バイオテクノロジー企業間の提携を促進するイベントとして急速にその評価を高めています。マイクロバイオームの分野で優れた業績を上げている研究者から多くの知識を吸収し、優れた研究成果を発表し、業界内での提携や資金調達のチャンスを見出すことができるこのフォーラムをどうぞお見逃しなく。

健康および疾患におけるマイクロバイオーム

プレバイオティクス、免疫と宿主病原体相互作用など、健康と疾患におけるマイクロバイオームの役割について探求するとともに、将来のマイクロバイオームに関するパネルディスカッションがあります。

詳細
医療へのマイクロバイオーム:商品化とパートナリング

製薬会社および患者の双方からみた商業的センスとは。マイクロバイオーム分野における薬剤の上市、法規制、品質管理、知的財産、ならびに投資モデルと現在の市場機会について議論するほか、多くのネットワーキング時間が設けられます。

 

詳細
皮膚マイクロバイオームと皮膚科

皮膚疾患におけるマイクロバイオームの役割、皮膚群落の理解、皮膚疾患治療のためのプロバイオティクスアプローチについて議論します。

詳細
腸外の研究開発

脳・腸相互作用における最新研究:鬱病、不安神経症、自閉症との関係。婦人科におけるマイクロバイオーム。口腔マイクロバイオームと歯周病。

 

詳細
競合開催のプロバイオティクス学会

共同開催のプロバイオティクス学会では、食品科学における有益な製品、ヒトの健康、動物医療、小児科におけるプロバイオティクスとプレバイオティクス

詳細

講演者

アジェンダ

開催地の変更とともに、今年の学会のアジェンダも完全にリニューアルし、卓越した学習とネットワーキングの経験を皆様にお届けします。例えば今年のプログラムに討論会が加わり、専門家が中心となって、関係者の皆様にIBD/IBS研究、ベンチャーキャピタルと資金調達、薬剤開発などにおける課題について議論していただき機会を探ります。投資をしたい、または投資家を探したいとお考えの場合は、新規参入企業への投資家への売り込みをしていただけるセッションにご参加いただけます。

基調講演者

  • Elena Verdu, Associate Professor, Division of Gastroenterology, McMaster University, Canada
  • Paul Wilmes, Associate Professor, Luxembourg Centre for Systems Biomedicine, University of Luxembourg

 

スポンサー

スポンサーの皆様のご支援に感謝いたします。

全てのスポンサーを見る

開催地

Beurs van Berlage

Beurs van Berlage

Damrak 243
1012 ZJ Amsterdam

Tel: +31 (0)20-530 41 41| Email: info@beursvanberlage.com

Having been in London for 3 years in a row, the Microbiome Forum is moving to Amsterdam for the first time!

The meeting will take place at Beurs van Berlag, just 300 metres from the Central Station in the heart of this beautiful city.

Accommodation details will be sent to you with your welcome letter upon registration.

参加費用と登録

参加費用には以下が含まれます:
  • すべてのカンファレンスセッションへの参加
  • 昼食および軽食
  • 展示会場へのアクセス
  • すべてのネットワーキングフォーラムへの参加
  • カンファレンスワークブック
  • eドキュメントパック

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。業界や大学の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして提供することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で脚光を浴びることができる貴重な機会となります

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

企業に所属されている方がポスター発表を行う場合、100ユーロの管理費を請求させていただきます。このなかには、ポスター発表のエリアを提供するための費用やデイスプレイボードなどの費用が含まれます。なお、学術機関や非営利組織の発表者は無料です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォームにご記入のうえ、2017年3月17日までに提出してください。期日前であっても、スペースがすべて埋まった時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

ポスターは、A0(841ミリ×1189ミリ)または米国規格でこれと同等のサイズE(864ミリ×1118ミリ)の用紙を縦方向に使用します。ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。

 

過去の参加者の声

What our delegates say about the conference

Refreshing speakers

The quality of presentations has been really good. There was an interesting mix of business focused and scientific presentations. It's been refreshing to have different speakers. I've been at quite a few microbiome conferences in the last year or so and there's new talks here that I've not heard before.

Karen Scott

Associate Professor, Gut Health Theme, Rowett Institute of Nutrition and Health

Companies with products

There's been all sorts of presentations on different aspects of the human microbiome, on the development of the brain, on the impact of the human microbiome on various diseases, of increases of sequencing technologies and what that's allowed us to do. I also find it very useful that there were so many people with a developed product. It was extremely valuable having these two communities together in such close proximity.

Martha Clokie

Reader in Microbiology, University of Leicester

Up-to-date

This conference is one of the very few that really gives us a large review about what's going on in this booming field of microbiomes.

Isabelle de Cremoux

CEO, Seventure

Not just for scientists

We've seen some really good science, some really high quality research, we've also had a discussion about how you can invest in the space, and some of the challenges around developing products as opposed to pure science. It makes it very interesting.

Alex Stevenson

Director, 4D Pharma Plc

スポンサー

  • Clinical-Microbiomics
    Platinum Sponsor
  • Lallemand
    Gold Sponsor
  • SynCo Bio Partners
    Gold Sponsor
  • Winclove Europe
    Gold Sponsor
  • Capsugel Europe
    Gold Sponsor
  • Vaiomer
    Silver Sponsor
  • Seventure
    Silver Sponsor
  • Zymo Research
    Silver Sponsor
  • DNA Genotek Silver
    Silver Sponsor
  • Metabolon
    Silver Sponsor
  • TNO Triskelion
    Silver Sponsor
  • Syncrosome
    Silver Sponsor
  • Genetic Analysis
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Prodigest
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Cobra Biologics
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Nizo
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Bio-Me AS
    Exhibitor & Content Sponsor
  • BaseClear
    Exhibitor & Content Sponsor
  • LGC
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Cemet
    Exhibitor & Content Sponsor
  • Yakult
    Sponsor

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることで、打ち解けた雰囲気のなか、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。個々のニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する出席者に会うことができます。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中には、専用の展示会エリアが設けられることになっており、すべての出席者に技術や製品をアピールすることができます。展示会エリアは、休憩や昼食会、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
 

メディアパートナー

  • Absave
  • AllSeq
  • Beneficial Microbes
  • Biocompare
  • Biosave
  • Labsave
  • Global Information
  • Hospitals Management
  • International Journal of Computational Microbiology and Medical Ecology
  • Pharmaceutical Tech
  • PharmaVOICE
  • RareBase
  • SciDoc Publishers
  • Select Science
  • Swiss Biotech Association
  • Technology Networks
関連イベント
Microbiome R&D and Business Collaboration Forum: USA

 
イベントカレンダー
医薬品関連の国際会議