3rd Annual
Asia Pacific District Cooling Conference

マレーシア、クアラルンプール、2014年8月26 - 28日
3rd Annual Asia Pacific District Cooling Conference
- 第3回地域冷房会議 • アジア太平洋大会 -
- マレーシアクアラルンプール

Fleming Gulfが主催するアジア地域で最大規模の地域冷房関連イベント第3回APAC District Cooling Conferenceがマレーシアの首都クアラルンプールで開催されます。今年は、以下のテーマに関連する各種の重要課題をめぐって議論が展開されます。
  • コジェネレーションとトリジェネレーション
  • 地域冷房プロジェクトの資金調達メカニズム
  • 熱エネルギー貯蔵技術の利点の評価
  • 各地で進められているプロジェクトの教訓
  • 地域冷房の導入に関する各国政府の政策とロードマップ
  • 地域冷房システムと水処理施設の統合
  • 地域冷房システムと再生可能エネルギーの統合
  • 地域冷房プロジェクトにおけるグリーンビルディングの役割
top notch

会議の概要

近年アジア諸国では、地域冷房に対する関心が高まっており、深刻化するエネルギー需給の問題や地球温暖化の問題に対処するための有力な手段になるという期待感から、各地で導入の動きが加速しています。
 
アジア太平洋地域と中東地域では、電力の需給バランスに変化が生じており、電力会社やディベロッパーの側で電力をバランスよく供給し、利用を効果的に管理することが可能な地域冷房システムの導入に向けた環境が整いつつあります。
 
Conference Hall  Marina Bay Sands Singapore SiteVisit DSC03091
第3回APAC District Cooling Conferenceは、地域冷房に関わっているさまざまな企業や団体の幹部と意見を交換するとともに、新たなビジネスチャンスを確保し、この技術を地域のために活かしていくうえでの重要課題について考える場となります。
 
アジェンダには、現在進められているプロジェクトや完成したプロジェクトの実態に即した詳細なケーススタディ、基調講演、会場参加型パネルディスカッションなどが盛り込まれています。
 

2014年の主なみどころ

  • このほど完成したクアラルンプール国際空港の格安航空会社専用ターミナルKLIA2の視察ツアーが予定されています
  • ディベロッパーによる特別パネルディスカッションが行なわれます
  • 会場参加型のパネルディスカッションが行なわれます
  • 技術ワークショップが予定されています
  • アジア地域で実際に行なわれているプロジェクトのケーススタディが発表されます

参加が見込まれる方々

  • 関連企業各社のCEO
  • プロジェクトマネジャー
  • インフラストラクチャ、プランニング、開発、技術サービス、施設、地域冷房、持続可能性問題などを担当するディレクターや責任者
  • 分配業務の責任者
  • 技術革新の責任者
  • 資産管理の責任者
  • オペレーショナルエクセレンスの責任者
  • 上級技術アドバイザー
  • 電力関連プロジェクトの責任者
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

DIAMOND SPONSOR
tnb-logo-better-brighter-01
SILVER SPONSOR
swep
THERMAL ENERGY STORAGE PARTNER
cryogel small
SUPPORTING ASSOCIATIONS
 ceerd
wade
イベントカレンダー
メール配信サービス
menu