開催中止のお知らせ

誠に遺憾ながら、当会議は主催者の都合により開催を中止することとなりました。
中止に関するご質問等はメニューのお問い合わせページより承っております。

当会議サイトへのご訪問、ありがとうございました。


Innovations in Drug Design Forum 2014
- 薬剤デザイン技術革新フォーラム 2014年 -
-
米国ペンシルベニア州、フィラデルフィア、ロウズ ホテル フィラデルフィア

Innovations in Drug Design Forum

薬剤デザインと薬剤開発は、健康の維持と生存のための重要な部分です。しかし新たな標的の欠落、薬剤調製に関する複雑な問題、およびデザイン上の課題などにより技術革新が阻害されています。また、製品が最適に効率的であるとみなす前に配慮すべきバイオアベイラビリティ、溶解性、代謝半減期、副作用、および特異性要因などに関するさらなる問題も発生しています。しかし近年、科学者らは新規のデザイン技術を開発し、最新技術を用いることにより、これらの課題の多くを克服してきました。これが患者アウトカムを改善する可能性を秘めた新たな薬剤および治療法の発見につながっています。

Innovations in Drug Design Forumは、専門的科学者らが一堂に会し、ベストプラクティスとリード不成功の削減戦略について連携して情報交換を行ない、新たな標的および化合物分野を促進し、最新のツールと技術で技術革新を促すことを目的としています。2日間のイベントでは、コンピュータ支援薬剤デザイン、表現型スクリーニング、フラグメントベース薬剤デザイン、可逆的共有阻害剤の最適化、プロドラッグの使用などを含め、新規薬剤デザイン技術に関する価値ある情報を提供します。

さらに、産業界および学術界との効果的な連携およびパートナーシップを構築するための戦略についても議論します。7つのケーススタディを含めた14のセッションが開催されるこのプレミアイベントは、確証された戦略と新たなアイディアを提供し、御社の研究目標の達成と薬剤デザインの促進のためのガイドとしてお役に立てることでしょう。

参加をお勧めする主な5つの理由:

  1. 産業界と学術界が医薬品デザインの成功率を上げるために専門分野をまたいで強固な連携を構築します。
  2. 表現型スクリーニングによる予測的アッセイを開発します。
  3. フラグメントに基づく薬剤デザインとタンパク質間相互作用に関するベストプラクティスを学びます。
  4. 有望な分子を開発に進めるためにプロドラッグを最適化します。
  5. 検査のための最適なリードを決定するためにコンピュータ支援薬剤デザインを活用します。

参加をお勧めする方々

当学会は、医薬品、バイオテクノロジー、学術機関における以下の分野の責任者の方々に向けて企画されました。

  • 薬剤デザイン/創薬
  • 医薬品/創薬/コンピュータ化学
  • 研究薬剤師
  • リード最適化
  • モデリングおよびシミュレーション
  • 標的創薬
  • コンピュータ支援薬剤デザイン
  • 小分子開発
  • 有機/物理化学
  • 分子薬理学/相互作用/画像
  • 翻訳科学
  • ファーマコキネティクス/ファーマコゲノミクス/プロテオミクス
  • X線結晶学